教習所に通う方、運転の苦手な方向けに練習の仕方とコツを伝授します

イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る

このページは『運転の変な癖(その2)』の紹介をしています。

「サンキューハザード」「駐車ハザード」 「サンキューパッシング」「高速道路で渋滞を知らせるハザード」の是非を問います。


▼対象
自己流の癖がある人

運転の変な癖(その2)

車の運転時に、デスクワーク時の腰痛対策に、ウエストクッション(腰当) ピンク 40cmx30cmx5~7.5cm 【丸洗いOK!・箱入・リバーシブル・腰痛対策】


あなたにも普段運転していて、「ついついやってしまう」ことがあると思います。

もはや癖になってしまっている、そんな行動。
しかし時として、それが悲劇を招く場合もあります。

例えば2013年に起きたこちらのトラブルです。


(以下引用)

千葉県警成田署は16日、同県富里市十倉、無職長尾諒容疑者(25)を器物損壊と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕したと発表した。

発表によると、長尾容疑者は同日午後6時50分頃、成田市花崎町の国道51号で、横芝光町の男性看護師(42)の乗用車のフロントガラスを拳で殴って壊し、偶然通りかかった県警刑事総務課の巡査部長(31)が警察手帳を示して現行犯逮捕しようとしたところ、手帳を破り顔を拳で殴って公務を妨害した疑い。

原付きバイクを運転していた長尾容疑者が進路を譲ってくれたため、男性がお礼にクラクション を鳴らしたのを、あおられたと勘違いしたという。巡査部長が取り押さえた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131018-OYT1T00404.htm?from=main7

(以上引用)

いわゆる「サンキュークラクション」が招いた誤解がトラブルの元だったようです。

道を譲ってもらったりしたときのお礼のにやる、「プッ」という短いクラクションを指すものです。 しかしこれは、譲ってもらった側だけでなく、譲った側が「プッ」と短くクラクションを鳴らす場合もあります。 さらに人によっては、他の車を煽るためにクラクションを鳴らしたりする場合もあります。

本来のクラクション(ホーン、警笛)の用途は、教習所で習った通り「危険を知らせる」ためのものです。 相手が自車の存在に気づいておらず危険な場合や、山道で自車の存在が見えにくく危険な場合などに鳴らすのが本来の使用法です。

このように、本来の用途とは離れて「複数の意味」を持ってしまうと、相手によって解釈が異なってしまいます。 すると、このトラブルのように相手が自分の意図(お礼)とは異なる意味(威嚇)で解釈してしまうことが起こり得る訳です。


そんな訳で、普段自分が行っている運転中の行動にも危険が潜んでいる恐れがあります。 ここでは 主に車同士の合図を中心に、 自己流の運転の癖として、避けておきたい「ついついやってしまう」こと5つ挙げたいと思います。


こちらもどうぞ [ついやってしまう?運転の変な癖1]

1)サンキューハザード


先のトラブルの「サンキュークラクション」と同様に、本来の意味とは離れて「お礼」のために点灯するハザードランプです。 主に、道を譲ってくれた後続車に対して点灯させることが多いようです。

こちらはもはや「サンキュークラクション」よりも多くのドライバーが行っていて、定番化しているようにも見えます。

しかし、次の2つの理由からやめておいた方が無難でしょう。特に初心者ドライバーはやめておきましょう。

まず1点目として、ハザードランプを点灯するための動き、動作が不要です。合流などで譲ってもらった直後というのは、自車の前を走る前走車との距離を測りながら、微妙な速度調節をしなければなりません。さらには工事での車線規制などで合流した場合は、自車の前にさらに合流しようとする車が入ってくることもあります。つまり運転操作に集中が求められる場面なのです。

この場面でハザードランプを点灯するには、ハザードスイッチの位置を目視で探し、スイッチに触れる必要があります。この間は、確実に前方不注視の時間ができてしまいます。("ブラインドタッチでハザードスイッチを押せる"と豪語する方も中にはいますが、それは不要なスキルです。本来は故障時に車両が停止した状態で押すスイッチです。)微妙な速度調整が求められる場面で、そのような脇見を伴うようなリスクは取るべきではありません。

2点目として、相手(後続車)が誤解をする恐れがあることです。現状ではほとんどの方が、合流後のタイミングで前車がハザードランプをつければ「お礼」の意味だと解釈するでしょうが、それも確実とは言えません。ひとつの合図に1つの意味だけを持たせるという原則を共有するために、このような癖は直しておくべきでしょう。

ちなみに「お礼」の意味を表すなら、車内で片手を挙げるだけで十分でしょう。前方の車や歩行者などにお礼の意を表すのはもちろん、後続車に対する場合でも片手をスッと挙げれば十分です。自車がトラックやバンなどのため、後続車から挙げた片手が見えないなら、お礼自体しなくても良いでしょう。そもそも「お礼」の意を表すのは日本人的な心の現れでもありますが、まったく「必須」ではありません。必須なのは安全な走行です。周りの車にお礼をして回ることを考えるのではなく、「無駄な加減速はしない」「黄色信号停止を厳守する」「信号停止をスムーズに行う」など周囲にもやさしい安全走行を心がけることの方が、周囲の交通へより大きく秩序をもたらします。


2)駐車ハザード



こちらもハザードランプの点灯ですが、主に大型施設や店舗などの平面駐車場で見られるようです。駐車したい位置を見つけたときに後続車に「駐車します」という意思を示すために使われます。

これは、誤解を招く恐れがある点が問題です。確かに多くの方が理解を共有しているとは思われますが、いかんせん、これはあくまで「ローカル・ルール」です。

実際、同じ大型の駐車場で、いわゆる「空き待ち」のために一時停止している車も「ハザードランプ」を点灯させていたりします。同じ空間で、違う意味のハザードランプが混在している訳で、これはおおいに"問題あり"です。ちなみに、後者の空き待ちでのハザードランプであれば、走行する意思がないという意味でのハザードランプ点灯に合理性がありますが、前者の「駐車しますよ」というハザードランプには合理性がありません。

教習所でも習う通り、駐車するという意思表示にはウインカー(方向指示器)を使うのが正しい方法です。左右どちら側に駐車するかを、左右のウインカーを使い分けることで後続車に明示します。

ちなみに、正しくウインカーで駐車の意思表示をして駐車した場合は、車庫入れ操作中に自然にウインカーは消灯しますが、誤った癖でハザードランプで駐車意思表示した場合は、ハザードランプを点灯させたままエンジンを切ってしまうという単純ミスの原因も作ってしまいます。


3)サンキュー・パッシング

主に前方の譲ってくれた車両に対して行う、「お礼」の意味のパッシングです。道を譲ってくれた場合に、1~2回素早くパッシングさせて、対向車に対して合図してから右折するという場面でよく見られます。これの問題点は、譲ってもらった「お礼」の用途だけでなく、「譲るよ」という意思表示の場合にも使われることです。譲る側が一旦停止して、パッシングをすることで「譲る」意図を示す場面もよくあります。また中には「お礼」というよりも「譲れ!」という意味で、対向車が停止していないのにパッシングをして右折する車も見受けられます。

このため、相手がパッシングをした場合、「譲ってくれる」のか「譲ってほしい」のか迷ってしまいます。真逆の意味に誤解してしまい兼ねないので、大変危険です。さらには威嚇の意味でパッシングをする車もあるため、パッシングを受けた相手はどう受けとれば良いのか分かりません。パッシングした側とは逆の意図で受け取られてしまう危険も十分にあります。

お礼の意味では、車内でそのまま片手を挙げれば十分でしょう。



4)渋滞を知らせるハザード

主に高速道路などで見られます。渋滞が始まったときに、後続車に知らせる意図でハザードランプを点灯させるものですが、本来の意図とは外れて点灯させている車も多いようですので、見直しておきましょう。

本来の用途は、前方が渋滞となっており、自車が渋滞の最後尾になってしまった場合。なおかつ後続車はまだ来ておらず、後続車から見て前方の渋滞状況を確認しずらい場合(カーブの先に渋滞があったり、自車がトラックなどで前方視界を妨げているなど)です。このようなときは、後続車に緊急を知らせる必要があります。後続車にとって、高速道路上に「突然停止車両が現れる」のと同等の状況だからです。緊急を知らせる手段としてハザードランプを点灯します。同時に、ブレーキランプを数回に分けて点灯させるのも有効です。無事に後続車が減速や停止できたら、速やかにハザードランプは消灯します。

これが渋滞を知らせるハザードの本来の意図ですが、これを外れて「渋滞が始まったらとにかくハザードを点灯」だと勘違いしているドライバーが多いようです。直線道路で前方視界も開けており、渋滞が誰の目にも明らかなのにハザードランプを点灯させたり、すでに後続車が停車しはじめてしるのに、なかなかハザードランプを消灯させないドライバーが目立ちます。

このような誤った用途でハザードランプを点灯させることが多くなると、万が一渋滞がはじまったタイミングで車両故障を起こした場合、ハザードランプを点灯して故障を知らせ、停止しようとしたときに誤解を生んでしまう可能性もあります。渋滞告知の意図を明確にするためには、後続車の安全確認後すみやかにハザードランプを消灯することです。



以上、主に他者への合図、車同士のコミュニケーションを中心に、やってしまいがちな癖を挙げてみました。

これらの「ローカル・ルール」の合図を共通理解している者同士なら良いのですが、必ずしもそうとは限りません。現在アジア系・中東系を中心に外国人ドライバーも増えていますし、初心者・高齢ドライバーなど様々な方がハンドルを握っています。あなたの後続車が「今日はじめて日本の道を運転する外国人」である可能性も十分にあります。教習所で習った内容、つまり法律に忠実な行動を徹底することで無駄な誤解を避けられます。「お礼の心」などの発露はあくまで二次的なもの。安全を第一優先にした運転を心がけましょう。

こちらもどうぞ [ついやってしまう?運転の変な癖1]

 


人気ランキング★ あなたなら、どの教材から読みますか?

人気商品
人気教材 車庫入れマニュアル
人気教材 ハンドル操作のコツ最短攻略
MT車最短攻略マニュアル

MT車攻略マニュアルMT車運転の仕方を、3日で攻略できる教材。マニュアル車運転方法・コツをまとめたプログラム。
女の速習車庫入れマニュアル

女の速習!車庫入れ重点マスター 車庫入れで失敗する3つのポイントを解説した教材。車庫入れのコツとバックの練習方法を図解。
ハンドル操作のコツ最短攻略

ハンドル操作のコツ最短攻略一度の映像講習で、その後の教習がグンと楽になります。MPEG4形式ファイル。
覚え方次第で簡単
知識武装で明暗が決まる
より上手くなりたい人に 
首都高早覚えマニュアル
2~4万円得する車検の手引きNEW
「首都高デビュー」のマニュアルです。初めて走る首都高でも安心の映像付きで、複雑な路線を攻略。週末は車でドライブへ。
事故対応マニュアル
NEW
cover1.jpg
「もらい事故なのに、思わぬ大出費」という方が少なからずいます。運転につきものの事故に、しっかりと向き合っておきましょう。
公道スポーツドライビング
NEW
cover1.gif
運転に慣れてきたら、上のステップへ。スポーツドライビングのエッセンスを凝縮した教材で、スキルアップを。

運転の苦手を克服する教材

● このページ『運転の変な癖(その2)』をメールで送る

スマートフォンで見る スマートフォンで見る




このサイトに再訪問される際は 『シフトアップ・クラブ』で検索して下さい

●記事の購読方法はこちらから(RSS)・・・> スマホアプリを使った方法
●ブックマークはこちらから・・・> 

ブックマーク+




▼ 話題の運転教材の一覧はこちらをクリック

ボタンをクリックした後、商品をお選び下さい
車の運転のコツ

Shift-UP Club 運転教材の購入ページ

※上記の教材一覧ページは、代金引換・銀行振込のみ対応
(インフォカートの決済には対応しておりません)

▼よくある質問(Q&A)
Shift-UP Clubとは何ですか?
どのような人が運転教材を使っているのですか?
教材はきちんと届きますか?手元に届くのに何日程度掛かりますか?
家族には購入を知られたくないのですが、品物名の記載はどうなりますか?
インターネットでの注文に不安があります。
教材で本当にうまくできるようになりますか?サポートもありますか?

 

●うまく注文できない場合/携帯からの注文の場合

注文フォームでうまく送信できない場合、 またはパソコン環境をお持ちでない場合は、 携帯メール等から下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
冊子申込み


シフトアップクラブ会員登録


運転の変な癖(その2)の関連ページ



イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る


▼ 人気の記事



すべての記事を見る(記事一覧)




[読者の声No.:648]
■ 車を操縦する感覚があり、運転が楽しい
AT車と比べて、車を操縦する感覚があり...
詳しく
[読者の声No.:646]
■ 操作を学んで自分で操る楽しさを

操作に慣れたら、きっと楽しいカーライフに…


詳しく
[読者の声No.:600]
■ クラッチのつながるポイントに苦労~インタビューより
教習を受けたところではマツダのファミリアが教習車だったのですが...
詳しく
[読者の声No.:599]
■ 読者の声・練習会レポート
今回はMT操作全般をやりたいという愛知県のAさん(女性)のレポートです...
詳しく
>> 読者の声のつづきを見る


▼無料で配送! サンプル教材を請求する
車の運転のコツ 教材サンプル はじめての教材購入が不安な方は、無料サンプル教材をお宅にお届けします。教習ワンポイントアドバイス付き。 ※数字は半角、ハイフンなしで入力ください
お名前
Eメール
Eメール再入力
電話番号
郵便番号
都道府県
住所1
住所2

運転のコツ Shift-UP Clubの活動(安全運転の普及・中古車推進)が
NPO法人日本リユース協会に認められました。

冊子マニュアル主要配送エリア
東京都 東京23区内、西東京、武蔵野、調布、三鷹、狛江
神奈川県 横浜、川崎
千葉県 千葉、船橋、松戸、柏、川、浦安、習志野、流山、鎌ヶ谷
埼玉県 さいたま、川越、越谷、川口、新座、草加、三郷、入間郡大井町、入間郡三芳町、富士見、八潮、朝霞、戸田、和光、上福岡、蕨、志木、鳩ヶ谷
愛知県 名古屋、春日井、小牧、一宮、犬山、岩倉、瀬戸、尾張旭、西春日井郡
大阪府 大阪、豊中、吹田、摂津、茨木、高槻、箕面、池田、枚方、寝屋川、守口、門真、四条畷、大東、東大阪、八尾、柏原、松原、藤井寺、堺、高石、泉大津
兵庫県 神戸、芦屋、西宮、尼崎
福岡県 福岡、北九州、久留米、古賀、宗像、春日、小郡、粕屋郡、太宰府、大野城、筑紫野
佐賀県 佐賀、鳥栖
全国配送エリア
信越 新潟県,長野県
北 陸 富山県,石川県,福井県
東 海 岐阜県,静岡県,愛知県,三重県
関 西 滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
四 国 徳島県,香川県,愛媛県,高知県
中 国 鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
沖 縄 沖縄県




<教習待合い所ライフ>

ブランド・ファッションレンタル 結婚式パーティーレンタル 電子書籍 ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

このページは運転の変な癖(その2)の紹介をしています。
▲サイトのトップへは「車の運転のコツ」よりお進み下さい
スマホで技能教習・運転のコツを見る
車の運転のコツ。初心者・女性向け
<   
◎ 注文受付中

技能教習でS字クランクや方向転換・縦列駐車に失敗したら、教材で挽回しよう

右左折、車庫入れ、坂道発進。難しい運転も教材を使った予習で克服
紹介マンガ

sitemap2.jpg

サイト運営

Shift-UP Club
郵便:114-0003
住所:東京都北区豊島5-4
TEL:03-3919-1696(9:00~17:00)

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
中級者:運転テクニック集
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス
女性専用:女性のための運転動画

運転のコツを確認して苦手克服する練習会
教習所10倍活用ガイド
→女性専用サイト
写真 3-1.PNG
写真 4-1.PNG
→スマホで見る方


ロハス雑誌『Nature』に
Shift-UP Clubが
紹介されました

nature.jpgのサムネール画像
特定非営利団体 NPO法人日本モータースポーツ振興機構
交通事故被害者支援活動への協力
社団法人日本自動車連盟
運転で地球に緑を

写真素材のピクスタ


<教習待合い所ライフ>
電子書籍
カードオブプロレス オンラインゲーム
シネマパラダイスch


<PR>