教習所に通う方、運転の苦手な方向けに練習の仕方とコツを伝授します

イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る

このページは『MT車のメリット、AT車の限界』の紹介をしています。

高速道路でのサグ渋滞やシフトダウンの問題などを知っておきましょう


▼対象
ATかMTか迷っている方

MT車のメリット、AT車の限界


「ATは、MTを自動化させたもの」
と勘違いしている方が見受けられます。
しかし、これは間違いです。

また、その語感から、
自動変速(AT)は、手動変速(MT)より優れている
と考える方もいますが、これも間違いです。

現状では残念ながらATは、MTよりも劣っていると言わざるを得ません。
より正確に言えば、まだ

「ATは、人間の判断を超えられていない」

ということです。どういうことか、3つのケースで詳しくみていきましょう。

※ここ言うATは、2ペダル手動変速のAMTではなく、一般的なトルクコンバーター式ATのことを指しています。CVTについては、下記の記事をご覧ください。

 


●CASE1 目の前に坂があるのに、AT車はシフトダウンできない

eshima oohashi 04eshima oohashi 04 / mstkeast
mt-merit1.jpg


AT車はアクセルを強く踏み込むことで、初めてシフトダウンされます。

これは、燃費を向上させるためです。ドライバーから余程の意思表示(=アクセルを強く踏み込む)がない限りは、燃費の良い高いギアが自動的に選択されるからです。

確かに、アクセルを踏み込めばシフトダウンするのですが、上り坂で速度が落ちてきたところでアクセルを踏み込み、さらにそこから実際にシフトダウンされるまではワンテンポ時間が掛かります。このため、後続車はブレーキを踏まなくてはいけなくなります。

MT車の場合は、シフトダウンは手動ですので、目の前に上り坂が見えたらその時点でシフトダウンしておくことができます。これによって、平地から上り坂に変わっても、速度を落とすことなく力強く坂を上っていくことができます。


●CASE2 信号が赤から青に、AT車は燃費悪化へ

mt-merit2.jpg

 

道路を流れに乗って走行している時、前方遠くに赤信号が見えるとします。

AT車の場合、このときトップギアに入っています。流れに乗って走っている時は、アクセルを少しだけ踏んだ状態か、もしくは赤信号に気づいてアクセルから足を離していれば、ギアはより高いギア、トップギアへと自動的に変わるからです。

ここで信号が青に変わった場合、このトップギアの状態から再度加速していくためには1段または2段低いギアへシフトダウンする必要があります。このとき、AT車ではアクセルを強く踏み込まないとシフトダウンできません。アクセルを強く踏み込むとワンテンポ遅れて低いギアへとシフトダウンされます。このとき、シフトダウンするためだけに、アクセルペダルを必要以上に踏んでいますので、燃費は悪化しています(無駄な燃料の供給)。

MT車の場合は、ギアの変更は手動ですので、好きなタイミングでギアチェンジして、クラッチをつないだ時点でシフトダウンは完了します。燃費の悪化はありません。


●CASE3 高速道路の追い越し

mt-merit3.jpg

 

AT車は、強くアクセルを踏まないとシフトダウンしません。そのため、ひとたびシフトダウンすると大きく加速していってしまいます。そして、追い越し車線を走行中は勝手にシフトアップされますので、速い速度がキープされます。この状態で走行車線に戻ろうとすると、ブレーキを踏まないと前走車に追突してしまいます。高速道路でブレーキを踏むことを嫌って、そのまま追い越し車線を走り続けてしまうAT車もよく見受けれらます。

MT車は、事前にシフトダウンしてパワー重視のギアにしてから、追い越し車線へ入ります。そのままのギアで追い越しを完了し、走行車線に戻ったあとは、アクセルを緩めるだけでエンジンブレーキが掛かるため、無理なく流れに乗ることができます。

 

●まとめ

トランスミッションには、「速度のキープ」と、「(加速)」とのバランスを変化させるという役目があります。この役目は、ATでもMTでも変わりません。

ドライバーは状況によって、速度をキープしたいときと、力が欲しい時とがあります。

gear-def.jpg

速度をキープしたいとき

  • 幹線道路を一定速度で走る
  • 信号はすべて青、前方にはクルマなし
  • 平坦な高速道路で、直線が続く

 

力が欲しいとき

  • 上り坂を上る
  • 前車が左折を終えたので、再加速する
  • 前の車を追い越ししたい

※各ギア同士の関係はこちらの記事をご覧ください。

 

MTを運転する場合は、アクセルペダルとは別に、手でいつでもセレクトできます。

ところが、ATを運転する場合、ドライバーはこの2つの異なるニーズを「アクセルの踏み具合」だけで機械に伝えなくてはいけません。

ATという機械は、
「お、目の前はきつい坂だな!よしシフトダウンしておいてあげよう」
という人間的な判断を、してはくれないのです。

ここが、根本的なAT車の弱みです。
そして、アクセルペダルを踏み込むことでしかシフトダウンできないため、無駄なアクセル開度が多くなり、燃費も悪化しがちです。

これでもAT車は、カタログ燃費を稼ぐために、「燃費側に振った」設定になっています。アクセルを緩めると、どんどんシフトアップしていくのはその表れです。

このためATは、低いギアでキビキビと元気よく走るのは苦手です。

MTの場合は、燃費側に振った運転も、キビキビとした運転も、ドライバーの意思でいつでも選択可能です。


ちなみに、ATでもギアを選択することはできます。状況に応じてこまめに変速すれば、MTに燃費を近づけることはできます。ただ、常にこまめに変速するのであれば、最初からMTにした方が良いでしょう。流体クラッチによる伝達ロスもATだと多いので、燃費の面でも運転感覚の面でもMTの方が良い結果になります。

なおカタログ燃費は、力が欲しい状況が実際の道路のようにランダムに出現する訳ではありません。そのため、実燃費でATは、燃費運転を敢行しているMTに劣ります。


そして、ATを語るうえで避けて通れないのは、AT車のアクセルとブレーキの踏み間違い事故です。ATは機械としての設計に、フェイルセーフの概念がありません。MTの場合なら、何らかの操作ミスをすると安全側に振った動きをします(エンスト、もしくは駆動力カット)。ところがATでは、ミスが加速・暴走につながり得るのです。AT車でアクセルとブレーキの踏み間違い事故が多発しているのは、これが根本原因です。

mt-merit-ex.jpg
前進と後退を間違いやすいのも、ATの特徴です。この最初のミスがきっかけとなって、さらに大きな踏み間違いを起こすというのが、店舗などに突っ込む事故の典型的なメカニズムです。 ※AT車のアクセル・ブレーキ踏み間違い事故の事例と原因考察はこちら

今後、本当の意味でのATが登場するとすれば、それは、次のようなものです。つまり、勾配、路面、前後の車の状況、前方の信号、横断者の有無などの道路上の状況を、まるで人間のように機械が判断して適切なギアを選択してくれる。このようなことが出来るようになったときに、初めて本当の意味での自動変速が成立します。

しかし現状では、MTと同等のものにはなっておらず、走行品質を落とすことと引き換えに、2ペダルのみで運転できるという、簡易的なトランスミッションに留まっています。


「そうは言ってもMTはエンストが怖いから」という方も多いでしょう。そういう方のために、MT車攻略マニュアルがあります。ここでご紹介している方法で試せば、絶対にエンストすることはありません。エンストしてしまうのは理由がありますから、それをきちんと理解して取り除けばエンストはしません。坂道発進でも失敗はありません。

最後に、「MTは面倒くさい」という方について。
MT車に乗っているにも関わらず、面倒だと感じている方は、「2種類あるシフトダウンをマスターしていない」可能性が高いです。教習所の教えるとおりにやれば、取り敢えずは公道で走れるようになりますが、これだけでは楽しみはありません。

いつでも好きなタイミングでシフトダウンできるようになって、初めてMT車である意味が出てきます。そうでなければ、シフトチェンジはただの義務に感じてしまうでしょう。そのような方は「ギアチェンジ・ポイント上達」などを参照して、自在にシフトダウン・シフトアップできる手法を身につけてみてください。きっとMT車に対する見方が、良い方向に変わるはずです。


Shift-UP Clubでは、MT車に挑戦する方を様々な形で応援します。

 

MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

mt_coverpage1.jpg mt車攻略マニュアル

MT車・AT車に関するこちらの記事も合わせてお読み下さい。

 

運転の苦手を克服する教材

● このページ『MT車のメリット、AT車の限界』をメールで送る

スマートフォンで見る スマートフォンで見る




このサイトに再訪問される際は 『シフトアップ・クラブ』で検索して下さい

●記事の購読方法はこちらから(RSS)・・・> スマホアプリを使った方法
●ブックマークはこちらから・・・> 

ブックマーク+




▼ 話題の運転教材の一覧はこちらをクリック

ボタンをクリックした後、商品をお選び下さい
車の運転のコツ

Shift-UP Club 運転教材の購入ページ

※上記の教材一覧ページは、代金引換・銀行振込のみ対応
(インフォカートの決済には対応しておりません)

▼よくある質問(Q&A)
Shift-UP Clubとは何ですか?
どのような人が運転教材を使っているのですか?
教材はきちんと届きますか?手元に届くのに何日程度掛かりますか?
家族には購入を知られたくないのですが、品物名の記載はどうなりますか?
インターネットでの注文に不安があります。
教材で本当にうまくできるようになりますか?サポートもありますか?

 

●うまく注文できない場合/携帯からの注文の場合

注文フォームでうまく送信できない場合、 またはパソコン環境をお持ちでない場合は、 携帯メール等から下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
冊子申込み


シフトアップクラブ会員登録


MT車のメリット、AT車の限界の関連ページ



イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る


▼ 人気の記事



すべての記事を見る(記事一覧)




[読者の声No.:648]
■ 車を操縦する感覚があり、運転が楽しい
AT車と比べて、車を操縦する感覚があり...
詳しく
[読者の声No.:646]
■ 操作を学んで自分で操る楽しさを

操作に慣れたら、きっと楽しいカーライフに…


詳しく
[読者の声No.:600]
■ クラッチのつながるポイントに苦労~インタビューより
教習を受けたところではマツダのファミリアが教習車だったのですが...
詳しく
[読者の声No.:599]
■ 読者の声・練習会レポート
今回はMT操作全般をやりたいという愛知県のAさん(女性)のレポートです...
詳しく
>> 読者の声のつづきを見る


▼無料で配送! サンプル教材を請求する
車の運転のコツ 教材サンプル はじめての教材購入が不安な方は、無料サンプル教材をお宅にお届けします。教習ワンポイントアドバイス付き。 ※数字は半角、ハイフンなしで入力ください
お名前
Eメール
Eメール再入力
電話番号
郵便番号
都道府県
住所1
住所2

運転のコツ Shift-UP Clubの活動(安全運転の普及・中古車推進)が
NPO法人日本リユース協会に認められました。

冊子マニュアル主要配送エリア
東京都 東京23区内、西東京、武蔵野、調布、三鷹、狛江
神奈川県 横浜、川崎
千葉県 千葉、船橋、松戸、柏、川、浦安、習志野、流山、鎌ヶ谷
埼玉県 さいたま、川越、越谷、川口、新座、草加、三郷、入間郡大井町、入間郡三芳町、富士見、八潮、朝霞、戸田、和光、上福岡、蕨、志木、鳩ヶ谷
愛知県 名古屋、春日井、小牧、一宮、犬山、岩倉、瀬戸、尾張旭、西春日井郡
大阪府 大阪、豊中、吹田、摂津、茨木、高槻、箕面、池田、枚方、寝屋川、守口、門真、四条畷、大東、東大阪、八尾、柏原、松原、藤井寺、堺、高石、泉大津
兵庫県 神戸、芦屋、西宮、尼崎
福岡県 福岡、北九州、久留米、古賀、宗像、春日、小郡、粕屋郡、太宰府、大野城、筑紫野
佐賀県 佐賀、鳥栖
全国配送エリア
信越 新潟県,長野県
北 陸 富山県,石川県,福井県
東 海 岐阜県,静岡県,愛知県,三重県
関 西 滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
四 国 徳島県,香川県,愛媛県,高知県
中 国 鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
沖 縄 沖縄県




<教習待合い所ライフ>

ブランド・ファッションレンタル 結婚式パーティーレンタル 電子書籍 ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

このページはMT車のメリット、AT車の限界の紹介をしています。
▲サイトのトップへは「車の運転のコツ」よりお進み下さい
スマホで技能教習・運転のコツを見る
車の運転のコツ。初心者・女性向け
<   
◎ 注文受付中

技能教習でS字クランクや方向転換・縦列駐車に失敗したら、教材で挽回しよう

右左折、車庫入れ、坂道発進。難しい運転も教材を使った予習で克服
紹介マンガ

sitemap2.jpg

サイト運営

Shift-UP Club
郵便:114-0003
住所:東京都北区豊島5-4
TEL:03-3919-1696(9:00~17:00)

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
中級者:運転テクニック集
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス
女性専用:女性のための運転動画

運転のコツを確認して苦手克服する練習会
教習所10倍活用ガイド
→女性専用サイト
写真 3-1.PNG
写真 4-1.PNG
→スマホで見る方


ロハス雑誌『Nature』に
Shift-UP Clubが
紹介されました

nature.jpgのサムネール画像
特定非営利団体 NPO法人日本モータースポーツ振興機構
交通事故被害者支援活動への協力
社団法人日本自動車連盟
運転で地球に緑を

写真素材のピクスタ


<教習待合い所ライフ>
電子書籍
カードオブプロレス オンラインゲーム
シネマパラダイスch


<PR>