教習所に通う方、運転の苦手な方向けに練習の仕方とコツを伝授します

運転インプレッション

ワゴンRスティングレイ

●外装
フロント周りは、ミニバンで流行中のメッキを多用した押し出しの強いデザインです。スティングレイはカスタム色の強いモデルであるため、よりミニバンをそのまま小さくしたような印象が与えられています。全体のフォルムはまとまりのあるフォルムで、ライバルのNボックスなどと同等のサイズ感です。リアのデザインも、印象的な低い位置のコンビランプですが、ハッチゲートの開口部を広く取るためのデザインでもあり、デザイン性と実用性がよく考えられている車だと感じます。

●内装
運転席と助手席はベンチシートでありながらホールド性も考えられおり、疲れがでにくいものです。後部座席は非常に広く、特に足元はかなり余裕があります。四人乗車の軽自動車ではありますが、大柄な人でも乗員すべてがゆったりできるスペースが確保されています。メーターパネルやエアコン・ナビ操作部分はシンプルかつ機能的で、よくまとまっています。近年のスズキ車は、エアコンやステアリングリモコンなどのよく使う部分は、手元に目をやらなくても操作できる工夫がしてあったりして、よく考えられています。

●エンジン・走行性能
エンジンのパワーは、ターボモデルとはいえ軽自動車の自主規制範囲内ですので大きくありません。しかし、軽量なシャーシのおかげで、予想を超えるパワー感があります。高速道路では、少しアクセルを踏み込むとすぐに100kmを超えてしまうほどです。エンジン音も、いわゆる軽自動車的な軽い音ではないため、ツーリング用途にも使えるものです。

ワゴンRは、ライバルであるNボックスよりもすべての面でよく出来ています。唯一、電動スライドドアの部分で注目を譲る形になっていて、同じスズキ車のスライドドア車、スペーシアで対抗しているようです。しかし、本来このサイズの実用車として、最もおすすめ出来るのはワゴンRスティングレイであり、押し出し感の過剰なデザインと、スライドドアの弊害をうまくユーザーに説明できていない点が惜しいところです。小回りも効き、初心者にもお勧めできますので、一度試乗してみることをお勧めします。


●内装
シンプルでありながら見晴らしが良いデザイン。スバルの伝統として、Aピラーが立ち気味になっていて、初心者にも運転がしやすい工夫があります。センターコンソールには、電動パーキングのボタンがありますが、これはやや使いづらい印象です。エアコン関連や、オートクルーズの操作系はよく考えられていて、使い勝手が良いです。メーターの視認性も良好。車内は割と広くて、後席までゆったり。大人もゆったり座れ、荷室の広い空間も相まってロングドライブは快適なはずです。

●外装
全体的に恰好よくまとまっている印象です。フロント周りはかなり引き締まっていて、スバルのアイデンティティであるフロントグリルのデザイン、それからLEDを採用したライトもなかなか精悍な風貌です。リア周りも、ワゴンボディーらしく一体的なデザインにまとまっていると思います。

●エンジン・走行性能
一点気になるのは、走り出しの速度が速すぎることです。信号からのスタートなどでは、前に飛び出るような感じで加速していき、それがドライバーの意図というよりも、アクセル操作に対して過剰気味に加速していく感覚です。これはレヴォーグに限らず、近年のスバル車のCVTに共通する印象ですが、これはおそらく「ラバーバンド感(加速がにぶい感覚)」と評されがちなCVTのネガティブな部分を覆そうという意図に思えます。しかし、うまくいっているとは思えず、過剰演出であるように感じます。エンジンも車体も足回りも、欧州車のように乗りごたえがあるだけに惜しい感じであり、トランスミッションとのマッチングを再考した方が良さそうです。少なくとも、ドライバーが乗り方を選択できるMTは残すべきでしょう。同じような経営規模でもマツダはMTをラインナップしています。初心者の方が乗る場合は、アクセル操作は特に丁寧に行う必要がありますので注意しましょう。

フィアット・アバルト500

●外装
フィアット500と基本形は同じですが、色使いなどですぐにアバルトだと分かります。もともとの500のデザインも優れているため、サソリのバッヂをつけたこの外装は所有の満足感を高めてくれるはず。サイドやリアからのデザインも良く、女性が乗ってもオーナーのセンスを露わすことができます。

●内装
シンプルで明るい500から一転して、アバルトは落ち着いた黒を基調としたインテリアです。シフトレバーはなくボタン式ですが、マニュアルモードにしてパドルシフトを使うこともできます。ペダルもアルミプレートで、サソリマークの刻印もあり、やる気を感じさせます。シートのホールド感も良く、街乗りだけではなく長時間ドライブでも問題ありません。シンプルですが、使い勝手の良い室内です。

●エンジン、走行性能
アバルトの意向がよく分かる、小気味良く走ることができる味付けです。1.4リットルに嵩上げされたエンジンは、この小さな車体を押し進めるには充分すぎるほどで、市街地でも高速道路でも流れをリードできます。マニュアルモードで走れば、ハンドル裏のパドルを弾きながら、小気味良く、思い通りに変速して走ることができるので爽快です。エンジン音と排気音も独特な低音の鼓動が車内にも入っていて、やる気を起こさせます。足回りも走行性能を重視して固められていますが、しっかりと四輪が踏ん張るディメンションとなっているため、高速域でも不快感はなく、このサイズのクルマながら安定感を感じさせます。とにかく走らせて楽しいクルマですが、トランスミッションはMTを選ぶのが良いでしょう。2ペダルのAMTも悪くはありませんが、ほとんどの方がオートで運転するであろうことを考えると、せっかくのMTベースの変速機がもったいないと感じます。MTならば運転者の上達具合に合わせて、エンジンのポテンシャルを余すことなく生かして、運転を楽しむことができます。免許を取得したばかりの方にも、MTでこの車に乗ることがお勧めできます。

トヨタ・カムリ

●外装
セダンとして常識的なプロポーションですが、フロントの大きなグリルのイメージが強く、印象に残るデザインです。大きめな車体ではありますが、国内の道路を走る上では使いやすいサイズです。前後のオーバーハングがやや長いですが、その分トランクも広いですし、フロント部分の見切りの良さにもつながっています。

●内装
インテリアのデザインは極めて落ち着きのあるもので、前席・後席ともに長時間の乗車にも耐えうる落ち着きとシートの心地よさを備えています。シフトレバーこそコンベンショナルなものですが、パーキングブレーキはホールドモード付きのボタン式で、現代の車らしい電装系の装備がなされています。

●エンジン・走行性能
ハイブリッドのパワーユニットは熟成されており、多段ATとの組合せでストレスのない加速性能を見せます。ブレーキのタッチも以前の同社のハイブリッド車から比べるととても自然になっており、細かなブレーキの調節も容易になっています。足回りや乗り心地も含めて、従来ながらの常識的なものを継承しつつ、電子制御など現代的に進化しています。セダン不毛の地となった日本にあって、数少ない上質感を得られるセダンだと言えます。免許取得後のマイカーとしてもおすすめできる車です。

BMW X1

●外装
BMWらしいフロントマスクからボンネット部分までの造形を残しつつ、流行りのSUVテイストを取り入れています。フロントの端正さと走破性の高そうなサイドからのデザインが相まって、都会的かつスポーティな印象にまとまっています。

●内装
緊密で質の高いインテリアデザインで、室内の大きさを感じることからも5シリーズと錯覚するゆとりがあります。シートの出来も良く、やや硬めの足ながらも疲れ知らずのロングドライブが可能です。ギア操作やインフォテインメントなどの操作系は、BMW車全体の課題として上げられます(具体例はリンク先)。

●エンジン・走行性能
エンジンの出力は十分ですが、発進時にもたつき感があります。トランスミッションとのマッチングが良くないのか、スロットルの電子制御なのか分かりませんが、少し違和感があります。またブレーキも、踏みしろと効き具合がリニアではなく、細かな制動を調節するのが困難です。高速道路での巡行や加速は問題ないというか、日本車を凌駕する走りを見せるものの、都市部の渋滞ではストレスを感じかねません。このあたりは日本車のSUVとは異なり、信号の多い市街地はメインとして想定されていません。購入を検討する場合は、他社の車との比較において必ず試乗して確かめることをお勧めします。

レクサスLS600

●外装
レクサスセダンのフラッグシップであるLSで、ロングサイズのハイブリッド版です。長いノーズとリアのオーバーハングで基本的な安全性が確保されているほか、大排気量エンジンおよび荷室の広い空間を余裕を持って収めています。この大きさとレクサス統一のグリルとが相まって、一目で大きな車だと分かり、立派に感じる印象です。やはり黒などのダークカラーが中心になりますので、どこに乗り付けても周りのクルマとは違う存在感を放ちます。

●内装
インテリアは広々としており、特に横方向の広さとセンターコンソールのゆとりは特筆すべきものがあります。全車速で渋滞対応のACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は使いやすいもので、ハンドルの制御もごく自然です。操作系はトヨタ車にも共通の使い易いものです。また、ハンドルウォーマーは便利で反応も良いので、冬場でも運転手にやさしいものです。パーキングブレーキの自動制御と、オートホールドが備わります。これは非常に便利ではありますが、別稿の特集「車の電動化 メリットとデメリット」でも述べている通り、同じペダル操作をしてもモードによっては車の動きが変わるというのは混乱を招く元です。少なくとも、ドライバーはに分かりやすいようにインターフェースは向上させていく必要があります。

●エンジン・走行性能
大排気量のエンジンと多段化を極めたトランスミッションはパワフルそのものです。ただし、気になるのは他車種でも見受けられることですが、停止からの発進時に、アクセル開度と速度の乗りがマッチしない点です。いわば「強制的にふんわりアクセルさせられている」という状態です。これはエコモードに限らず、停止からの踏み始めで感じる違和感です。大トルクのエンジンを暴走させないようにという配慮もあるかも知れませんが、思い通りに加速しないことによって、いっきに踏みすぎてしまうリスクの方が高いでしょう。ドライバーズ・カーでない、後部座席の乗り心地を重視した車種であるとはいえ、ここは改善してほしい点です。トランスミッションとのマッチングは良好で、本来ここまでの多段化を必要としないほど実用範囲の広いエンジンですが、細かく変速制御することによって、燃費としなやかな走りに貢献しているようです。同じく細かく制御されているサスペンションと、高いボディ剛性、遮音性によって、速度を感じさせないほどの静けさと落ち着きがあります。音質にこだわるドイツ車にも言えることですが、同じ速度を出していても、さほどスピードが出ていないように感じやすいので、特に高速道路では制限速度を守るように意識する必要があります。高速道路では、良くできたACCに任せるというのも一法です。

LSは初心者にとって大型の車ですが、購入できる方にとっては安全面で非常にお勧めできる車です。このサイズに慣れれば、他の車に乗り換えた時に苦労することはないでしょう。

スバル・インプレッサ

●外装
新世代のプラットフォームとなったインプレッサは、ベーシックな車種ながら緊密なイメージのボディデザインを採用してきて、一段上のグレードの車種になった印象です。見切りの良さを優先させたフロントガラスやAピラーの角度、歩行者保護機能を設けたボンネットなど、安全を優先させた外装には好感が持てます。

●内装
新しいプラットフォームやボディデザイン、安全機能の進化に比べると、内装の進化は限られていて、やや残念な印象があります。必要にして十分な機能を有していますが、遊び心やくつろぎ感の演出といった点ではまだ改善の余地がありそうです。とはいえ、操作系・スイッチ類の配置は、他社の真似ではなくドライバーの直感に寄り添った設計となっていて、設計者の安全への意識を垣間見られる点ではさすがと言えます。

●エンジン・走行性能
現在CVTを中心にラインナップしているスバル車ですが、インプレッサにおいてはエンジンとCVTとのマッチングが上手くいっているようです。街乗りで必要になる低速域での出力が十分あり、普段使いでストレスを感じさせません。ブレーキのタッチも自然で、車速のコントロールが非常にラクです。運転席からの見切りは従来どおり非常に良く、運転時の安心感という意味では他社の車を凌駕しています。営業車として使われることも多い車種ですが、重量のある荷物を積んでも、ボディや足回り、エンジンがしっかりしているため、他車種と比べても安心感の面では見劣りしません。骨格・パワートレーン・安全性能がしっかりしているので、初心者が初めて乗る車としても自信を持っておススメできます。ボディサイズも標準的なので、この車で運転に慣れれば、今後いろいろな車にステップアップできるでしょう。

レクサス RX200t

●外装
多少大きな外観ながら、SUVらしい都会的な雰囲気を身にまとっていて、どんなシーンでも映えるデザインが魅力です。また、濃いめのカラーでは男性的な印象が持たれやすいものですが、明るいカラーではまた雰囲気が変わり、女性が知的に乗りこなすのも似合うようなボディデザインです。全幅がやや大きいですが、運転席からの見切りは良い方なので、初心者でも車幅感覚を養う練習を少々行うことで、問題なく乗りこなすことができるでしょう。

●内装
SUVならではの広い室内空間を活かして、レクサスらしい気品のある内装デザインが施されています。レザーシートも明るいカラーが選べ、サンルーフからも明るい光が室内に取り込めます。センターコンソールからナビまでのデザインは質感の高いメタル素材も使われていて、ワイド画面となっている純正ナビをストレスなく手元で操作できる設計になっています。HUDで速度などの情報を視認でき、高めの運転席と相まってドライブは快適そのものです。エアコンの制御や音響に関してもこだわりがあり、車内どの位置でも快適なドライブを楽しむことができます。

●エンジン・走行性能
重いボディながら、パワフルなエンジンと継ぎ目を感じさせないトランスミッションによって強力な加速を見せます。ラインナップの中では排気量が小さいモデルですが、ターボ搭載によって力強さは十分。エンジン音も上質で、アクセルを踏むのが楽しいと感じさせます。ターボモデルであっても、ターボのあからさまな駆動感を感じることはなく、ただ排気量にさらなる余裕が出たという印象を与えます。特筆すべきは全車速ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)で、最高速度をセットしたら、あとは半自動運転です。この機能自体は他のモデルでも採用されていますが、その制御が優れていて、渋滞時でも1km単位の速度で前車を追従し、その速度制御のスムーズさは、安心して渋滞走行を任せられるレベルです。一方で、自分で運転するときはパドルシフトでの自在のコントロールも可能です。車へ任せることも、車を自在に操ることも、高いレベルで可能としていて、レクサスの中でもバランスの良いモデルだと言えそうです。初心者が乗る場合は、SUV形状で大き目のボディに慣れが必要ですが、縦横サイズそのものは教習車と大きく変わりません。安全性能も含めて初心者にお勧めできます。

ミニ・クーパー

●外装
多くの派生グレードが登場したミニですが、クーパーは基本的なフォルムをBMW製初代を継承しています。小さく見えるデザインながら、基本骨格はどっしりとしていて、実際には全長全幅ともに大きくなっています。しかし、巧みなデザインで大きさを感じさせないものになっており、可愛らしさやお洒落感は十分に演出されています。フェンダー部分はフロント・リアともに張り出しているため、初心者が運転する場合には車幅感覚を養うための練習をしておいた方が良さそうです。

●内装
ミニの真骨頂ともいえるのが、インテリアのポップなデザインです。アイコン的な存在であったセンターメーター部分にはナビなどのインフォメーション・ディスプレイが配され、可変色のLEDラインで縁取られています。ステアリングコラム上にはメーターと警告灯類が小さめに設置。エアコン操作部分も、航空機のスイッチを思わせるような先代からの意匠も受け継いでいます。とにかく他にはないインテリアを、という作り手のこだわりが随所に感じられます。一方で、ライトスイッチの位置やナビ操作スイッチなど、やや直観的ではなインターフェースの配置が気になります。とはいえ、車内で過ごす時間を飽きさせないというコンセプトはミニならではのものですので、好感が持てます。

●エンジン・走行性能

骨格が大きくなったことと、ボディ全体のしっかり感とが相まって、先代以上にBMWの運転感覚を思わせるものになりました。内外装がポップなものでありながらも、走りのフィーリングは質実剛健で、高速道路の高い速度域であってもブレることのない安定感を感じられます。加速性能は必要にして十分で、ブレーキのタッチも自然です。大きく重くなったことで、燃費はさほど期待できるものではありませんが、走りの良さによって長距離のドライブがより楽しめるもの、疲れの少ないものになったのは間違いありません。むしろ、市街地や渋滞路ではトランスミッションとの関係からか、ギクシャクした動きになることもあり、街乗りよりも遠出のドライブの方がこの車のキャラクターが活きるように思えます。普段使いというよりは、遊びや遠出などで車を使いたいという方は、検討してみると良いのではないでしょうか。

ホンダ・ステップワゴン・スパーダ

●外装
外観は先代よりも少し角ばったデザインにより、壮観さが増した印象です。最大の特徴はリアビューで、わくわくゲートと呼ばれるギミック付きのリアハッチゲート部分です。用途に応じて開け方を変えられるというアイデアは、まるで冷蔵庫などの日本の家電を思わせます。また子育て世代へ人気の高い電動スライドドアや、広くシートアレンジが多彩なリアシートなど、30~40代へ分かりやすいPRポイントが詰まっています。

●内装
内装はごく常識的で、ミニバンでありながら他のホンダ車のセダンなどと同じような感覚で運転できます。また追従型のACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は、制御もまずまずで、何よりも操作系がステアリング部分にまとめられているのが使いやすいです。ステアリングも握り部分の形状が煮詰められていて、シートの出来の良さとも相まって、一クラス上の車を運転している感覚になります。後部座席の快適性もそこそこ高く、特に10代までの子供であればかなり自由に広々使えます。

●エンジン・走行性能
動力性能は特別高いというものではありませんが、全員乗車しても不足なく加速していきます。パッケージングを最優先して作られた車と見えて、足回りの動きやブレーキのフィール、カーブの連続する部分での車体の動きなど、ややダルな部分が見えます。しかし、それほど飛ばすことなく、街中や高速道路での乗車を中心に使うのであれば、とても合理的で便利な車であることは間違いありません。ただ、燃費と走行性能を鑑みると、もし1人乗車での通勤や、夫婦2人での乗車が最も長い時間となるのであれば、より小さな車を検討すべきでしょう。家族が四人以上で、ほぼ全員で出かけるという用途であれば、この車が最も合理的な選択であると言えそうです。

 

▼ 話題の運転教材の一覧はこちらをクリック

ボタンをクリックした後、商品をお選び下さい
車の運転のコツ

Shift-UP Club 運転教材の購入ページ

※上記の教材一覧ページは、代金引換・銀行振込のみ対応
(インフォカートの決済には対応しておりません)

▼よくある質問(Q&A)
Shift-UP Clubとは何ですか?
どのような人が運転教材を使っているのですか?
教材はきちんと届きますか?手元に届くのに何日程度掛かりますか?
家族には購入を知られたくないのですが、品物名の記載はどうなりますか?
インターネットでの注文に不安があります。
教材で本当にうまくできるようになりますか?サポートもありますか?

 

●うまく注文できない場合/携帯からの注文の場合

注文フォームでうまく送信できない場合、 またはパソコン環境をお持ちでない場合は、 携帯メール等から下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
冊子申込み


シフトアップクラブ会員登録





[読者の声No.:648]
■ 車を操縦する感覚があり、運転が楽しい
AT車と比べて、車を操縦する感覚があり...
詳しく
[読者の声No.:646]
■ 操作を学んで自分で操る楽しさを

操作に慣れたら、きっと楽しいカーライフに…


詳しく
[読者の声No.:600]
■ クラッチのつながるポイントに苦労~インタビューより
教習を受けたところではマツダのファミリアが教習車だったのですが...
詳しく
[読者の声No.:599]
■ 読者の声・練習会レポート
今回はMT操作全般をやりたいという愛知県のAさん(女性)のレポートです...
詳しく
>> 読者の声のつづきを見る


▼無料で配送! サンプル教材を請求する
車の運転のコツ 教材サンプル はじめての教材購入が不安な方は、無料サンプル教材をお宅にお届けします。教習ワンポイントアドバイス付き。 ※数字は半角、ハイフンなしで入力ください
お名前
Eメール
Eメール再入力
電話番号
郵便番号
都道府県
住所1
住所2

運転のコツ Shift-UP Clubの活動(安全運転の普及・中古車推進)が
NPO法人日本リユース協会に認められました。

スマホで技能教習・運転のコツを見る
車の運転のコツ。初心者・女性向け
<   
◎ 注文受付中

技能教習でS字クランクや方向転換・縦列駐車に失敗したら、教材で挽回しよう

右左折、車庫入れ、坂道発進。難しい運転も教材を使った予習で克服
紹介マンガ

sitemap2.jpg

サイト運営

Shift-UP Club
郵便:114-0003
住所:東京都北区豊島5-4
TEL:03-3919-1696(9:00~17:00)

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
中級者:運転テクニック集
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス
女性専用:女性のための運転動画

運転のコツを確認して苦手克服する練習会
教習所10倍活用ガイド
→女性専用サイト
写真 3-1.PNG
写真 4-1.PNG
→スマホで見る方


ロハス雑誌『Nature』に
Shift-UP Clubが
紹介されました

nature.jpgのサムネール画像
特定非営利団体 NPO法人日本モータースポーツ振興機構
交通事故被害者支援活動への協力
社団法人日本自動車連盟
運転で地球に緑を

写真素材のピクスタ


<教習待合い所ライフ>
電子書籍
カードオブプロレス オンラインゲーム
シネマパラダイスch


<PR>