教習所に通う方、運転の苦手な方向けに練習の仕方とコツを伝授します

運転インプレッション

スバル・インプレッサ

●外装
新世代のプラットフォームとなったインプレッサは、ベーシックな車種ながら緊密なイメージのボディデザインを採用してきて、一段上のグレードの車種になった印象です。見切りの良さを優先させたフロントガラスやAピラーの角度、歩行者保護機能を設けたボンネットなど、安全を優先させた外装には好感が持てます。

●内装
新しいプラットフォームやボディデザイン、安全機能の進化に比べると、内装の進化は限られていて、やや残念な印象があります。必要にして十分な機能を有していますが、遊び心やくつろぎ感の演出といった点ではまだ改善の余地がありそうです。とはいえ、操作系・スイッチ類の配置は、他社の真似ではなくドライバーの直感に寄り添った設計となっていて、設計者の安全への意識を垣間見られる点ではさすがと言えます。

●エンジン・走行性能
現在CVTを中心にラインナップしているスバル車ですが、インプレッサにおいてはエンジンとCVTとのマッチングが上手くいっているようです。街乗りで必要になる低速域での出力が十分あり、普段使いでストレスを感じさせません。ブレーキのタッチも自然で、車速のコントロールが非常にラクです。運転席からの見切りは従来どおり非常に良く、運転時の安心感という意味では他社の車を凌駕しています。営業車として使われることも多い車種ですが、重量のある荷物を積んでも、ボディや足回り、エンジンがしっかりしているため、他車種と比べても安心感の面では見劣りしません。骨格・パワートレーン・安全性能がしっかりしているので、初心者が初めて乗る車としても自信を持っておススメできます。ボディサイズも標準的なので、この車で運転に慣れれば、今後いろいろな車にステップアップできるでしょう。

レクサス RX200t

●外装
多少大きな外観ながら、SUVらしい都会的な雰囲気を身にまとっていて、どんなシーンでも映えるデザインが魅力です。また、濃いめのカラーでは男性的な印象が持たれやすいものですが、明るいカラーではまた雰囲気が変わり、女性が知的に乗りこなすのも似合うようなボディデザインです。全幅がやや大きいですが、運転席からの見切りは良い方なので、初心者でも車幅感覚を養う練習を少々行うことで、問題なく乗りこなすことができるでしょう。

●内装
SUVならではの広い室内空間を活かして、レクサスらしい気品のある内装デザインが施されています。レザーシートも明るいカラーが選べ、サンルーフからも明るい光が室内に取り込めます。センターコンソールからナビまでのデザインは質感の高いメタル素材も使われていて、ワイド画面となっている純正ナビをストレスなく手元で操作できる設計になっています。HUDで速度などの情報を視認でき、高めの運転席と相まってドライブは快適そのものです。エアコンの制御や音響に関してもこだわりがあり、車内どの位置でも快適なドライブを楽しむことができます。

●エンジン・走行性能
重いボディながら、パワフルなエンジンと継ぎ目を感じさせないトランスミッションによって強力な加速を見せます。ラインナップの中では排気量が小さいモデルですが、ターボ搭載によって力強さは十分。エンジン音も上質で、アクセルを踏むのが楽しいと感じさせます。ターボモデルであっても、ターボのあからさまな駆動感を感じることはなく、ただ排気量にさらなる余裕が出たという印象を与えます。特筆すべきは全車速ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)で、最高速度をセットしたら、あとは半自動運転です。この機能自体は他のモデルでも採用されていますが、その制御が優れていて、渋滞時でも1km単位の速度で前車を追従し、その速度制御のスムーズさは、安心して渋滞走行を任せられるレベルです。一方で、自分で運転するときはパドルシフトでの自在のコントロールも可能です。車へ任せることも、車を自在に操ることも、高いレベルで可能としていて、レクサスの中でもバランスの良いモデルだと言えそうです。初心者が乗る場合は、SUV形状で大き目のボディに慣れが必要ですが、縦横サイズそのものは教習車と大きく変わりません。安全性能も含めて初心者にお勧めできます。

ミニ・クーパー

●外装
多くの派生グレードが登場したミニですが、クーパーは基本的なフォルムをBMW製初代を継承しています。小さく見えるデザインながら、基本骨格はどっしりとしていて、実際には全長全幅ともに大きくなっています。しかし、巧みなデザインで大きさを感じさせないものになっており、可愛らしさやお洒落感は十分に演出されています。フェンダー部分はフロント・リアともに張り出しているため、初心者が運転する場合には車幅感覚を養うための練習をしておいた方が良さそうです。

●内装
ミニの真骨頂ともいえるのが、インテリアのポップなデザインです。アイコン的な存在であったセンターメーター部分にはナビなどのインフォメーション・ディスプレイが配され、可変色のLEDラインで縁取られています。ステアリングコラム上にはメーターと警告灯類が小さめに設置。エアコン操作部分も、航空機のスイッチを思わせるような先代からの意匠も受け継いでいます。とにかく他にはないインテリアを、という作り手のこだわりが随所に感じられます。一方で、ライトスイッチの位置やナビ操作スイッチなど、やや直観的ではなインターフェースの配置が気になります。とはいえ、車内で過ごす時間を飽きさせないというコンセプトはミニならではのものですので、好感が持てます。

●エンジン・走行性能

骨格が大きくなったことと、ボディ全体のしっかり感とが相まって、先代以上にBMWの運転感覚を思わせるものになりました。内外装がポップなものでありながらも、走りのフィーリングは質実剛健で、高速道路の高い速度域であってもブレることのない安定感を感じられます。加速性能は必要にして十分で、ブレーキのタッチも自然です。大きく重くなったことで、燃費はさほど期待できるものではありませんが、走りの良さによって長距離のドライブがより楽しめるもの、疲れの少ないものになったのは間違いありません。むしろ、市街地や渋滞路ではトランスミッションとの関係からか、ギクシャクした動きになることもあり、街乗りよりも遠出のドライブの方がこの車のキャラクターが活きるように思えます。普段使いというよりは、遊びや遠出などで車を使いたいという方は、検討してみると良いのではないでしょうか。

ホンダ・ステップワゴン・スパーダ

●外装
外観は先代よりも少し角ばったデザインにより、壮観さが増した印象です。最大の特徴はリアビューで、わくわくゲートと呼ばれるギミック付きのリアハッチゲート部分です。用途に応じて開け方を変えられるというアイデアは、まるで冷蔵庫などの日本の家電を思わせます。また子育て世代へ人気の高い電動スライドドアや、広くシートアレンジが多彩なリアシートなど、30~40代へ分かりやすいPRポイントが詰まっています。

●内装
内装はごく常識的で、ミニバンでありながら他のホンダ車のセダンなどと同じような感覚で運転できます。また追従型のACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は、制御もまずまずで、何よりも操作系がステアリング部分にまとめられているのが使いやすいです。ステアリングも握り部分の形状が煮詰められていて、シートの出来の良さとも相まって、一クラス上の車を運転している感覚になります。後部座席の快適性もそこそこ高く、特に10代までの子供であればかなり自由に広々使えます。

●エンジン・走行性能
動力性能は特別高いというものではありませんが、全員乗車しても不足なく加速していきます。パッケージングを最優先して作られた車と見えて、足回りの動きやブレーキのフィール、カーブの連続する部分での車体の動きなど、ややダルな部分が見えます。しかし、それほど飛ばすことなく、街中や高速道路での乗車を中心に使うのであれば、とても合理的で便利な車であることは間違いありません。ただ、燃費と走行性能を鑑みると、もし1人乗車での通勤や、夫婦2人での乗車が最も長い時間となるのであれば、より小さな車を検討すべきでしょう。家族が四人以上で、ほぼ全員で出かけるという用途であれば、この車が最も合理的な選択であると言えそうです。

 

トヨタ・ヴィッツの評価・評判・レビュー

●外装
近年、トヨタの全車種に統一的に使われているデザインを若々しくアレンジしたもので、好印象です。特にフロントグリル下部が大胆に切り込みが入ったような意匠で、元気な走りをイメージさせます。リアも常識的なもので、かつ元気さを感じさせるものです。初代ヴィッツはとても目を引くような印象的な前後デザインでしたが、目を引く要素を引き継ぎながらも、すっきりと現代的な外装になりました。

●内装
室内に乗り込むと、内装は良くも悪くもシンプルです。シートはサイドサポート付きの形状であるものの張り感はやや弱め。メーターもエアコン操作周りも、従来ながらのとてもシンプルなもので、操作しやすいとも言えますが、現代の車としてはシンプル過ぎるようにも思えます。後部座席やリアのラゲッジスペースはこのサイズの車としては十分で、実用車として過不足なく使えます。内装全般に関して言うと、安いパーツを使ったとしても、もう少しポップな演出を加えたり、フォルクスワーゲンのような手足へのフィット感を加えても良いように思えます。

●エンジン・走行性能
まず、アクセルの踏み始めの「もたつき感」が気になります。エンジン性能自体は十分で、車体とのバランスも良いものなのですが、踏み始めの領域だけが緩やか過ぎる印象です。これはトランスミッションとの相性の問題なのか、ペダルの電子制御の問題なのか分かりませんが、ダイレクト感に欠ける制御になってしまっています。燃費を向上させる、いわゆる「ふんわりアクセル」をクルマ側が行うという趣旨で、このようにセッティングされている車も見受けられますが、逆効果でしょう。踏み込んでも思い通りに車が進んでいかないと、踏みすぎによる燃費悪化を招いたり、踏み間違い事故につながったりしかねません。一度加速し始めてからのエンジン性能は全く違和感がないだけに、改善してほしい点です。また、高速道路では車体の安定感にやや欠ける印象なのも気になります。

外装デザインも良く、サイズ感も初心者にちょうど良いものでありながら、肝心の走行性能に関してはいま一つ煮詰まっていない印象があります。このクラスの車では、ライバルであるフィットやデミオ、スイフトが非常に高いレベルになってきているため、購入を検討されている方は十分に比較してみることをお勧めします。

Toyota_Vitz_HYBRID_U_(DAA-NHP130-AHXEB)_front.jpg
Lexus_LX_(2015)_Lexus_aoyama.JPG

●外装
トヨタのランドクルーザーを思わせるマッシブで逞しい印象の外観でありながら、レクサスならではのフロントグリル・デザインで上品さを演出しています。シティSUVのようにも見えるデザインですが、やはり車体は大きく、運転席からの高い視界や車幅の広さは、乗用車感覚のSUVとは異なります。リアデザインも重みを感じるもので、存在感が際立つ外装となっています。

●内装
いわゆるオフローダーという印象は全くなく、皮の表皮を主張するようなファブリックや余裕のあるセンターコンソールなど、全体的に落ち着いた印象です。都会が似合うサルーンカーといった内装で、電動式の四駆コントロールスイッチが無ければ、ショーファー・カーと見紛うほどです。メルセデスのGクラスとの競合を視野に入れているということで、現状で搭載可能な先進電子制御システムは全て詰め込まれています。渋滞にも一部対応(再発進時操作が必要)したクルーズコントロールも使い勝手が良いものです。後部座席の居住性も高く、車内からは悪路を走破するイメージが持てないほどです。

●エンジン・走行性能
8気筒を搭載する大型エンジンですが、低速域でのトルクが有り余るほどです。オンロードでは、冷間始動直後のクリープ現象をブレーキで抑え込むのが大変なほどで、狭い地域や坂道の多い街で使用する方は慣れが必要です。高速道路での巡行はクルーズコントロールの精細な制御もあって快適ですが、さすがに3トン近い車重もあって瞬発的な加速は苦手です。悪路走行時に有効なクロールコントロールもあり、ごく低速で一定走行してくれるため、むしろオフロードの方が安心できる印象です。

免許取得直後に、レクサスLXを選ぶ方はなかなかいないと思いますが、車の多様な楽しみ方の一つとして、最高峰に位置するこの車を選べる方は、ぜひ一度試乗してみましょう。まさしく行動範囲の「道」が広がるはずです。

メルセデス C200

●外装
メルセデスのラインナップの中で、日本の道路でも使いやすく、日本車からの乗り換えでも、最も違和感がないのがCクラスです。日本車と近いサイズ感でありながら、日本車にはないエッジのきいたデザイン。フロントマスクの精悍なデザインから、サイドの印象的なキャラクターラインまで統一感があり、メルセデスのプレミアムな雰囲気をどの角度からでも楽しむことができます。

●内装
インテリアそのものはファブリックからメーター周り、ステアリングからダッシュボードまで、モダンでありながら風格を感じさせるものです。しかし、ナビやオーディオを中心としたインフォテインメントの操作性・配置や、クルーズコントロール(ディストロニック・プラス)の操作性、メーター表示情報の内容、HUDの非搭載など、インターフェースの部分で改善すべき点があります。運転に必要な操作において、合理的ではない配置や、直観的ではない操作系が散見されます。同じメルセデスでも上位のクラスでは、ある程度解決されているだけにボリュームゾーンであるCクラスでも、より運転のしやすいものに改善されることを期待します。

●エンジン・走行性能
ボディサイズとパワートレーンのバランスが最も良いとされるCクラスだけあって、市街地、幹線道路、山道、高速道路と、どんな道でも安心して流れをリードすることができます。破たんを予感させるような動きは全くなく、エアサスの制御も落ち着いた走行へつながっています。レクサスなどのように、なるべくエンジン音が鳴らないようにという設計ではなく、エンジン音自体はBGMのように不快感のないレベルで室内まで届いてきます。ACC(アダプティブ・クルーズコントロール)にハンドル自動操作も加えたディストロニック・プラスですが、制御はごく自然です。加減速はもちろん、ハンドルの動きも角ばった感触はなく、信頼感の高い動きです。ただし、先読み運転はしないので、割り込み車への対応や、PAやICでの出入り口の減速・加速、渋滞時の発進には対応しません。また、レバーの位置や操作方法が直観的ではなく、マニュアルを読み込んでからでないと、活用は難しいでしょう。これは、トランスミッションのシフト操作やパーキング、パーキングブレーキの操作に関しても同じことが言えます。

ここ数モデルが登場する間に、一気にIT化を進めてきたメルセデスですが、制御自体は好感触であるものの、人間と機械との窓口部分がうまくいっていない印象で、いまだ過渡期であることを伺わせます。従来の居住性、質感、剛性感、走行性能が高いだけに、ソフトウェア部分との上手な統合が求められます。

Mercedes-benz_W213_Sedan_by_Front_(right).jpg

●外装
メルセデスらしい、押し出しの強いデザインが継承されつつ、現在のトレンドも表していて、Eクラスに求められるボディデザインが緊密にまとめられています。セダンとしては常識的なプロポーションですが、国産車ではこのコンベンショナルな形がめっきり減っている中で、新鮮に映ります。このオーソドックスなセダンの美点である見切りの良さ、運転のしやすさ、ユーティリティ性の良さは、しっかりと感じることができます。

●内装
車内というより室内と呼ぶ方がふさわしく、くつろげる空間として考えうる機能はすべて装備しています。皮張りやブラックウッド調のファブリックは上質で、どのシートに座っても快適な時間を過ごせます。運転席周りセンターコンソールに目を向けると、インフォテインメントを中心とした操作系配置となっており、トランスミッションを操作するシフトレバーも、この世代のメルセデスに共通のものでワイパーレバー付近への配置。そのインフォテインメントですが、ナビやオーディオ自体の質は問題ありませんが、操作系がいまひとつ使いづらく、再考の余地ありそうです。手元の操作系とともに、日本車のようにタッチパネルでも直接操作できるようにするとグッと使い易くなるのではないでしょうか。

●エンジン・走行性能
2リットルながら、スムーズで吹け上がりの良いエンジンで、重いはずのボディを感じさせない鋭い加速を見せます。静かな室内には、アクセルを踏み込んだときに限って心地よいエンジン音のみが届き、走りの良さも随時感じることができます。重量があって剛性を高められたボディを支える足回りは質が高いもので、路面のギャップをまったく感じさせない一方で、しっかりと四輪のタイヤの動きが分かるという、相反するニーズを見事にバランスさせています。運転においては、最も印象的なのが車線維持機能付きACC(オートクルーズ)です。全車速対応、つまり渋滞対応で、低速でもステアリングアシストが働き、ほぼ自動運転を実現しています。速度の調節はもちろん、ステアリングの動きもとてもスムーズで、安心感を感じさせます。もちろん、将来的な自動運転をにらんだ機能で、現時点ではとても良く出来ていると言えますが、本格的な自動運転という意味では課題も見えます。前車への追従の場面で、加減速自体はスムーズな動きですが、予測が働かないため、ドライバーの感覚とはやはり乖離があります。あくまでレーダーやカメラで前車の動きを見てから動くため、どうしてもワンテンポ遅くなります。このあたりは、将来AIで改善する可能性もありますが、本サイトで指摘している通り、AIが進化するに応じてリスクも大きくなるという問題があります。この未来の技術をメルセデスがどう進めていくのか、楽しみなところです。日本で使うには、やや大きめな車ではありますが、古くから人気のあるEクラスですから、日常使いの範囲で最高の車を買いたいという方にはぴったりの選択です。

390px-Wnętrze_V40.jpg


●外装

ボルボのラインナップの中でも小型であるV40は、サイズ感としては国産小型車の感覚で運転できるため、特に人気のあるモデルです。外装は塊感のある流れるようなデザインという流行を取り入れつつ、落ち着いた雰囲気を醸し出すフロント部分によって、欧州車らしさを感じさせます。特にヘッドライト周りのデザインはドイツ車とも異なり、小さいモデルながら変に小ささを感じさせることのないデザインの妙を見せています。

●内装
内装の質感と落着きのあるデザインはもともとボルボの得意とするところですが、このモデルもごく常識的なインテリア配置でありながら、各部の素材や意匠によって高い質感を感じさせます。新しさを感じるのは、やはり電子制御部分です。ナビはもちろん、メーターもデジタルティスプレイで、操作部分もまるでスマホを思わせるボタンが並びます。デジタルディスプレイならではの機能として、その道路の制限速度を読み取ったら、スピードメーターに制限速度の目印が現れるというもので、万能ではないながらも便利なものです。ただし、インフォテインメント系の操作方法は独自のもので、BlackBerryのようなユーザーインターフェース。慣れるまではイマイチ使いづらいかも知れません。なお、ブラインド・スポット・モニタリングは、国産によくあるサイドミラーにアイコンを表示させるものではなく、室内のAピラー部分に優しいアンバーランプで知らせるというのがボルボらしいところです。

●エンジン・走行性能
さほど大きくないボディに対して、エンジンパワーは十分で、市街地でも高速道路でも不足を感じることはありません。右左折やカーブにおいては、スポーティなドイツ車ほどハードな味付けではなく、ワンサイズ大きな車であるかのような穏やかな動きを見せます。トランスミッションは、ややレスポンス遅れが気になります。エンジンの応答性は良いのですが、日本のようにゴーストップが多い場所では、低速での踏み直しが続くような場面でトランスミッションが迷っているような動きを見せ、ストレスを感じるかも知れません。もしMTモデルがあれば、このようなストレスが一切なくなり、小さめのサイズを活かした小気味良い走りになるのは間違いないので、惜しいところです。ただ、一度加速し始めれば、変速マナーは極めてスムーズで、機械的なストレスはありません。やはり、本国スウェーデンのように、空いた幹線道路や高速道路中心のライフスタイルに最もマッチする車だと言えそうです。

VW_Polo.JPG


●外装

VWの中では、2番目に小さな車種がポロです(最小はUP!)。ボリュームゾーンであるゴルフよりも、一回り小さいこのポロは、日本車のヴィッツやマーチといったコンパクトカーと同等のサイズでありながら、その走りや内外装はワンランク上の質感を持った車です。外装はコンパクトながら低くどっしりと構えた安定感のあるデザイン。このクラスの日本車とは違い、かわいさを全面に出している訳ではないため、積極的に選ぶ理由のあるデザインであると言えます。このサイズならではの取り回しの良さもあり、生活の足として日本の道路にもマッチします。

●内装
カジュアルでありながらも、洗練されていて、日本車にはない「しっかり感」を持っています。上位車種とも共通の、ハンドル・レバー類・スイッチ類の、人間工学に基づいた形・配置は見事で、手足に吸い付くような操作感覚です。運転姿勢も自然で見切りも良く、初心者が乗る場合でも不安感は少ないはずです。

●エンジン・走行性能
小さなエンジンではありますが、ボディ自体も小さく、小気味良く走ります。元気の良さを感じさせるレスポンスの良さで、DSGとも非常によくマッチしています。反面、安定感では上位車種に引けを取りますが、日本で乗る限りにおいては高速道路でも怖さを感じることはありません。しかし、やはりこの車が本領を発揮するのはタウンユースで、日常の足として使う分にはよく走ってくれますし、非常に満足感が高いはずです。免許を取ってから初めて乗る車としても、オススメできる車種です。

▼ 話題の運転教材の一覧はこちらをクリック

ボタンをクリックした後、商品をお選び下さい
車の運転のコツ

Shift-UP Club 運転教材の購入ページ

※上記の教材一覧ページは、代金引換・銀行振込のみ対応
(インフォカートの決済には対応しておりません)

▼よくある質問(Q&A)
Shift-UP Clubとは何ですか?
どのような人が運転教材を使っているのですか?
教材はきちんと届きますか?手元に届くのに何日程度掛かりますか?
家族には購入を知られたくないのですが、品物名の記載はどうなりますか?
インターネットでの注文に不安があります。
教材で本当にうまくできるようになりますか?サポートもありますか?

 

●うまく注文できない場合/携帯からの注文の場合

注文フォームでうまく送信できない場合、 またはパソコン環境をお持ちでない場合は、 携帯メール等から下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
冊子申込み


シフトアップクラブ会員登録





[読者の声No.:648]
■ 車を操縦する感覚があり、運転が楽しい
AT車と比べて、車を操縦する感覚があり...
詳しく
[読者の声No.:646]
■ 操作を学んで自分で操る楽しさを

操作に慣れたら、きっと楽しいカーライフに…


詳しく
[読者の声No.:600]
■ クラッチのつながるポイントに苦労~インタビューより
教習を受けたところではマツダのファミリアが教習車だったのですが...
詳しく
[読者の声No.:599]
■ 読者の声・練習会レポート
今回はMT操作全般をやりたいという愛知県のAさん(女性)のレポートです...
詳しく
>> 読者の声のつづきを見る


▼無料で配送! サンプル教材を請求する
車の運転のコツ 教材サンプル はじめての教材購入が不安な方は、無料サンプル教材をお宅にお届けします。教習ワンポイントアドバイス付き。 ※数字は半角、ハイフンなしで入力ください
お名前
Eメール
Eメール再入力
電話番号
郵便番号
都道府県
住所1
住所2

運転のコツ Shift-UP Clubの活動(安全運転の普及・中古車推進)が
NPO法人日本リユース協会に認められました。

スマホで技能教習・運転のコツを見る
車の運転のコツ。初心者・女性向け
<   
◎ 注文受付中

技能教習でS字クランクや方向転換・縦列駐車に失敗したら、教材で挽回しよう

右左折、車庫入れ、坂道発進。難しい運転も教材を使った予習で克服
紹介マンガ

sitemap2.jpg

サイト運営

Shift-UP Club
郵便:114-0003
住所:東京都北区豊島5-4
TEL:03-3919-1696(9:00~17:00)

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
中級者:運転テクニック集
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス
女性専用:女性のための運転動画

運転のコツを確認して苦手克服する練習会
教習所10倍活用ガイド
→女性専用サイト
写真 3-1.PNG
写真 4-1.PNG
→スマホで見る方


ロハス雑誌『Nature』に
Shift-UP Clubが
紹介されました

nature.jpgのサムネール画像
特定非営利団体 NPO法人日本モータースポーツ振興機構
交通事故被害者支援活動への協力
社団法人日本自動車連盟
運転で地球に緑を

写真素材のピクスタ


<教習待合い所ライフ>
電子書籍
カードオブプロレス オンラインゲーム
シネマパラダイスch


<PR>