教習所に通う方、運転の苦手な方向けに練習の仕方とコツを伝授します

イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る

このページは『ツインリンクもてぎ花火大会』の紹介をしています。
シフトアップクラブメンバー4名で、夏休みを利用してツインリンクもてぎへ行ってきました。今回...
▼対象

ツインリンクもてぎ花火大会

シフトアップクラブメンバー4名で、夏休みを利用してツインリンクもてぎへ行ってきました。今回はそのレポートを少々。

お盆の中日に当たるこの日は、年に1回の花火大会の日です。ツインリンクもてぎのサーキットコース内で花火を打ち上げるという臨場感溢れるイベントです。花火大会とあって、基本はサーキット場であるにも関わらず、浴衣姿の方が目立ちました。おいしそうな食べ物を売る出店もたくさん出ています。「ツインリンクって何?」という方のために、まずはツインリンクもてぎの基本情報をどうぞ。

ツインリンクもてぎ(Twin Ring Motegi)は、栃木県芳賀郡茂木町にある自動車レース場である。1997年8月営業開始。四輪のインディカー・シリーズ (IRL)や、二輪の日本グランプリ(もしくはパシフィックグランプリ)が開催されている。なお、「ツインリング」(濁音)は誤り。鈴鹿サーキットを所有するホンダが、国内で2つ目のサーキットとして1980年代に開発を開始し、1997年8月に営業が開始された。1998年には本田技研工業創立50周年記念イベント「ありがとうフェスタinもてぎ」が開催された。
オーバルコースとロードコースの2つのコース(周回路)を併設する、世界でもまれなサーキット施設であり、本田技研工業の100%子会社として作られた。(出典:Wikipedia)


1.jpg上記文章にもありますが、「ツインリンク」の名前の由来は、アメリカのインディ500というオーバルコースのサーキット、そしてF1などでおなじみのテクニカルなコーナーが多いロードサーキットコース、その2つの「リンク」を兼ね備えていることから「ツインリンク」というそうです。ちなみに、インディと言えばアメリカで人気、F1などのロードサーキットはヨーロッパで人気ということで、アメリカ寄りにも欧州寄りにも、どちらにも動けるようなところに軸足を置いています。それが日本らしいとも言えるかも(?)

この「リンク」を囲むようにして出店しているのは、ワゴン販売のお店が多いようです。ホットドック、焼きそばとか、ケバブとか、メロンパンなどの食べ物が並んでいます。もともとレストラン施設も充実しているので、そこのカレーとかハンバーガーなど食べている人もたくさん見られます。


目立ったのは家族連れです、子供の姿をよく見かけました。花火がメインの日ということでしょう。この花火が催されるサーキット入場口付近がメイン会場となっていて、たくさんの人が集まっていますが、ツインリンクもてぎ全体はとても広いです。いかにも「山を切り開いた」という感じがします。その広さのせいもあり、駐車場からそれぞれの施設へはバスで移動します。バスも、各主要な建物を循環するように10分おきで走っているほどです。


サーキット入り口からは少し離れた「ホンダ・コレクションホール」という、ホンダ車のミュージアムのような建物では、3フロアに渡って古い車からレーシングカーまで、様々な展示車を見ることができます。下から順に、年代別の古い車が並び、一番上のフロアではレーシングカーを間近で見られるという形です。

2.jpg3.jpg


車のミュージアムというのは全国にも点在していますが、ここがユニークなのは、車と同じくらいバイクの展示もなされているということでしょう。さすが、バイクの世界でも一流であるホンダというメーカーを感じることができます。実際、スーパーカブから、昔のベンリィなどのモデルも見ることができ、もちろんレーシングタイプの車両も展示されています。


そのほか、面白いと思った展示が2つあります。ひとつは、歴代ホンダ車のエンジン音を聞かせるヘッドフォンが設置されている箇所。昭和の時代の古いバイクから、最近のF1のレーシングカーのエンジンまで、加速するエンジン音を聞き比べることができるようになっているのです。「エンジン命」のメーカーと言えるのではないでしょうか。この日も、ツーリング仲間と思われるグループが、順番にヘッドフォンを回して聞き入っていました。


もう一つは、農業機械などのエンジンや、お祭りでおなじみの発電機なども展示されている点です(ガソリンを燃料にして発電するものです)。一般には馴染みが薄いかも知れない地味な展示ですが、エンジンはいろいろな場面で重要な役割を持った部品であるということが分かります。(ホンダ製かどうかは分かりませんが)日本製の発電機を、政治戦略として北方領土に提供していたという話もあるそうです。元外務事務官の佐藤優氏が著書で語っていたのを思い出しました。


7.jpg他には、レース前のタイヤと、レース後のタイヤ(同じサイズの同じモデル)が並べて展示されていて、1レースでどのくらい磨耗するものなのかを、見ることができる工夫がありました。手に触れてみると、全く弾力が違うことが分かります。レース前のタイヤは、吸い着くような感じがあるのに、レース後のタイヤはツルツルになってしまっています。その隣には、ウイングなどのパーツの効果を確かめられる、風導実験ができる展示もあります。小さなウイング形状の模型を風に当てて、どの向きにするとどのような力が加わるのかを確認できます。
 
ロボットの「アシモ」も展示されています。本当の初期のモデルから順番に10体近くが展示されています。最初の頃は自立歩行させるのがとても難しかったと聞きます。また最新型に比べると、昔のはとても大きいサイズです。最新型は歩くだけでなく、走ることもできるそうです。こういった人間型ロボットのものは、日本が一番進んでいるようで、将来的にはとても有効だと思います。たとえば宇宙開発など。月での作業は遠隔操作でロボットを使うことが有効だそうです。特に人型ロボットが活躍する余地は大きいのではないでしょうか。


ホンダと言えば、一番最近の話題は「インサイト」です。今でこそ、町でよく見かけるようになりましたが、初代インサイトは泣かず飛ばずでした。その初代インサイトもしっかり展示されています。軽くて小さなボディは、悪くないと思いますが、いかんせん、フィット程度の大きさなのに2人しか乗れません。後ろ半分は全てバッテリーが占めています。また不評だったのは、後輪のホイール部分のカバーです。未来的なデザインに見せようとしたのでしょうが、あまり格好が・・・ということで売れ行きは思わしくなかったそうです。でも、きちんとこれらのネガをつぶして、新型インサイトはとてもよく煮詰められたハイブリッドカーに仕上がっています。トヨタに負けず「カイゼン」がなされているようです。インサイトを少しスポーティにしたようなデザインの「CR-Z」も、ハイブリッドスポーティカーとして売れ行き好調なようです。

8.jpgこのコレクションホールのように、本格的なサーキット場らしい展示がある一方で、子供向けとかファミリー向けの体験教室も非常に充実しています。「ファンファンラボ」という建物では、広いスペースで粘土細工などの手作り体験ができるスペースがあり、女性や女の子もたくさん参加しています。ミニ四駆のようなミニカーを走らせるコースがあったり、2階にはホンダ社製の飛行機(プロペラ機)が展示されていて、男の子は釘付け状態です。そういえば、埼玉の上尾にはホンダ飛行場がありますし、ホンダは小型航空機にも積極的なようですね。


また、森の方には、カブトムシやクワガタなどを捕まえることができる、子供が大喜びの施設もあります。思わず「僕の夏休み」というゲームを思い出しちゃいました。全体的に休憩するスペースが非常に充実していて、好感が持てました。いすやテーブルなどが至るところに設けられていて、孫と一緒に来ていると思われる年輩の夫婦などが休んでいました。これが家族連れが多い理由のひとつになっている気がします。


10.jpg今回は残念ながら時間がなく、メインである夜の花火を見ることはできませんでした。聞くところによると、毎年のように花火を楽しみに来ているグループも多いようで、地元では恒例行事のようなものみたいです。確かに、ゆったりシートに座りながら、間近に花火が見られるのは良いでしょうね。
ツインリンクもてぎは、都心からなら、それほど遠くありません。常磐道や東北道を使えば、2~3時間で到着する距離です。レースが開催されていない時でも家族連れで楽しめるようになっている施設ですので、家族サービスやデートなどで訪れてみては如何でしょうか。
ちなみに、個人的には、近くにある「道の駅もてぎ」の農産物直売がおすすめです。都心で買うより安くて美味しいですよ。

運転の苦手を克服する教材

● このページ『ツインリンクもてぎ花火大会』をメールで送る

スマートフォンで見る スマートフォンで見る




このサイトに再訪問される際は 『シフトアップ・クラブ』で検索して下さい

●記事の購読方法はこちらから(RSS)・・・> スマホアプリを使った方法
●ブックマークはこちらから・・・> 

ブックマーク+




▼ 話題の運転教材の一覧はこちらをクリック

ボタンをクリックした後、商品をお選び下さい
車の運転のコツ

Shift-UP Club 運転教材の購入ページ

※上記の教材一覧ページは、代金引換・銀行振込のみ対応
(インフォカートの決済には対応しておりません)

▼よくある質問(Q&A)
Shift-UP Clubとは何ですか?
どのような人が運転教材を使っているのですか?
教材はきちんと届きますか?手元に届くのに何日程度掛かりますか?
家族には購入を知られたくないのですが、品物名の記載はどうなりますか?
インターネットでの注文に不安があります。
教材で本当にうまくできるようになりますか?サポートもありますか?

 

●うまく注文できない場合/携帯からの注文の場合

注文フォームでうまく送信できない場合、 またはパソコン環境をお持ちでない場合は、 携帯メール等から下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
冊子申込み


シフトアップクラブ会員登録


ツインリンクもてぎ花火大会の関連ページ



イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る


▼ 人気の記事



すべての記事を見る(記事一覧)




[読者の声No.:648]
■ 車を操縦する感覚があり、運転が楽しい
AT車と比べて、車を操縦する感覚があり...
詳しく
[読者の声No.:646]
■ 操作を学んで自分で操る楽しさを

操作に慣れたら、きっと楽しいカーライフに…


詳しく
[読者の声No.:600]
■ クラッチのつながるポイントに苦労~インタビューより
教習を受けたところではマツダのファミリアが教習車だったのですが...
詳しく
[読者の声No.:599]
■ 読者の声・練習会レポート
今回はMT操作全般をやりたいという愛知県のAさん(女性)のレポートです...
詳しく
>> 読者の声のつづきを見る


▼無料で配送! サンプル教材を請求する
車の運転のコツ 教材サンプル はじめての教材購入が不安な方は、無料サンプル教材をお宅にお届けします。教習ワンポイントアドバイス付き。 ※数字は半角、ハイフンなしで入力ください
お名前
Eメール
Eメール再入力
電話番号
郵便番号
都道府県
住所1
住所2

運転のコツ Shift-UP Clubの活動(安全運転の普及・中古車推進)が
NPO法人日本リユース協会に認められました。

冊子マニュアル主要配送エリア
東京都 東京23区内、西東京、武蔵野、調布、三鷹、狛江
神奈川県 横浜、川崎
千葉県 千葉、船橋、松戸、柏、川、浦安、習志野、流山、鎌ヶ谷
埼玉県 さいたま、川越、越谷、川口、新座、草加、三郷、入間郡大井町、入間郡三芳町、富士見、八潮、朝霞、戸田、和光、上福岡、蕨、志木、鳩ヶ谷
愛知県 名古屋、春日井、小牧、一宮、犬山、岩倉、瀬戸、尾張旭、西春日井郡
大阪府 大阪、豊中、吹田、摂津、茨木、高槻、箕面、池田、枚方、寝屋川、守口、門真、四条畷、大東、東大阪、八尾、柏原、松原、藤井寺、堺、高石、泉大津
兵庫県 神戸、芦屋、西宮、尼崎
福岡県 福岡、北九州、久留米、古賀、宗像、春日、小郡、粕屋郡、太宰府、大野城、筑紫野
佐賀県 佐賀、鳥栖
全国配送エリア
信越 新潟県,長野県
北 陸 富山県,石川県,福井県
東 海 岐阜県,静岡県,愛知県,三重県
関 西 滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
四 国 徳島県,香川県,愛媛県,高知県
中 国 鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
沖 縄 沖縄県




<教習待合い所ライフ>

ブランド・ファッションレンタル 結婚式パーティーレンタル 電子書籍 ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

このページはツインリンクもてぎ花火大会の紹介をしています。
▲サイトのトップへは「車の運転のコツ」よりお進み下さい
スマホで技能教習・運転のコツを見る
車の運転のコツ。初心者・女性向け
<   
◎ 注文受付中

技能教習でS字クランクや方向転換・縦列駐車に失敗したら、教材で挽回しよう

右左折、車庫入れ、坂道発進。難しい運転も教材を使った予習で克服
紹介マンガ

sitemap2.jpg

サイト運営

Shift-UP Club
郵便:114-0003
住所:東京都北区豊島5-4
TEL:03-3919-1696(9:00~17:00)

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
中級者:運転テクニック集
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス
女性専用:女性のための運転動画

運転のコツを確認して苦手克服する練習会
教習所10倍活用ガイド
→女性専用サイト
写真 3-1.PNG
写真 4-1.PNG
→スマホで見る方


ロハス雑誌『Nature』に
Shift-UP Clubが
紹介されました

nature.jpgのサムネール画像
特定非営利団体 NPO法人日本モータースポーツ振興機構
交通事故被害者支援活動への協力
社団法人日本自動車連盟
運転で地球に緑を

写真素材のピクスタ


<教習待合い所ライフ>
電子書籍
カードオブプロレス オンラインゲーム
シネマパラダイスch


<PR>