教習所に通う方、運転の苦手な方向けに練習の仕方とコツを伝授します

イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る

このページは『Uberの自律自動運転実験車による事故の原因』の紹介をしています。

遠のく自動運転の夢


▼対象
自動運転システム

Uberの自律自動運転実験車による事故の原因

Uberの自律自動運転実験車による事故の原因

机上の計算はリアルワールドでは通用しないことが分かりました。
単に、「現段階の技術では難しいだけであって、近い将来は解決できる」という類のものでは全くありません。もっと根深く、根本的なところで、完全な自動運転は無理なようです。

 

死亡事故を起こしたUberの自律走行車は、「車道を渡る歩行者」を想定していなかった:調査報告から明らかに

アリゾナ州で昨年、道路を横断していた女性をUberの自律走行車がはねて死亡させた事故。そのテスト車両に搭載されていたソフトウェアは、横断歩道以外の車道を渡る歩行者を発見できるようには設計されていなかった──。そんな事実が、当局による事故調査の一環として公開された文書から明らかになった。

今回の新情報は、この事故に関して過去に公開された大量の文書から明らかになった情報のなかで、最も悪質なものである。だが、それ以外にも新しい文書からは、Uberの自律走行車の技術では人間の実際の動き方を考慮できていなかったことが、さまざまな点から示されている。

この文書は、Uberの自律走行車が起こした事故に関する20カ月の調査に関連して、国家運輸安全委員会(NTSB)が11月5日(米国時間)に公開した。NTSBは航空機や大型トラックなどの事故を主に調査する政府の独立安全委員会である。NTSBは事故に関する最終報告書を2週間後に公表する予定だ。

数百ページからなる40部以上の文書には、2018年3月18日に発生した事故の詳細がつぶさに記されている。

この事故では、イレーン・ハーズバーグという49歳の女性がアリゾナ州テンピで暗闇のなか道路を横断していたところ、44歳のラファエラ・ヴァスケスが運転席に乗っていたUberの試験車両にはねられて死亡した。事故当時、この試験車両の運転状況とソフトウェアの状態を監視していたのは、この運転手ひとりだった。事故の1週間後に公表された映像には、衝突間際のヴァスケスが動揺しながら対応する様子が記録されている。

社内の「安全文化」にも問題
新しい文書では、専門家が呼ぶところの「安全文化」という観点から見て、Uberの社内体制に明らかな過失がいくつかあったことが指摘されている。例えば、自律走行車による試験プログラムには運行の安全を管理する部署が存在せず、安全管理者もいなかった。

なかでも目に付いたのが、ソフトウェア関連の問題だ。Uberのシステムは、横断歩道以外の車道を渡る歩行者を発見したり、それに対処したりできるようになっていなかったのである。

また、Uberのエンジニアは誤作動によるアラートの発生を恐れたのか、衝突の危険性を検知してから車両が反応するまでに1秒のタイムラグを設定していた。さらにUberは、ボルボ製の自律走行車に組み込まれていたボルボの衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)のシステムを無効にしていた。

のちにボルボは、自動ブレーキを有効にしていれば、女性に衝突した際には相当に減速していたか、衝突そのものを回避できていた可能性もあると結論づけている。ちなみに複数の専門家は、車両側の自動ブレーキシステムを無効にしたUberの判断は、技術的には理にかなっていると指摘している。同じような機能をもつふたつのソフトウェアを同時に動作させ、車両に“指示”させるのは安全性に問題があるからだ。

車両が女性を発見した時点では、停車するためには十分な時間が残されていた。ところが、車両は時速70kmで彼女に衝突し、23m先まではね飛ばした。こうした事態が起きた理由は、ブレーキのソフトウェアの問題でおおかた説明がつく。

女性の存在を自律走行車が最初に認識したのは、衝突の5.6秒前である。だが、そのとき車両は彼女のことを「自動車」であると誤って認識していた。続いて認識は「その他」に変わったが、再び「自動車」に戻り、「その他」「自転車」「その他」を経て、最終的に「自転車」に落ち着いた。

女性が歩いていたことを車両が認識できなかった理由は、単純だが腹立たしいものだった。Uberは車両に対して、横断歩道以外の車道で歩行者を探すようには指示していなかったのだ。「システムの設計は横断歩道以外の車道を渡る歩行者を考慮していなかった」と、NTSBの「Vehicle Automation Report」には書かれている。

車両は検知した“謎の物体”が何であるのかを推測しようとするたびに、その物体(すなわち横断していた女性)の向かう先を予測する処理を最初からやり直していた。そしてシステムは衝突の1.2秒前になってようやく、車両が女性に衝突すること、ハンドルを切っても回避できないこと、そして急ブレーキをかける必要があることを認識したのである。

その結果、Uberが「動作の抑制(action suppression)」と呼ぶ機能が動作した。システムは「発見した危険の性質」を検証するために1秒間、ブレーキをかけずに待機する結果となったのである。

この1秒間に、運転席に「安全オペレーター」として座っていた男性は“最後の砦”として車両の制御を取り戻し、自分でブレーキを踏むことができたはずだ。しかし、そのとき彼は道路に視線を向けていなかった。車両が衝突0.2秒前に警告音を出して初めて、彼はステアリングを握り、自動運転システムを解除したのである。女性に衝突してから1秒近くたって、ようやくオペレーターはブレーキを踏み込んだ。

チームの組織体制を変更
Uberの広報担当者は、同社が「2018年の事故を遺憾に感じている」としたうえで、自動運転技術部門のAdvanced Technologies Groupが安全プログラムを改善したと強調している。Uberが事故調査の一環としてNTSBに提出した文書によると、同社は事故後20カ月の間に安全運転教育を改善し、各車両に安全オペレーター2名を乗車させるようになったという(Uberは自律走行車の試験をピッツバーグで実施しているが、この11月からダラスでも開始する予定だ)。

さらにUberは安全チームの組織体制を変更し、従業員が匿名で安全上の問題を報告できる仕組みを設けた。「NTSBによる徹底的な調査を深く尊重します」と、同社の広報担当者は語っている。

今回の事故の要因は、もうひとつある。現場付近の道路の構造だ。女性が自転車を押して渡った車道の付近には、一見すると歩行者用につくられたかのように見える通路があった。しかし実際には、最寄りの横断歩道からは110mも離れていた。

NTSBは11月19日、ワシントンD.C.で事故に関する会合を開く予定だ。この会合では調査官が事故に関する包括的な報告書を公表し、何が起き、どのような過失や問題点があったのかを詳しく明かすことになる。また事故調査官は、自律走行車の技術を牽引しているUberなどの企業と規制当局に対し、同じような衝突事故を防ぐ方策について勧告することになる。

事故で亡くなった女性にとっては、一連の動きは遅すぎたことだろう。なお、遺族は事故から11日後にUberと和解している。
引用元 WIRD

 

予測されていた通りの懸念事項が現実となり、それでも開発を進めることこが明言せれています。つまり、IT業界の開発手法である、まずリリースして、不具合はユーザーから吸い上げた上で後から修正を掛ければいい、ということがこれから繰り返されます。自動運転でいう不具合は、死亡事故です。さらには、記事にある通り、自動運転システムにとって、人間も自転車も、等しく「物体」であるということ。命を持つものの重みづけは、かなりセンシティブな議論を経ないと、機能として実装することは難しいでしょう。

従って、当面は、誰もが無人機に殺されるリスクを承諾しない限りは、自動運転車を開発出来ないということ。これは社会的に受け入れられるかどうかは、かなり厳しい予測になると言わざるを得ません。性急に自動運転システムの実現を追い求めるほど、その拙速感から自動運転の普及が遠のいてしまう。このような流れが近年見られます。

リアルワールドで起こり得る事態を、正確に予測して対処する。しかも、人間の本能に沿った動きをすること。これを実現することは、技術者が予想していたよりも、はるかに難しい課題なのかも知れません。

運転の苦手を克服する教材

● このページ『Uberの自律自動運転実験車による事故の原因』をメールで送る

スマートフォンで見る スマートフォンで見る




このサイトに再訪問される際は 『シフトアップ・クラブ』で検索して下さい

●記事の購読方法はこちらから(RSS)・・・> スマホアプリを使った方法
●ブックマークはこちらから・・・> 

ブックマーク+




▼ 話題の運転教材の一覧はこちらをクリック

ボタンをクリックした後、商品をお選び下さい
車の運転のコツ

Shift-UP Club 運転教材の購入ページ

※上記の教材一覧ページは、代金引換・銀行振込のみ対応
(インフォカートの決済には対応しておりません)

▼よくある質問(Q&A)
Shift-UP Clubとは何ですか?
どのような人が運転教材を使っているのですか?
教材はきちんと届きますか?手元に届くのに何日程度掛かりますか?
家族には購入を知られたくないのですが、品物名の記載はどうなりますか?
インターネットでの注文に不安があります。
教材で本当にうまくできるようになりますか?サポートもありますか?

 

●うまく注文できない場合/携帯からの注文の場合

注文フォームでうまく送信できない場合、 またはパソコン環境をお持ちでない場合は、 携帯メール等から下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
冊子申込み


シフトアップクラブ会員登録


Uberの自律自動運転実験車による事故の原因の関連ページ



イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る


▼ 人気の記事



すべての記事を見る(記事一覧)

[読者の声No.:648]
■ 車を操縦する感覚があり、運転が楽しい
AT車と比べて、車を操縦する感覚があり...
詳しく
[読者の声No.:646]
■ 操作を学んで自分で操る楽しさを

操作に慣れたら、きっと楽しいカーライフに…


詳しく
[読者の声No.:600]
■ クラッチのつながるポイントに苦労~インタビューより
教習を受けたところではマツダのファミリアが教習車だったのですが...
詳しく
[読者の声No.:599]
■ 読者の声・練習会レポート
今回はMT操作全般をやりたいという愛知県のAさん(女性)のレポートです...
詳しく
>> 読者の声のつづきを見る


▼無料で配送! サンプル教材を請求する
車の運転のコツ 教材サンプル はじめての教材購入が不安な方は、無料サンプル教材をお宅にお届けします。教習ワンポイントアドバイス付き。 ※数字は半角、ハイフンなしで入力ください
お名前
Eメール
Eメール再入力
電話番号
郵便番号
都道府県
住所1
住所2

運転のコツ Shift-UP Clubの活動(安全運転の普及・中古車推進)が
NPO法人日本リユース協会に認められました。

冊子マニュアル主要配送エリア
東京都 東京23区内、西東京、武蔵野、調布、三鷹、狛江
神奈川県 横浜、川崎
千葉県 千葉、船橋、松戸、柏、川、浦安、習志野、流山、鎌ヶ谷
埼玉県 さいたま、川越、越谷、川口、新座、草加、三郷、入間郡大井町、入間郡三芳町、富士見、八潮、朝霞、戸田、和光、上福岡、蕨、志木、鳩ヶ谷
愛知県 名古屋、春日井、小牧、一宮、犬山、岩倉、瀬戸、尾張旭、西春日井郡
大阪府 大阪、豊中、吹田、摂津、茨木、高槻、箕面、池田、枚方、寝屋川、守口、門真、四条畷、大東、東大阪、八尾、柏原、松原、藤井寺、堺、高石、泉大津
兵庫県 神戸、芦屋、西宮、尼崎
福岡県 福岡、北九州、久留米、古賀、宗像、春日、小郡、粕屋郡、太宰府、大野城、筑紫野
佐賀県 佐賀、鳥栖
全国配送エリア
信越 新潟県,長野県
北 陸 富山県,石川県,福井県
東 海 岐阜県,静岡県,愛知県,三重県
関 西 滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
四 国 徳島県,香川県,愛媛県,高知県
中 国 鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
沖 縄 沖縄県


<教習待合い所ライフ>

ブランド・ファッションレンタル 結婚式パーティーレンタル 電子書籍 ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

このページはUberの自律自動運転実験車による事故の原因の紹介をしています。
▲サイトのトップへは「車の運転のコツ」よりお進み下さい
スマホで技能教習・運転のコツを見る
車の運転のコツ。初心者・女性向け
<   
◎ 注文受付中

技能教習でS字クランクや方向転換・縦列駐車に失敗したら、教材で挽回しよう

右左折、車庫入れ、坂道発進。難しい運転も教材を使った予習で克服
紹介マンガ

sitemap2.jpg

サイト運営

Shift-UP Club
郵便:114-0003
住所:東京都北区豊島5-4
TEL:03-3919-1696(9:00~17:00)

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
中級者:運転テクニック集
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス
女性専用:女性のための運転動画

運転のコツを確認して苦手克服する練習会
教習所10倍活用ガイド
→女性専用サイト
写真 3-1.PNG
写真 4-1.PNG
→スマホで見る方


ロハス雑誌『Nature』に
Shift-UP Clubが
紹介されました

nature.jpgのサムネール画像
特定非営利団体 NPO法人日本モータースポーツ振興機構
交通事故被害者支援活動への協力
社団法人日本自動車連盟
運転で地球に緑を

写真素材のピクスタ


<教習待合い所ライフ>
電子書籍
カードオブプロレス オンラインゲーム
シネマパラダイスch


<PR>