教習所に通う方、運転の苦手な方向けに練習の仕方とコツを伝授します

イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る

このページは『車のメカ知識は必要?不要?』の紹介をしています。

エンジン、バッテリー、チューニングに関わる知識を知っておきましょう


▼対象
メカに詳しくない方

車のメカ知識は必要?不要?

P1060030.JPG

車の免許を取得するまでに、誰もが学科教習の中において、ある程度のメカニズムについて学習します。そして、技能教習の中においても、教習開始時に必ずボンネットを開けてオイルや冷却水のチェックなどの基本的な日常点検を学びます。

ところが、ひとたび免許を取得して、普段から運転するようなドライバーになると、メカニズムはおろか日常点検の仕方すらも忘れてしまうという方がたくさんいます。それでも現在の車は滅多に故障しませんし、メカ知識がなくても全く問題なく運転できてしまいます。では、メカ知識というのは、もはや一般ドライバーにとっては、不要なものなのでしょうか?


★車は免許制の凶器であるという事実

車の運転免許は国家資格の中で最も多くの人が保有するものです。そのためか、なぜ免許制となっているのかを深く考える機会がなかなかありません。決して「操作が難しいから」ではありません。もちろん、教わらないと技術が習得できないからという面もありますが、現在は自動車メーカーの努力によってほとんどの人が特別な技術なくカンタンに運転できるようになっています。一部では自動化も進んでいます。そうではなく、「危険だから」免許制になっているのです。

同じように免許制のものといえば、拳銃が挙げられます。銃器は日本においては、銃刀法によって管理者が登録され、適切に管理運用するよう定められています。

人を殺傷する危険性のあるものは、それを管理する人間が適切に扱う必要があるため、免許制なのです。免許も不要で誰もが自由に凶器を手にすることができる世の中になったら、社会の秩序は保たれなくなるのではないでしょうか。この点では、拳銃であっても、自動車であっても、凶器という意味では同じものです。殺傷能力で言えば、車の方が高いかもしれません。散弾銃などでない限り、小型の拳銃で大多数の人を殺傷するのは難しいですが、車であれば、歩行者の列に突っ込むと大惨事になってしまいます。

*(銃)米国史上最悪の銃撃事件、49人が死亡
*(車)南仏でトラックテロ、80人超が死亡

★「興味がないから」は歩行者にとって恐怖

現在の車はデザインも可愛く、車内はまるで部屋のように広く快適で、ハンドル・アクセル・ブレーキも軽いタッチで効くようになっています。このため、昔の無骨で力が必要だった車と比べると、運転しているという感覚が希薄になっています。日本ではミニバンが大人気である理由のひとつには、「動く部屋」という感覚を持つ人が多いからだと言われています。このため、広くて使い勝手が良ければ、良い車だという評価をされがちで、その結果「動くためのメカニズム」は脇役になります。

メカ知識や日常点検といったものは、まさに「動くためのメカニズム」の部分を看ることであって、多くの方の関心事である「部屋」の部分のことではありません。このため、「とりあえず動けば何でも良い」「そもそも車には興味がない」。その結果、最近の車は故障しにくいこともあり、メカ知識は自分には関係がないし、日常点検なんて誰もしていないから不要だ、と考える方もたくさんいます。

ところが、車というのは、少しでも動く以上は立派な凶器なのです。止まっているだけなら部屋と同じかもしれませんが、動くということは、1トン以上もの塊が加速して慣性力を持つということであり、小型拳銃にも勝るとも劣らない殺傷能力を持つことになります。万が一、ドライバーが操作を誤って歩行者をはねると、重大な衝撃を与えてしまいます。車の衝突の衝撃はなかなかイメージしにくいですが、例えるならばボーリング玉を数十個、同時に歩行者に向かって投げつけるようなものです。

このような凶器である車を管理すべきなのが、運転免許の保有者です。もしもあなたの近所に、拳銃を保管している免許保有者がいて、「興味がないので銃の仕組みはよく知らない」と話していたらどうでしょうか。近所に住むのが怖い、と思うのではなないでしょうか。自動車でも同じです。歩行者にとって、「自分の車だけど興味がないからよく分からない」というドライバーは恐怖です。

この意味でも、「操作だけできれば免許皆伝」という訳ではないのです。その凶器性を理解し、道具としての仕組みを熟知し、しっかりと管理が求められるからこそ、免許制となっている訳です。


★整備士を目指す訳ではないので

メカ知識というと、それを生業にする整備士のレベルまで知らなければいけない、と考える極端な方も中にはいます。もし興味が湧いてきならそれも良いでしょう。しかし、大多数の方に必要なのは、もっと一般的な、ドライバーとして必要最小限の知識です。

知識の範囲でいえば、「教習所で習う学科教習の内容プラスα」です。教習所で習うメカニズムの知識は、範囲としてはカバーされているのですが、いかんせん教科書的で、実戦向きではありません。そして、断片的に学ぶため、全体像が分かりにくいということもあります。このため、すぐに目に見える結果(ハンコ)が求められる技能教習に比べると、いまひとつ熱量を持って取り組まれることが少ないのです。また、全部を同じように学習するため、どれが一番重要なのか、その重み付けも良く分からないという声も聞きます。

一般のドライバーとしてのメカ知識というは、もっとシンプルで、ポイントを絞って知っておけば充分なのです。


★ドライバー目線でのメカ知識とは

すべてのドライバーが知っておくべきなのは、いわゆる「足回り」についてです。足回り、つまりタイヤとサスペンション、ブレーキの知識が大切です。これは、トラブルを未然に防ぐ意味もありますし、運転を上達させる上で不可欠なメカ知識という意味でもあります。

男性に多いのですが、メカを勉強しようとすると、どうしても「パワーアップ」を求めてエンジン周りのことに興味が偏る人がいます。しかし、最も必要なのは足回りの知識です。事故を起こしてしまうか、未然に防げるかは、足回りのメカニズムに拠るからです。

*ほんの少しの知識をつけるだけで車検費用も大幅に安くなります
参考「ユーザー車検マニュアル


また、メカニズムの周辺知識になりますが、ドライビングポジションについても、正確に知る必要があります。これも教習所の知識だけでは充分ではありません。

普段の点検は、最低限タイヤだけでも必ずチェックするようにしましょう。タイヤの点検にかける時間は30~40秒だけです。タイヤの日常点検は、1回の点検時間の長さよりも、点検の頻度の多さが大切なのです。要するに「変化」を点検することが非常に大事なのですね。

mainte_pic1.jpg

ドライバーに必要な、これらのメカニズムに対する理解は、決して難しくありません。どのくらいカンタンかと言うと、シート1枚にまとまるくらいです。しかし、たったこれだけのことを習慣づけるだけで、事故やトラブルに遭う確率を常に低く保つことが出来る上に、メンテナンスに掛かる費用が安く抑えられるのです。ですから、やらない手はありません。

*参考「車の日常メンテナンス

 

運転の苦手を克服する教材

● このページ『車のメカ知識は必要?不要?』をメールで送る

スマートフォンで見る スマートフォンで見る




このサイトに再訪問される際は 『シフトアップ・クラブ』で検索して下さい

●記事の購読方法はこちらから(RSS)・・・> スマホアプリを使った方法
●ブックマークはこちらから・・・> 

ブックマーク+




▼ 話題の運転教材の一覧はこちらをクリック

ボタンをクリックした後、商品をお選び下さい
車の運転のコツ

Shift-UP Club 運転教材の購入ページ

※上記の教材一覧ページは、代金引換・銀行振込のみ対応
(インフォカートの決済には対応しておりません)

▼よくある質問(Q&A)
Shift-UP Clubとは何ですか?
どのような人が運転教材を使っているのですか?
教材はきちんと届きますか?手元に届くのに何日程度掛かりますか?
家族には購入を知られたくないのですが、品物名の記載はどうなりますか?
インターネットでの注文に不安があります。
教材で本当にうまくできるようになりますか?サポートもありますか?

 

●うまく注文できない場合/携帯からの注文の場合

注文フォームでうまく送信できない場合、 またはパソコン環境をお持ちでない場合は、 携帯メール等から下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
冊子申込み


シフトアップクラブ会員登録


車のメカ知識は必要?不要?の関連ページ



イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る


▼ 人気の記事



すべての記事を見る(記事一覧)




[読者の声No.:648]
■ 車を操縦する感覚があり、運転が楽しい
AT車と比べて、車を操縦する感覚があり...
詳しく
[読者の声No.:646]
■ 操作を学んで自分で操る楽しさを

操作に慣れたら、きっと楽しいカーライフに…


詳しく
[読者の声No.:600]
■ クラッチのつながるポイントに苦労~インタビューより
教習を受けたところではマツダのファミリアが教習車だったのですが...
詳しく
[読者の声No.:599]
■ 読者の声・練習会レポート
今回はMT操作全般をやりたいという愛知県のAさん(女性)のレポートです...
詳しく
>> 読者の声のつづきを見る


▼無料で配送! サンプル教材を請求する
車の運転のコツ 教材サンプル はじめての教材購入が不安な方は、無料サンプル教材をお宅にお届けします。教習ワンポイントアドバイス付き。 ※数字は半角、ハイフンなしで入力ください
お名前
Eメール
Eメール再入力
電話番号
郵便番号
都道府県
住所1
住所2

運転のコツ Shift-UP Clubの活動(安全運転の普及・中古車推進)が
NPO法人日本リユース協会に認められました。

冊子マニュアル主要配送エリア
東京都 東京23区内、西東京、武蔵野、調布、三鷹、狛江
神奈川県 横浜、川崎
千葉県 千葉、船橋、松戸、柏、川、浦安、習志野、流山、鎌ヶ谷
埼玉県 さいたま、川越、越谷、川口、新座、草加、三郷、入間郡大井町、入間郡三芳町、富士見、八潮、朝霞、戸田、和光、上福岡、蕨、志木、鳩ヶ谷
愛知県 名古屋、春日井、小牧、一宮、犬山、岩倉、瀬戸、尾張旭、西春日井郡
大阪府 大阪、豊中、吹田、摂津、茨木、高槻、箕面、池田、枚方、寝屋川、守口、門真、四条畷、大東、東大阪、八尾、柏原、松原、藤井寺、堺、高石、泉大津
兵庫県 神戸、芦屋、西宮、尼崎
福岡県 福岡、北九州、久留米、古賀、宗像、春日、小郡、粕屋郡、太宰府、大野城、筑紫野
佐賀県 佐賀、鳥栖
全国配送エリア
信越 新潟県,長野県
北 陸 富山県,石川県,福井県
東 海 岐阜県,静岡県,愛知県,三重県
関 西 滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
四 国 徳島県,香川県,愛媛県,高知県
中 国 鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
沖 縄 沖縄県




<教習待合い所ライフ>

ブランド・ファッションレンタル 結婚式パーティーレンタル 電子書籍 ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

このページは車のメカ知識は必要?不要?の紹介をしています。
▲サイトのトップへは「車の運転のコツ」よりお進み下さい
スマホで技能教習・運転のコツを見る
車の運転のコツ。初心者・女性向け
<   
◎ 注文受付中

技能教習でS字クランクや方向転換・縦列駐車に失敗したら、教材で挽回しよう

右左折、車庫入れ、坂道発進。難しい運転も教材を使った予習で克服
紹介マンガ

sitemap2.jpg

サイト運営

Shift-UP Club
郵便:114-0003
住所:東京都北区豊島5-4
TEL:03-3919-1696(9:00~17:00)

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
中級者:運転テクニック集
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス
女性専用:女性のための運転動画

運転のコツを確認して苦手克服する練習会
教習所10倍活用ガイド
→女性専用サイト
写真 3-1.PNG
写真 4-1.PNG
→スマホで見る方


ロハス雑誌『Nature』に
Shift-UP Clubが
紹介されました

nature.jpgのサムネール画像
特定非営利団体 NPO法人日本モータースポーツ振興機構
交通事故被害者支援活動への協力
社団法人日本自動車連盟
運転で地球に緑を

写真素材のピクスタ


<教習待合い所ライフ>
電子書籍
カードオブプロレス オンラインゲーム
シネマパラダイスch


<PR>