教習所に通う方、運転の苦手な方向けに練習の仕方とコツを伝授します

イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る

このページは『MT車の坂道発進とは?失敗しないコツ』の紹介をしています。

MT車・AT車の坂道発進のコツ、エンスト回避方法、サイドブレーキの引き方を知りましょう


▼対象
MT車で教習中の方

MT車の坂道発進とは?失敗しないコツ

Slope

このページの目次

坂道発進とはそもそも何?
坂道発進の何が難しいの?
失敗すると最悪どうなるの?
AT車は関係なくない?
なぜそんな難しい操作を無くさないの?
家の周りが急坂だけどどうしたら良い?

 


 

・坂道発進とはそもそも何?

教習所の場内で、坂道を通る教習があります。坂道の途中でいったん停止し、その後に再び進み出すというもの。これが坂道発進です。ATコースで受講している方にとって、なぜ坂道の途中で止まるのか、よく意味が分からないかも知れません。

この坂道発進という操作は、主にMT車での操作の習熟を図るという意図があります。なぜなら、MT車では発進操作を正しく成功させないと坂道の途中から発進することができないからです。

教習初期では、平坦な場所を利用してMT車での発進手順を教わります。これで何とか(ぎこちない動きながらも)発進させること自体は多くの方ができるようになります。ところが、一般道では平坦な道だけではなく、坂道の途中に信号があったりして、傾斜のついた路面で発進しなくてはならない場所もたくさんあります。このため、比較的難易度が高くなる坂道での発進も、教習項目として時間が割かれる訳です。


・坂道発進の何が難しいの?

坂道発進の難しさは、何といっても意図に反して車が後ろに下がってしまうことです。これは、MT車ならではの「空走」時間が影響しています。

AT車ならば、車が「空走」する時間というのは基本的にありません。常にエンジンが回転する力がタイヤに伝わっている状態です。信号待ちなどでブレーキを強く踏んでいれば、車は動き出すことはありませんが、この際にもエンジンの回転は僅かながらタイヤまで伝わっているのです。その証拠に少しブレーキペダルを緩めれば、ゆっくりとした速度で動き出します(クリープ現象)。

一方で、MT車では発進操作をするまでは、エンジンの回転する力は、一切タイヤには伝えられていません。完全に遮断された状態です。これは、ギアをN(ニュートラル)にしたり、クラッチペダルを踏んだりすることによって、動力(エンジンの力)が切り離されているからです。通常の発進では、この状態から徐々にクラッチペダルをつないで(半クラッチ)ゆっくり発進していきます。右足ではブレーキペダルから、アクセルペダルへ踏みかえを行います。

これが上り坂の坂道では、ブレーキペダルから足を離した瞬間に、後ろに下がってしまいます。これを避けるために、サイドブレーキを引いて、車をその場に留めておきながら、通常の発進操作を行うと同時にサイドブレーキを元に戻すのです。

この手順は、初めて車を運転する初心者にとって煩雑であるため、難関の項目とされることが多いという訳です。


・失敗すると最悪どうなるの?

坂道発進の失敗パターンはいくつかありますが、最悪は後ろの車(後続車)にぶつけてしまいます。

まずサイドブレーキの引きしろが甘いと、発進操作中に後退してしまいます。また、発進操作がきちんと終わっていないのに、サイドブレーキを元に戻してしまっても後退することがあります。

一番最悪なのは、エンストしてしまうことです。エンストしてしまうと、エンジンが止まって動力が得られないばかりか、ブレーキやハンドルの操作を軽くする油圧系統も止まってしまうため、非常にブレーキやハンドルが効きづらくなります。ここでエンストに焦ったり呆然としてしまって、ブレーキを十分に踏めず、後退してぶつけてしまうのが最悪のパターンです。

坂道発進のコツは、サイドブレーキをしっかり引くこと。そして、サイドブレーキを戻すタイミングをどう測るかということです。この点については、MT車攻略マニュアルで詳細に解説していしますので、ここでは割愛します。

いずれにしても、失敗は心理面のプレッシャーが大きく関わっていますので、これを克服しておくことも肝心です。

MT車攻略マニュアル
クルマ恐怖症に負けない、最強メンタル術


・AT車は関係なくない?

AT車でも坂道発進のコースを通ることがあると思います。基本的にAT車はクリープ現象といって、ブレーキペダルを緩めるだけで前進し始める特徴がありますので、坂道発進に苦しむことはほとんどないでしょう。

しかし、一点知識として知っておきたいのは、AT車であっても坂道発進でエンストする可能性があるということです。クリープ現象が負けてしまうような急坂では、しっかりとアクセルを踏み込まないと車が前進してくれません。ここで怖がって、アクセルをしっかり踏み込めないと車は徐々に後退します。そのままアクセルを弱く踏んだまま(もしくはどのペダルも踏まない状態で)ある程度後退してしまうと、エンストしてしまうことがあります。これは、前進ギア(Dや2など)に入れているにも関わらず、タイヤが後退するという矛盾が引き起こしてしまうエンストです。

このように、AT車でエンストしてしまうと、ドライバー側もエンストを想定していないだけに、余計にパニックになってしまうことが多いので注意が必要です。万が一エンストしてしまったら、後退しないようとにかく強くブレーキを踏むことです。サイドブレーキをいっぱいまで掛けるのも有効です。いざという時に慌てないように、想定しておきましょう。


・なぜそんな難しい操作を無くさないの?

坂道発進は以前から、最初の難関として名を馳せていましたが、慣れてしまえばしっかりサイドブレーキを引くことで対応できるため、それほど問題視はされませんでした。

しかし、近年ではMT車を敬遠する人が増えているのもあり、より簡便なシステムも広まりつつあります。一部のトラックや、新しい乗用車には「ヒルアシスト」などの名称で、坂道発進をサポートする仕組みがついています。これは、ブレーキペダルから足を離してアクセルペダルへと乗せ換えている「空走時間」に、自動的に一時ブレーキを踏んでくれるというものです。これによって、自分でサイドブレーキ引いて坂道発進操作しなくても、通常の平地と同じ感覚で発進操作ができるというものです。

とはいえ、この装置のついていない現存のMT車も多数あるため、免許を取得する段階では、通常の坂道発進操作をきっちりマスターしておくのが良いでしょう。


・家の周りが急坂だけどどうしたら良い?

家の周囲が急坂だらけで、MT車だとエンストが怖い、と考える人は多いようです。確かに、AT車に比べると坂道での心理的負担感はあるかもしれません。

しかし、十分に操作に慣れることで、敬遠するほどの要因にはならないはずです。例えば、山道などのかなりきつい急坂だと、サイドブレーキをいっぱいに引いても、なお坂道発進操作中に、車が下がってしまうことがあります。たまにしかMT車に乗らない場合は、このような場面で焦ってしまうかも知れませんが、通常の発進操作に慣れてしまえば、多少下がっている最中でも問題なく発進操作をすることができてしまいます。

このような習熟度合を得るために大切なのは、通常の発進操作です。平地での発進操作に、十分に時間を割いておけば、どんな坂道であっても問題ないのです。この意味では、教習所で教わる1時限~2時限程度の発進練習では、明らかに不十分です。MT車攻略マニュアルで指南している方法で、平地での発進練習を追加すれば、まずどのような坂道でも悪路でも問題ありません。「エンストしようがない」方法を知ることができますし、「空走時間」を極限まで短くする方法を学びますので、坂道でもサイドブレーキを引かずに発進することも可能になってきます。

部分的な不安だけで、憧れの車を諦めるのではなく、ぜひ運転のスキルを上げる機会だと捉えてみてください。

運転の苦手を克服する教材

● このページ『MT車の坂道発進とは?失敗しないコツ』をメールで送る

スマートフォンで見る スマートフォンで見る




このサイトに再訪問される際は 『シフトアップ・クラブ』で検索して下さい

●記事の購読方法はこちらから(RSS)・・・> スマホアプリを使った方法
●ブックマークはこちらから・・・> 

ブックマーク+




▼ 話題の運転教材の一覧はこちらをクリック

ボタンをクリックした後、商品をお選び下さい
車の運転のコツ

Shift-UP Club 運転教材の購入ページ

※上記の教材一覧ページは、代金引換・銀行振込のみ対応
(インフォカートの決済には対応しておりません)

▼よくある質問(Q&A)
Shift-UP Clubとは何ですか?
どのような人が運転教材を使っているのですか?
教材はきちんと届きますか?手元に届くのに何日程度掛かりますか?
家族には購入を知られたくないのですが、品物名の記載はどうなりますか?
インターネットでの注文に不安があります。
教材で本当にうまくできるようになりますか?サポートもありますか?

 

●うまく注文できない場合/携帯からの注文の場合

注文フォームでうまく送信できない場合、 またはパソコン環境をお持ちでない場合は、 携帯メール等から下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
冊子申込み


シフトアップクラブ会員登録


MT車の坂道発進とは?失敗しないコツの関連ページ



イチオシ記事BEST5★ スタッフおすすめの記事です

No.1 ギアチェンジとは? ・・・・イチオシ!
No.2  エンジンブレーキとは?
No.3 下りカーブではブレーキ?質問・回答より
No.4  クラッチペダルの意味、クラッチとは
No.5 カックンブレーキとは?

すべての記事を見る(記事一覧)

 

スマートフォンで見る スマートフォンで見る


▼ 人気の記事



すべての記事を見る(記事一覧)




[読者の声No.:648]
■ 車を操縦する感覚があり、運転が楽しい
AT車と比べて、車を操縦する感覚があり...
詳しく
[読者の声No.:646]
■ 操作を学んで自分で操る楽しさを

操作に慣れたら、きっと楽しいカーライフに…


詳しく
[読者の声No.:600]
■ クラッチのつながるポイントに苦労~インタビューより
教習を受けたところではマツダのファミリアが教習車だったのですが...
詳しく
[読者の声No.:599]
■ 読者の声・練習会レポート
今回はMT操作全般をやりたいという愛知県のAさん(女性)のレポートです...
詳しく
>> 読者の声のつづきを見る


▼無料で配送! サンプル教材を請求する
車の運転のコツ 教材サンプル はじめての教材購入が不安な方は、無料サンプル教材をお宅にお届けします。教習ワンポイントアドバイス付き。 ※数字は半角、ハイフンなしで入力ください
お名前
Eメール
Eメール再入力
電話番号
郵便番号
都道府県
住所1
住所2

運転のコツ Shift-UP Clubの活動(安全運転の普及・中古車推進)が
NPO法人日本リユース協会に認められました。

冊子マニュアル主要配送エリア
東京都 東京23区内、西東京、武蔵野、調布、三鷹、狛江
神奈川県 横浜、川崎
千葉県 千葉、船橋、松戸、柏、川、浦安、習志野、流山、鎌ヶ谷
埼玉県 さいたま、川越、越谷、川口、新座、草加、三郷、入間郡大井町、入間郡三芳町、富士見、八潮、朝霞、戸田、和光、上福岡、蕨、志木、鳩ヶ谷
愛知県 名古屋、春日井、小牧、一宮、犬山、岩倉、瀬戸、尾張旭、西春日井郡
大阪府 大阪、豊中、吹田、摂津、茨木、高槻、箕面、池田、枚方、寝屋川、守口、門真、四条畷、大東、東大阪、八尾、柏原、松原、藤井寺、堺、高石、泉大津
兵庫県 神戸、芦屋、西宮、尼崎
福岡県 福岡、北九州、久留米、古賀、宗像、春日、小郡、粕屋郡、太宰府、大野城、筑紫野
佐賀県 佐賀、鳥栖
全国配送エリア
信越 新潟県,長野県
北 陸 富山県,石川県,福井県
東 海 岐阜県,静岡県,愛知県,三重県
関 西 滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県
四 国 徳島県,香川県,愛媛県,高知県
中 国 鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県
沖 縄 沖縄県




<教習待合い所ライフ>

ブランド・ファッションレンタル 結婚式パーティーレンタル 電子書籍 ロードオブワルキューレ オンラインゲーム

このページはMT車の坂道発進とは?失敗しないコツの紹介をしています。
▲サイトのトップへは「車の運転のコツ」よりお進み下さい
スマホで技能教習・運転のコツを見る
車の運転のコツ。初心者・女性向け
<   
◎ 注文受付中

技能教習でS字クランクや方向転換・縦列駐車に失敗したら、教材で挽回しよう

右左折、車庫入れ、坂道発進。難しい運転も教材を使った予習で克服
紹介マンガ

sitemap2.jpg

サイト運営

Shift-UP Club
郵便:114-0003
住所:東京都北区豊島5-4
TEL:03-3919-1696(9:00~17:00)

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
中級者:運転テクニック集
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス
女性専用:女性のための運転動画

運転のコツを確認して苦手克服する練習会
教習所10倍活用ガイド
→女性専用サイト
写真 3-1.PNG
写真 4-1.PNG
→スマホで見る方


ロハス雑誌『Nature』に
Shift-UP Clubが
紹介されました

nature.jpgのサムネール画像
特定非営利団体 NPO法人日本モータースポーツ振興機構
交通事故被害者支援活動への協力
社団法人日本自動車連盟
運転で地球に緑を

写真素材のピクスタ


<教習待合い所ライフ>
電子書籍
カードオブプロレス オンラインゲーム
シネマパラダイスch


<PR>