教習所に通う方、運転の苦手な方向けに練習の仕方とコツを伝授します

微速走行

→前記事「断続クラッチとは?
→前記事「断続クラッチのコツ

IMG_2293.jpg
★断続クラッチが失敗してしまう人の共通点
ゆっくりとした速度で行うことが多い、場内での教習科目において、肝となるのが断続クラッチの操作です。なるべく遅い速度を一定に保つのが、理想的な断続クラッチなのですが、いろいろな理由で失敗してしまう人がいます。失敗の直接の理由はさまざまですが、そのような方に共通のことがひとつあります。それは、「正しい発進操作を理解していない」ということです。このような方は、発進するその状況によっては成功することも多いですが、理論的に理解していないため、状況が変わればエンストしてしまうこともあります。つまり、もう発進の項目はマスターしたと思っている人でも、成功率が100%になっていないのです。このため、何度も半クラッチ操作が必要になる断続クラッチで失敗してしまうわけです。

★断続クラッチ中にエンスト
断続クラッチでは、クラッチペダルを踏んでは半クラッチにして、という動作を何度も行います。ここで、クラッチ操作と、その操作の意味を十分に理解していない方の場合、クラッチの動かし方が安定していません。そのため、エンジンが回転し続けるのに必要な状態をキープ(=アクセルとクラッチの調節)できず、結果エンストしてしまいます。

これは、単純にクラッチ操作がきちんと覚えられていないというだけではなく、S字クランクや転回などで、ハンドル操作や安全確認に注意がいってしまい、ペダル操作の安定性が削がれてしまうというケースもよく見受けられます。


★断続クラッチ中に急発進やガクガク走行
断続クラッチで微速を保とうとしている時に、アクセルペダルの扱いに迷う人は多いようです。そして、このタイプの方は、急発進やガクガクした走行をしてしまう傾向があります。MT車の発進では、クラッチペダルとアクセルペダルという2つのペダル操って車を進める訳ですが、それぞれのペダルの意味と動かし方について、頭の中で整理できていないために起こってしまう失敗です。クラッチ操作だけでなく、アクセルとの兼ね合いをきちんと理解しておくべきです。


★「クラッチのタイミングが違う」と怒られる

断続クラッチをしている間、まるでメトロノームのように、決まったリズムで半クラッチにする方がいます。担当する教官によっては、この操作に対して叱責される場合があります。なぜなら、クラッチを操作するタイミングは、あくまで(ゆっくりとした)速度を一定に保つために決めるべきだからです。貧乏ゆすりのように一定のタイミングがクセになってしまうと、傾斜がついた道路や路面状況が悪いところなどでは、一定の速度で走れなくなってしまう訳です。

速度が落ちて、車が停止してしまうタイミングでクラッチ操作するのでは遅すぎますから、速度が僅かに落ち始めたら半クラッチで速度を乗せてあげるというイメージが良いでしょう。


★マスターするには
先述したように、無駄なく一定速度を保つための断続クラッチをするには、発進操作のマスターが不可欠です。そして、発進操作を完全にマスターするには、体感的にクラッチの操作や車の動きを覚えるだけでは不十分で、理論理解が必須になります。すでに発進操作を体で覚えていて、8割がた成功できるという人でも、100%でなければ数十回に1回はエンストする可能性がある訳です。この、たまたまの失敗が検定の時に起これば減点ですし、路上教習中に大きな交差点で起これば周囲の車に迷惑を掛けることになりかねません。

きちんと理論を理解するには、どうしても教習所の技能時間内では足りませんし、学科教習では運転技術の理論についてはほとんど教えてもらえません(法規の理解が優先されるため)。従って、Shift UP Clubの運転教材で自習することをお勧めします。自習のために作れていますので、ひとりで理論を学ぶことが可能です。

 

▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

mt_coverpage1.jpg mt車攻略マニュアル

MT車・AT車に関するこちらの記事も合わせてお読み下さい。

 

→前記事「断続クラッチとは?

断続クラッチのコツ

断続クラッチは、クラッチの仕組みをきちんと理解すれば、必要最小限の時間で済みます。実際の公道では断続クラッチが必要は場面はほとんどありません。クラッチをつないだままの状態で大抵の操作は可能であり、クラッチを踏むのは停止する場合だけで済むようになります。


★教習中の方
教習中に断続クラッチ(及びそれが必要になるかどうかを判断すること)を完全にマスターするのは難しいものです。なぜなら半クラッチとその応用操作を学ぶ時間が非常に短いからです。多くの教習生は、低速走行時に「なんとなくエンストしそうで怖いから」という理由でクラッチを踏み、せっかく半クラッチにして車が発進しても、その発進のガクガクした動作に驚いてクラッチペダルを踏んでしまうという状況が見られます。

これは無理もないことで、教習所に通っている間は、いつどうなるとエンストしてしまうのかを、理論的・体感的に解明する時間が取れません。そこで、教習中の方は、半クラッチの位置を覚える意味でも、車が僅かに動いたら、すぐにまたクラッチペダルを踏んでしまうという操作を繰り返すと良いでしょう。これは最善の操作ではありませんが、エンストして減点になるよりはましですし、半クラッチを繰り返すことで、体感的な経験を増やしておくことは悪くないからです。

★免許を取った方
免許を取得して、MT車で練習できるようになった方は、MT車攻略マニュアルで、微速走行について学ぶことをお勧めします。多くの方が怖がるエンストですが、エンストするには一定の条件があり、それを満たさない限り何をやってもエンストはしません。これをしっかり理解して練習すると、微速走行にもバリエーションを持つことができ、縦列駐車などの微速走行が必要なときはもちろん、渋滞や信号の発進停止が多い場所でも、まったく負担感なく運転することが可能になるのです。MT車攻略マニュアルでご紹介している運転方法を習慣にしている方からは、「AT車に乗っていた頃よりも渋滞での発進停止がラクだ」という報告を良く頂きます。AT車は右足でブレーキペダルを強く踏んでおく必要があるため、少し油断すると信号が変わっていないのに、クリープで前に進んでしまうことがあります。MT車では完全に休めますし、発進停止のバリエーションを身につければ、体の一部に負担が集中することはありません。


→次ページ「断続クラッチの失敗例

 

▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

mt_coverpage1.jpg mt車攻略マニュアル

MT車・AT車に関するこちらの記事も合わせてお読み下さい。

 

教習所でのブレーキ・カックンブレーキとは
車を停止させる瞬間に、ガクンという急激な揺り戻しが発生することを、俗にカックンブレーキなどと言います。ブレーキを掛けると車は基本的に「前のめり」の姿勢になります。ブレーキを強く掛けるほど、この姿勢は顕著になります。そして、車は完全に停止させると、車の姿勢がフラット、つまり地面と平行になります。この姿勢変化がいわゆる「揺り戻し」ですが、この揺り戻しの速度が急になってしまうと「カックンブレーキ」になります。したがって、強いブレーキを掛けた時ほど、カックンブレーキの衝撃も大きくなります。
カックンブレーキとは?


・何度もカックンブレーキが続くと?
「カックンブレーキであっても、事故さえ起こさなければ問題ないじゃないか」と考える人もいるかも知れません。確かに、一人で運転している分には、何も気にならないかも知れません。しかし、もし同乗者がいれば気をつけた方が良いでしょう。

赤信号で停止する度に、このようなカックンブレーキが続けられると、同乗者はたまったものではありません。一般的に、(同乗者が)自分のイメージと異なる動きが続くと、車酔いにつながると言われます。そして、その動きの変化が大きいほど車酔いにつながりやすいのです。カックンブレーキは、まさにこの大きな動きの変化となりますので、車酔いしやすい人の場合は、短距離でも酔ってしまうでしょう。

他方で、サスペンションや足回りの消耗を早める恐れもあります。急激な車体の姿勢変化は、足回りと呼ばれる一連のパーツで機械的(一部電子的)に制御されています。したがって、大きな姿勢変化を日常的に繰り返していると、そうでない車よりも当然、消耗が早まると考えられます。同乗者へのいたわり、車へのいたわりという面で、カックンブレーキにならないよう気をつけましょう。


・なぜ下手だと言われがちなの?
車の運転においては、(二種免許でなくても)同乗者が車酔いしてしまうような急な動きは、「運転が下手だ」とされがちです。車酔いまでいかなくても、同乗者が不快に感じるような揺れは、できる限り避けるのがドライバーの務めです。

教習所では、「急発進、急ハンドルは避けましょう」と習うはずです。そして、カックンブレーキは、方向性が異なるだけで、急発進、急ハンドルと本質的に同じなのです。急発進、急ハンドルをするドライバーは決して上手だと言われないのと同様に、毎回カックンブレーキで停止する人は上手だとは言われません。


・どのように気を付ければ良いの?
カックンブレーキをなくすようにするには、まず「Gを意識した運転」を心がける必要があります。車の運転においてしばしば「G」という言葉が使われますが、荷重変化のことを指すことが一般的です。正確には、加速度変化のことを示します。

タイヤがついた乗り物には、基本的にこの「G」と、もうひとつ「摩擦円」という概念がついて回り、Shift-UP Clubの各教材でも重点的に解説しています。特にGという概念をきちんと理解し、自分の運転に反映させることが、上手な運転の秘訣です。これは、従来の車のみならず、電気自動車であろうが、ハイブリッド車であろうが、燃料電池車であろうが同じです。タイヤで走る乗り物である限り、この概念からは逃れられません。また、特にMT車においては、変速時のスムーズさに密接に関わってきますので、「MT車攻略マニュアル」「公道に応用するスポーツドライビング」等で学ぶことをお勧めします。

簡単にイメージできる方法としては、助手席の同乗者がコックリ、コックリと居眠りしている状況を思い浮かべます。その同乗者の方の「頭」は、アクセルやブレーキ、ハンドルといった操作をする度に、グルグルと動くはずです。この同乗者の頭がスムーズに動くように気を付けて運転してみましょう。

先に触れたように、Gとは摩擦円という概念と密接に結びついており、特にカーブの多い山道などでは、この一連の概念への理解があるかないかが、運転に如実に現れます。上手で丁寧な運転には欠かせない概念ですし、運転というものは、ひとたび独自の癖がついてしまうとなかなか矯正できないものです。したがって、なるべく早い段階で体系的に学習することをお勧めします。

断続クラッチの例 0:30付近~



断続クラッチ

・そもそも何のこと?部品の名前?

断続クラッチとは、MT車における操作方法のひとつです。部品の名前ではありません。左足で操作するクラッチペダルの、動かし方についての名称です。

操作方法の特徴としては、言葉のとおり「断続的」にクラッチペダルを動かすことです。断続的に、ペダルを踏んだり、離したりという動作を、小刻みに繰り返す訳です。

MT車では普通、クラッチペダルの踏み方は「一気に踏み、ゆっくり戻す」というのが大半ですので、このように断続的に踏むことはさほど多くありません。従って、特にこの操作方法のことを「断続クラッチ」と言って区別している訳です。
※他にも「半クラッチ」という名の操作方法もあります。


・難しいの?

断続クラッチは、覚えるまではやや難しく感じるかも知れません。しかし、半クラッチを覚えた後であれば、それほど難しく感じることはないでしょう。

場面に応じて、半クラッチ後に完全にペダルから足を離し、すぐにまたクラッチペダルを踏むという方法と、半クラッチ状態にした後すぐにクラッチペダルを踏むという方法と2種類が使い分けられます。ごく低速の場面では後者が使われます。

このように、連続して半クラッチを繰り返すような操作であることから、半クラッチを完全に覚えるまでは難しく感じられることでしょう。


・断続クラッチは、どんな時に必要なの?

断続クラッチは、ごく低速の場面で必要になります。イメージとしては、人がゆっくり歩くような速度で走るには断続クラッチが必要になるでしょう。

具体的には、教習所でいうS字・クランクなどの狭路、または方向転換や縦列駐車といった、非常に低い速度で走ることが求められるシーンで必要になります。

この断続クラッチを早いうちに覚えておかないと、上記のような場面で困ります。なぜなら、狭路でもバック操作でも、多忙なハンドル操作を伴うから低速で走る訳なので、ペダル操作に不安要素があれば、当然ハンドルにも影響が出てきます。


・AT車には無くていいの?

AT車では断続クラッチ操作はありません。クラッチペダル自体がありませんので、当然と言えば当然です。

その代わりに存在するのが、クリープ現象です。AT車ではブレーキペダルを緩めるだけで動くクリープ現象がありますが、このときのブレーキ操作によって、AT(オートマチック・トランスミッション)の内部では、断続クラッチに当たる操作が自動で行われています。

※正確には液体で動力伝達がコントロールされていたりして、MT車の仕組みとは異なります。また車種によって機構も異なります。

AT車で、S字・クランクなどの狭路や方向転換・縦列駐車に挑む時は、ブレーキを緩めて車が動き出すあたりを探って、低い速度で進めるように練習しましょう。


・代わりの方法はないの?

実際の走行シーンでは、断続クラッチを使う場面は滅多にありません。

よく、渋滞などでの断続クラッチが「難しい」「面倒臭い」ということで、免許取得後にAT車を選ぶ方がいますが、実は渋滞ではほとんど断続クラッチは不要なのです。

その代わりによく使われるのは、発進操作を行ったのち、「どのペダルも踏まない」という走法です。MT車では、ひとたび発進すれば、どのペダルも踏まないでいる状態をキープすることができます。車の動きとしては(傾斜や路面状態によりますが)、人が歩く程度の速度でゆっくり進み続けます。

この方法を使うと、低速で動く渋滞でも楽に周囲の車の流れに乗ることができます。多少、前車の速度が上がれば、ゆっくりアクセルを踏めば良いですし、逆に前車の速度が下がってきたら、少しブレーキを踏んでも大丈夫です。

なお、この走法では登り勾配や砂利などの路面では止まってしまうことがある点に留意してください。

発進時や停止時、どの程度までエンストせずに走行できるのかといった、渋滞での走法について。また・断続クラッチをマスターするキモとなる半クラッチの練習方法など、
詳しくは「MT車攻略マニュアル」で解説しております。宜しければご参照ください。


→次ページ「断続クラッチのコツ

 

▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

mt_coverpage1.jpg mt車攻略マニュアル

MT車・AT車に関するこちらの記事も合わせてお読み下さい。

 

 

V6010102.JPG

微速走行とはつまり、ゆっくり走ること。S字やクランク、狭い路地、渋滞中、はたまた信号での右折待ちなど、微速走行が必要なシチューエーションというのは路上に出ると意外と多いものです。これをマスターするステップは、AT車とMT車で大きく異なります。

 

まずAT車での注意点は、ブレーキペダルを離してクリープ現象で進むことです。この時、やわらかいペダル操作を心がける必要があります。急にペダルから足を離すのではなく、ゆっくりスムーズに離します。

このペダルの丁寧さが、スムーズな発進のコツです。そして微速走行中も、ブレーキペダルに足を軽く乗せておき、いつでも状況に応じて止まることが出来るようにします。微速走行から完全に停止するときも、急にブレーキペダルを踏み込むのではなく、スムーズにペダルを押さえるように速度を落としていきます。車が完全に停止する寸前で、少しだけ緩める(ペダルを上げる)ようにしましょう。これで停止時のショックを和らげることができます。

MT車の場合は、半クラッチの使い方がコツです。断続クラッチと呼ばれたりしますが、この断続クラッチという名前が意外と勘違いされやすいのです。言葉の響きからすると、半クラッチ操作を断続的に行う(つまりクラッチを切った状態と、半分つないだ状態を断続的に行う)ことのように思えますが、必ずしもそうではありません。出したい速度に応じて、クラッチをつなげたままのときもあれば、切ったままのときもあります。またその最中にブレーキを踏むかどうかによっても動きは異なり、バリエーションがあります。

どのような状況のときに、どのようなクラッチ操作が必要になるのか、事前にイメージすることには大きな意味があります。詳しくはMT車攻略マニュアルをご確認下さい。


微速走行(断続クラッチ)の例 0:30付近~



▼ 話題の運転教材の一覧はこちらをクリック

ボタンをクリックした後、商品をお選び下さい
車の運転のコツ

Shift-UP Club 運転教材の購入ページ

※上記の教材一覧ページは、代金引換・銀行振込のみ対応
(インフォカートの決済には対応しておりません)

▼よくある質問(Q&A)
Shift-UP Clubとは何ですか?
どのような人が運転教材を使っているのですか?
教材はきちんと届きますか?手元に届くのに何日程度掛かりますか?
家族には購入を知られたくないのですが、品物名の記載はどうなりますか?
インターネットでの注文に不安があります。
教材で本当にうまくできるようになりますか?サポートもありますか?

 

●うまく注文できない場合/携帯からの注文の場合

注文フォームでうまく送信できない場合、 またはパソコン環境をお持ちでない場合は、 携帯メール等から下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
冊子申込み


シフトアップクラブ会員登録





[読者の声No.:648]
■ 車を操縦する感覚があり、運転が楽しい
AT車と比べて、車を操縦する感覚があり...
詳しく
[読者の声No.:646]
■ 操作を学んで自分で操る楽しさを

操作に慣れたら、きっと楽しいカーライフに…


詳しく
[読者の声No.:600]
■ クラッチのつながるポイントに苦労~インタビューより
教習を受けたところではマツダのファミリアが教習車だったのですが...
詳しく
[読者の声No.:599]
■ 読者の声・練習会レポート
今回はMT操作全般をやりたいという愛知県のAさん(女性)のレポートです...
詳しく
>> 読者の声のつづきを見る


▼無料で配送! サンプル教材を請求する
車の運転のコツ 教材サンプル はじめての教材購入が不安な方は、無料サンプル教材をお宅にお届けします。教習ワンポイントアドバイス付き。 ※数字は半角、ハイフンなしで入力ください
お名前
Eメール
Eメール再入力
電話番号
郵便番号
都道府県
住所1
住所2

運転のコツ Shift-UP Clubの活動(安全運転の普及・中古車推進)が
NPO法人日本リユース協会に認められました。

スマホで技能教習・運転のコツを見る
車の運転のコツ。初心者・女性向け
<   
◎ 注文受付中

技能教習でS字クランクや方向転換・縦列駐車に失敗したら、教材で挽回しよう

右左折、車庫入れ、坂道発進。難しい運転も教材を使った予習で克服
紹介マンガ

sitemap2.jpg

サイト運営

Shift-UP Club
郵便:114-0003
住所:東京都北区豊島5-4
TEL:03-3919-1696(9:00~17:00)

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
中級者:運転テクニック集
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス
女性専用:女性のための運転動画

運転のコツを確認して苦手克服する練習会
教習所10倍活用ガイド
→女性専用サイト
写真 3-1.PNG
写真 4-1.PNG
→スマホで見る方


ロハス雑誌『Nature』に
Shift-UP Clubが
紹介されました

nature.jpgのサムネール画像
特定非営利団体 NPO法人日本モータースポーツ振興機構
交通事故被害者支援活動への協力
社団法人日本自動車連盟
運転で地球に緑を

写真素材のピクスタ


<教習待合い所ライフ>
電子書籍
カードオブプロレス オンラインゲーム
シネマパラダイスch


<PR>