教習所に通う方、運転の苦手な方向けに練習の仕方とコツを伝授します

自宅が教習所!?

ハイビームとロービーム

夜間にライトを点灯する際に、オートライトによって自動点灯する車が増えてきました。照度センサーによって、周囲が暗くなると自動的にヘッドライトが点灯するというのもです。また、上向きと下向き(ハイビームとロービーム)を自動的に切り替える仕組み(アダプティブ・ハイビーム)も増えてきました。対向車の有無などをセンサーが判断して、ライトの上向きと下向きを切り替えるものです。

しかし、法律上では上向き(ハイビーム)が基本であり、下向き(ロービーム)は相手を気遣うマナーであるという扱いです。これが、勘違いも相まってなかなか徹底されていません。下記の記事をご覧ください。

 

【栃木】夜間ハイビーム54%どまり…「他の車に迷惑」

栃木県警が、夜間運転でのヘッドライトの上向き使用(ハイビーム)についてドライバーに行った意識調査で、「原則ハイビーム使用」を「知っている」との回答が7割を超えたにもかかわらず、実際に行っている人が5割あまりにとどまっていることがわかった。

実践しない理由では「まぶしくて他の車に迷惑をかけるから」との回答が多かった。

道交法では、他の車に影響しないよう、こまめにロービームなどに切り替えるとされているが、県警は「多くのドライバーが『常時』ハイビームと誤解している」とみて、さらに広報活動を進めることにしている。

調査は、県警交通企画課が今年8月、運転免許を更新したドライバーを対象に実施。男性578人、女性422人の計1000人から回答を得た。県警の広報活動「ハイビーム大作戦」が昨年4月にスタートしてから1年半となるのに合わせ、発表した。

調査の結果、夜間の自動車運転時は「原則ハイビーム使用」とされていることを「知っている」とした人は76・2%に上った。

一方、「夜間にハイビームで走行している」人は54・1%にとどまり、40%は「あまり、もしくはほとんど実践していない」とした。

実践していない人に理由を問うと、56・3%の人が「まぶしさで迷惑をかける」ことを理由に挙げた。

結果について、県警の福原泉・交通部長は「『原則ハイビーム』がおおむね周知されていることは良いこと」としながらも、「『常時ハイビーム』と誤って認識している人が多い」と指摘。

「ハイビームとロービームをこまめに切り替える必要性を、粘り強く訴えていきたい」としている。

県警はドライバーへの意識調査と並行して、今年9月末から10月上旬に県内の国道や県道8か所で、夜間にハイビームで走行している車の台数を調査した。

同様の調査は、昨年4月の「ハイビーム大作戦」開始時から半年ごとに実施しており、今回で4回目。

調査の結果、先行車も対向車もない状態で走行した車1129台のうち、ハイビームを使用していたのは116台。

ハイビーム使用率は10・3%で、今年4月の前回調査(7・9%)から2・4ポイント上昇し、過去4回の調査で最も高かった。

特に、県道氏家・宇都宮線(通称・白沢街道)では、昨年4月の調査では0%だったが、今回は11・0%まで上昇した。

県警交通企画課の星野健一次長は「『原則ハイビーム』について、一定の周知効果が表れている」とする一方、「実際にハイビームを使用してもらうまで、まだまだ隔たりがある。

正しくハイビームを使用してもらうことで交通事故防止につながることを、引き続き呼びかけていきたい」と話している。

2018年10月20日 10時00分
引用元;読売系
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181019-OYT1T50040.html

 

 

●ハイビーム活用
夜間の走行では、ハイビーム(ライト上向き)が基本です。しかし、何も考えずにロービーム(ライト下向き)にしたまま、という方も多いようです。しかし、ロービームというのは、別名「すれ違い前照灯」と呼ばれる通り、対向車とすれ違う場合に対向車が幻惑されないように使用するライトです。従って、ロービームは常用すべきではありません。

警察も、なるべくハイビームとロービームをこまめに切り替えて使用し、安全を確保するように呼びかけていますが、なかなかその実効性が周知されません。明度が不足する夜間は、視界の確保にとってライトの光が命綱です。少しでも遠くを照らすことが絶対に必要なのですが、対向車や歩行者への気遣いなどから、市街地では一切ハイビームを使わない、などという方もいます。

では、どのような基準でハイビームとロービームを切り替えれば良いのでしょうか。まずは、ハイビームにしてみて、その照射範囲を確認してみましょう。およそ100m先まで照射することができるハイビームですが、照射範囲の上端が照らせる範囲で最も遠い部分です。このハイビームの照射範囲内に、対向車や自転車、歩行者がいたら、その時点でロービームに切り替えましょう。

ロービームでは、約40m先まで照射できるとされています。この照射範囲の上端が約40m先になります。もしこの照射範囲から、前走車が外れたら(先に進んだら)、もしくは歩行者や自転車がいなくなったら、すぐにハイビームに戻しましょう。

つまり、基本はハイビーム。その照射範囲内に車、自転車、歩行者がいたらロービームにする。ロービームの照射範囲内から車、自転車、歩行者がいなくなったらすぐにハイビームに戻す。これによって、事故の確率を減らすことが可能になります。

電動自転車による事故

充電したバッテリーを動力の一部とする電動自転車の事故が増えています。当サイトではたびたびその危険性を指摘していますが、自分の子供を犠牲にする痛ましい事故も全国で発生しています。下記のニュース記事をご紹介します。(右図はイメージで、本事故と無関係です)

 

 

【神奈川】抱っこひもで電動自転車、傘が挟まり転倒 1歳児死亡 保育士の母親(38)を書類送検

電動自転車で走行中に転倒し、抱っこしていた当時1歳4カ月の次男を死亡させたとして、神奈川県警は14日、横浜市都筑区の保育士の母親(38)を過失致死の疑いで書類送検した。県警への取材でわかった。専門家や業界団体は、乳幼児との同乗はバランスが不安定になりがちだとして注意を促している。

県警都筑署によると、母親は7月5日午前8時25分ごろ、同区の市道で、次男を抱っこひもで前に抱え、左手首に傘を提げた状態で電動自転車を運転。過失によって転倒して次男の頭を強く打ち付け、死亡させた疑いがある。雨が降っていて母親はかっぱを着ていたが、提げていた傘が自転車のフレームと前輪の泥よけの間に挟まったことで、ハンドルが動かなくなり、転倒につながったと署はみている。

母親は前部の幼児用座席に事故当時2歳だった長男を乗せ、次男とともに保育園に送り届ける途中だった。ヘルメットをかぶっていた長男にけがはなかった。自転車は前後に幼児用座席が取り付けられ、幼児2人を乗せる安全基準を満たしていたが、後部席には荷物を置いていたという。(安藤仙一朗)

2018年9月15日05時00分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL9C5FHHL9CULOB019.html

 

 

自転車は専用設計の自転車(二人乗り自転車など)を除いては、同乗者のことを考えて設計されていません。アフターパーツで、いわゆるママチャリの後部座席(または全部席)を設けるための小型キャビンが販売されていますが、自転車メーカーにとっては想定外のものです。一部の自転車メーカーでは、最初から子供用キャビンを備えた設計のものもありますが、これも本来は積極的に設計したものではなく、危険を冒してまでの需要が多すぎたために法律スレスレに新開発したに過ぎません。

最大の問題点は重量バランスです。自転車の性質上、乗員スペースは一人しかないので、それ以外の客室・積載スペースを設けるとなると前後の上部しかありません。すると、腰高でいびつな重量バランスとなり、転倒の危険性が一気に高まります。それでも荷物を載せるのならばまだしも、大切な子供の命を乗せる訳であり、それを運転するのが多くの場合女性であることを考えるとあまりにもリスクが高いものです。

真っすぐ走るだけなら安定するかも知れませんが、道路上には段差も意図しない急カーブやクランクもありますし、雨天時は滑りやすいマンホールやグレーチングもあり、手押しで登る歩道橋もあります。こうした場面で子供を高い位置に乗せるのは、多大なリスクを冒すことになります。さらに買い物袋を手で持っていたり、上記ニュースのように、傘を手で持っていたりと、そのリスクの大きさを認識していない方が多いのが大きな問題です。

車を運転するドライバーからすると、転倒して車道側に倒れてくることを前提として、待つなり追い越すなりしないと危険です。特に子供や多くの荷物を携えている自転車には注意するようにしましょう。


電動自転車を追い越す時は要注意

電動自転車は危険?路上運転時は注意しましょう

安全運転に自信を持っているプロドライバーの方でも、事故対応の経験

jikotaiou.jpg

が豊富なケースは意外と少ないものです。

 

無事故の期間が長い安全運転のドライバーほど、事故に対応する頻度が少ないので、当然と言えば当然ですが、意外な落とし穴もあります。

自分が加害者になってしまった場合だけでなく、自分が完全な被害者になった場合でも、事故対応の巧拙によってその後の経過が大きく異なってきてしまいます。そのことがよく分かる体験談がありましたので、その記事をご紹介します。

 

●警察を呼ばずに「交通事故」を処理、あの日への後悔…軽微な事故でも「示談書」は必須

 

修理費用を全額支払ったのに、「示談書」を相手が書いてくれないーー。そんな相談が、弁護士ドットコムの法律Q&Aに寄せられた。相談者によれば、「私の自転車と相手の車で接触事故」があったものの「本当に軽微な事故だったので、警察は呼んでいません」。その判断ミスがトラブルの始まりだった。

相談者は、自身の無理な運転が原因だったとして、「こちらが全額、車の修理費を払う約束をしました」。相手から送られてきた修理見積書の金額を振り込む際に、「保険を使って支払うので、必要書類を送って」と依頼すると、車検証のコピーなどはすぐに送られて来た。

ところが振り込み後、いくら連絡しても示談書が届かないのだという。相手は「いま出張中」「今日発送します」と言い訳をしたり、メールや電話で居留守を使ったりして、逃げ続けている。保険の支払いに必要な示談書を提出できないため、保険もおりていない。

このようなケースでは、相手から追加請求がくるなどの事態も想定されるのだろうか。「軽微な事故」であっても警察への通報、示談書は必ず交わすべきなのだろうか。交通事故に詳しい五十嵐亮弁護士に話を聞いた。

●警察に通報→示談書を
「『軽微な事故』と思っても、自分の判断で解決しようとせず、警察や保険会社にきちんと連絡することが必要です。『あとでよく見たら違うところにも傷があった』とか、『帰宅したら首が痛くなった』として請求されることはよくある話です。

そのようなことでトラブルにならないように示談書が必要となります。相談者の方も、最初に示談書を作成すれば、今のようなトラブルには発展しなかったはずです」

では本来、どのように対応すれば良かったのか。

「事故を起こしてすぐにやるべきなのは、(1)警察に通報 (2)交通事故証明書の発行 (3)車両の傷の写真撮影、の3点です。

最初にするべきこととして、(1)警察への通報はすぐにわかることと思います。警察官を呼ぶことで、交通事故の日時、場所、当事者名等を証明する(2)の交通事故証明書を作成してもらうことができます。

保険会社から保険金を支払ってもらったり、保険会社の示談代行サービスを利用したりする場合には、交通事故証明書が必要となりますが、警察に交通事故があったことを通報しないと発行されません。

次に、修理代金についても適正な金額か否かを確認するために、(3)車両の傷の写真を撮影してください」

●「清算条項」は必須
その後の手続きは、どう進めることになるのか。

「写真と見積もりを照らし合わせ、事故と関係ない箇所の修理代金まで含まれていないかどうか確認し、支払うべき修理代金を確認します。そして、最終的に確認された損害額(修理代金)および清算条項(『示談書に定めるほか互いに何も請求しない』ことを確認する条項)などを盛り込んだ示談書を2通作成し、それぞれ互いに署名・押印し、1通ずつ持ち合います。

清算条項を定めることで、示談成立後に追加請求をすることができなくなりますので、無用のトラブルを防ぐことができます」(後略)

引用元;弁護士ドットコムニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15051333/

 

●事故対応は保険会社への連絡から

はじめて事故に遭ってしまうと、ひどくパニックに陥ってしまう方が多いでしょう。

とにかく大切なことは、まず冷静になることです。気が動転したまま物事を進めようとすると、さらなる大きな事故を招いてしまったり、上記の記事のように思わぬ展開へすすんでしまうこともあります。

一番最初に行うべきことは、怪我人の救護と安全確保です。その後、どこに連絡すれば分からないという場合は、まず自分が加入してる任意保険会社に連絡しましょう。保険会社の担当者は事故対応のプロですので、これから必要な行動を教えてくれます。

事故の大小や、被害の大きさなどを自分で判断するのは避けましょう。自分が加入している保険会社に連絡することによって判断ミスしてしまうことを防げます。

上記の記事のように、気が動転した状態での独自の判断によって、警察に連絡しなかったり、相手の連絡先を聞かなかったりして、後々大きな問題となってしまうこともあります。特に怪我は事故から数日経ってから症状が出てくる場合もよくあるため、事故の時点で警察に連絡をしていないと、事故の発生を証明するものがない状態で物事を進めなくてはならなくなります。

滅多に事故を起こさない、安全運転に努めている方ほど、しっかりと、いざという時の事故対応の流れを知識として身につけておく必要があります。

四輪駆動車とは

●駆動方式の違い

自動車には、駆動輪というのがあって、その位置によりそれぞれ駆動方式が異なります。駆動輪とは、エンジンやモーター(電気自動車等の場合)といった動力源の回転を、どのタイヤに伝えて地面を蹴る力に変えるかというものです。例えば、フロントのボンネット内にエンジンがある車で、前輪にエンジンの駆動力を伝える方式のクルマの場合は、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれます。それぞれの特徴とメリットおよびデメリットを見てみましょう。


★四駆(四輪駆動車)車とは

四輪駆動車とは、車体についている4つのタイヤ全てが駆動する車のことです。つまり、エンジンの動力が、すべてのタイヤまで伝わり、路面を蹴る力に代えているタイプの車です。四輪駆動という呼び名は駆動輪のみを表しているため、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)やFR(フロントエンジン・リアドライブ)のように、エンジン搭載位置は表していません。ほとんどの車種では、フロントにエンジンを搭載し、その回転力を各タイヤまで伝える形式となっています。フロントにあるエンジンに近いフロントタイヤを回転させる仕組みはFF車のようでありながら、FRと同様のプロペラシャフト(車の中心の床下を縦に走る棒状の回転体)を持ち、これでエンジンの回転力をリアタイヤにも伝えています。

この方式のメリットは、四輪のタイヤをすべて無駄なく使えるという点です。すべてのタイヤが駆動しますから、エンジンの回転を4つのタイヤのグリップによって、路面まで効率的に伝えることができます。前輪も後輪も駆動する訳ですから、前後輪のグリップ差が大きくなりにくく、アクセルを操作している間は、横滑りしにくいというのもメリットです。特に雪国では、FFやFRほど横滑りの発生やトラクション(推進力)不足で進めなくなるという事態に陥りにくいのもメリットです。

一方でデメリットとして、FRに比べると旋回時の抵抗が大きくなってしまうことや、エンジンや駆動系パーツへの負担が大きく、燃費もやや悪くなりやすい点などが挙げられます。またシステム自体がどうしても重量増となるため、FFやFRよりも車重が重くなってしまうのもデメリットであると言えます。

チェーンを巻く場合は、FFベースの四輪駆動車なら前輪に、FRベースの四輪駆動車なら後輪にというのが基本になります。雪道では、滑りにくいという印象がある四輪駆動車ですが、当然グリップ力には限界があります。あまりにカーブなどでスピードを出し過ぎると、一気にグリップの限界を突破してしまい、四輪とも滑ってしまうということが起こり得ます。四輪駆動車であっても雪道では慎重な運転を心がけましょう。


※車種によってはチェーンを装着する側のタイヤが指定されている場合があります。必ず取扱説明書を読んで指示に従うようにしましょう。

 

RR(リアエンジン・リアドライブ)車とは

●駆動方式の違い

自動車には、駆動輪というのがあって、その位置によりそれぞれ駆動方式が異なります。駆動輪とは、エンジンやモーター(電気自動車等の場合)といった動力源の回転を、どのタイヤに伝えて地面を蹴る力に変えるかというものです。例えば、フロントのボンネット内にエンジンがある車で、前輪にエンジンの駆動力を伝える方式のクルマの場合は、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれます。それぞれの特徴とメリットおよびデメリットを見てみましょう。


★RR(リアエンジン・リアドライブ)車とは
RR車とは車体後部にエンジンを搭載し、そこから近い側のタイヤ、つまり後輪の2輪を駆動する方式の車のことです。世の中のほとんどの車はエンジンをフロントに搭載しているため、いわゆるボンネット(エンジンルーム)がフロントにありますが、RR車はフロントにエンジンがありません。リアにエンジンを搭載しているため、車種によってはフロントのボンネットに当たる部分が荷室になっていることもあります。

この方式のメリットは、FRの上をいく発進加速が期待できることです。後輪を駆動することで、発進時に力が掛かるタイヤを効率よく駆動するのはFRと同じですが、重量物であるエンジンがリアにありますので、さらに荷重が後輪に掛かります。これによって、しっかりとした駆動力を得ることができます。反面、フロントの荷重が不足することがあるため、クーペ的なボディデザインによって空力で前輪にも荷重を掛けたりする工夫があります。旋回時はしっかりとブレーキングによって前に荷重を掛けてからハンドルを切らないと、特に急な上り坂では曲がりにくくなることがあります。

エンジンが後ろ側にあるMRと同様に、室内空間を確保しずらいことや、冷却が簡単でないことなどがデメリットとなります。このため、一部の高価なスポーツカーや、車体そのものが巨大なバスなどがこの方式を取っています。

タイヤチェーンを巻く場合は、後輪の2輪に巻きます。
※車種によってはチェーンを装着する側のタイヤが指定されている場合があります。必ず取扱説明書を読んで指示に従うようにしましょう。

MR車(ミッドシップエンジン・リアドライブ)

●駆動方式の違い

自動車には、駆動輪というのがあって、その位置によりそれぞれ駆動方式が異なります。駆動輪とは、エンジンやモーター(電気自動車等の場合)といった動力源の回転を、どのタイヤに伝えて地面を蹴る力に変えるかというものです。例えば、フロントのボンネット内にエンジンがある車で、前輪にエンジンの駆動力を伝える方式のクルマの場合は、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれます。それぞれの特徴とメリットおよびデメリットを見てみましょう。

●MR(ミッドシップ)車とは

MRとはミッドシップのことで、エンジンを車の真ん中、つまり運転席の真後ろに搭載していて、後輪を駆動するタイプの車です。通常のセダンタイプの車で言えば、後部座席に当たる部分が丸々エンジンルームとなるため、居住スペースのデザインが極端に難しくなる方式です。そのため、2人乗りクーペスタイルの、一部の高級スポーツカーに限られた方式だと言えます。

エンジンをこの位置に搭載するメリットとしては、車の中でも最も重量級であるパーツのエンジンやトランスミッションを、車体の真ん中(前輪と後輪の間)に配置することで、加速・減速・旋回という車の基本的な動きを、最大限に高められるという点があります。車の重量配分は、そのまま各タイヤへの荷重に影響し、MR車のように各タイヤのグリップ変化をきれいにすることによって、車が最も自然に動くことができるということです。

居住空間の確保が難しいというデメリットの他、走行風を当てにくいことによる冷却能力の不安や、室内へのエンジン音の侵入なども気になる方がいるでしょう。また、操作性が良い反面、操作に対して敏感・過敏であるとも言え、タイヤがグリップを失ってしまうと、一気にスピンしてしまう点もデメリットの一つです。

タイヤチェーンを巻く場合は、後輪の2輪に巻きます。MRは回頭性が良い反面でグリップを一気に失ってしまいやすいため、慎重に運転する必要があります。
※車種によってはチェーンを装着する側のタイヤが指定されている場合があります。必ず取扱説明書を読んで指示に従うようにしましょう。

FR車(フロントエンジン・リアドライブ)

●駆動方式の違い

自動車には、駆動輪というのがあって、その位置によりそれぞれ駆動方式が異なります。駆動輪とは、エンジンやモーター(電気自動車等の場合)といった動力源の回転を、どのタイヤに伝えて地面を蹴る力に変えるかというものです。例えば、フロントのボンネット内にエンジンがある車で、前輪にエンジンの駆動力を伝える方式のクルマの場合は、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれます。それぞれの特徴とメリットおよびデメリットを見てみましょう。

★FR(後輪駆動)車とは
フロントにエンジンがあり、そこから遠い側の後輪を動かす方式の車がFR車です。回転力を生み出すエンジンがフロントにあるにも関わらず、リアタイヤを回す訳ですから、当然そこまで回転力を伝えるための仕組みが必要になります。これが、プロペラシャフトと呼ばれる駆動部品類で、車体の中央下を一直線に通っている太い部品になります。リアタイヤの2輪はドライブシャフトと呼ばれる別の駆動部品でつながっており、そこまでエンジン回転が伝わることで、タイヤが回転するという仕組みです。

プロペラシャフトという大きな駆動部品が必要になる関係で、車内のスペースデザインには制約が多く発生します。特に床下空間や、車内のセンター部分は広く取ることが難しいため、小さめの車では2人乗りのクーペデザインとなることが多いです。一方でメリットとしては、後輪を駆動することによる、自然な運転感覚を得られる点です。四輪車は一般的に、加速する際は後ろ寄りの姿勢(リア荷重)となるため、リアタイヤのグリップ力が上がります。この時に、駆動するタイヤがリアタイヤであれば、しっかりと路面をつかんで加速していくことができる訳です。カーブの際も、前輪は駆動しませんので、舵取りだけに専念することができるため、前輪は舵取り、後輪は加速という風に、最も自然な形で役割分担ができるというのが最大のメリットです。FF車のように、舵取りも加速も前輪が負担する形では、このような自然なドライブフィールを得ることは難しいのです。またこのような訳で、前輪と後輪のタイヤの摩耗も差が出にくいということが言えます。

後輪が駆動するため、滑りやすい路面では、タイヤを駆動する(路面を蹴る)力が強すぎて空転してしまう場合があり、この時ハンドルが僅かでも左右どちらかに切れていると、後輪側からスリップしてしまうことがあります。この横方向へのスリップを意図的に起こそうと、ハイパワーエンジンの車にグリップ力のやや低いタイヤを組み合わせて走行する、ドリフトという競技もあります。チェーンを装着する場合は、駆動輪である後輪2輪に巻きます。急な上り坂のカーブなどで曲がれない場合は、前輪にもチェーンを巻く必要があります。FR車は一般的に、滑りやすい路面では四輪駆動車やFF車よりも、スリップのリスクが高いということを心得ておきましょう。
※車種によってはチェーンを装着する側のタイヤが指定されている場合があります。必ず取扱説明書を読んで指示に従うようにしましょう。

前輪駆動とは

●駆動方式の違い
自動車には、駆動輪というのがあって、その位置によりそれぞれ駆動方式が異なります。駆動輪とは、エンジンやモーター(電気自動車等の場合)といった動力源の回転を、どのタイヤに伝えて地面を蹴る力に変えるかというものです。例えば、フロントのボンネット内にエンジンがある車で、前輪にエンジンの駆動力を伝える方式のクルマの場合は、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれます。それぞれの特徴とメリットおよびデメリットを見てみましょう。

★FF(前輪駆動)車とは
フロントにエンジンがあり、そこに近い側のタイヤ(前輪2輪)を駆動する方式がFF車です。実は市場に出回っている車のほとんどがフロントにエンジンを積んでいて、これはボンネットがある車であればそこを開ければエンジンが見えることからすぐ分かります。リアやミッド(中間)にエンジンを積んでいる車は、ごく一部のスポーツカーやバスなどに限られます。

このようにエンジンをフロントのボンネット内に積み(フロントエンジン)、そこからすぐ近くにある前輪タイヤを駆動するのがFF車であるということです。この構造は、エンジンおよび駆動に関わるメカニズムがコンパクトにまとめることができるため、人の居住空間(キャビンスペース)や荷室を広く取ることができることから、多くのコンパクトカーや普及価格帯のクルマで採用されています。駆動部品の点数も少なく済むため、車両価格を抑えることができるのもメリットです。

こうしたメリットの反面で、フロントタイヤに過度の負荷が掛かりやすいのがデメリットです。駆動も旋回も前輪が一手に引き受けるため、摩耗しやすいのです。ただ付いていくだけの後輪は、前輪に比べると摩耗しにくいとされます。したがって、タイヤは定期的にローテーション(前輪と後輪のタイヤを入れ替えること)をするのが有効になります。

また、乗り味も他の駆動方式に一歩引けを取ります。前輪が駆動するということは、発進時の加速力も前輪に頼ることになります。ところが、車が発進する際は車体は”後ろのめり”の姿勢になるため、前輪は路面にしっかりと食いつくことがやや苦手です。特に上り坂ではこれが顕著で、雪道の急坂などは登坂できないこともあります。パワーが不足しがちなコンパクトカーでは、加速感に不満を感じる方もいるかも知れません。また、カーブを曲がるときも、加速と旋回を前輪だけで行う都合上、やや曲がるタイミングが遅いように感じることがあります。

雪道などのチェーン規制がある路面では、FF車は駆動輪である前輪にチェーンを巻くのが基本となります。なお、前輪だけにチェーンを巻くことで駆動力、制動力は得ることができますが、後輪のグリップ力も必要となる旋回(カーブ)においては不安定になる場合があります。これは、前輪と後輪とのグリップ力に差が大きすぎるためで、特に下り坂のカーブなどでは要注意です。十分に速度を落とさないと、リアタイヤが滑り出してスリップしてしまうことがあります。余裕があれば、四輪すべてにチェーンを巻くのが安心です。
※車種によってはチェーンを装着する側のタイヤが指定されている場合があります。必ず取扱説明書を読んで指示に従うようにしましょう。

●このページの目次

回生ブレーキとは?

 


回生とはどういう意味?
回生とは、生き返る、蘇るという意味で、「起死回生」という熟語で使われるのと同じものです。回生ブレーキは、日本語では回生制動機といいます。このブレーキの機構の名称に「回生」という用語が使われるのは、エネルギーを回生するという力学でよく使用される言葉によるようです。普通のフットブレーキは、タイヤ(とともに回転する車軸)をブレーキパッドの摩擦力によって止めようとするものですが、この際に摩擦によって生じた熱エネルギーは大気に放出してしまいます。回生ブレーキは、これを捨てるのではなく、いわゆるリユースをすることを目的に、電気エネルギーに変換して、バッテリーに蓄積(充電)することによって活用しようとものです。

回生ブレーキがついている車種は?
回生ブレーキは理論的にはどの車種にも装備することはできますが、そのコンセプトからハイブリッド車や電気自動車と相性が良いものです。回生した電力を、動力源としてモーターを回すことに利用できるからです。回生ブレーキをはじめに普及させたプリウスをはじめ、国産車・外国車を問わず多くのハイブリッド車、および電気自動車で回生ブレーキが採用されています。回生ブレーキが搭載された車の多くは、メーター部などにエネルギー・フロー(電力などが生み出されたり使われたりする流れ)が確認できるようなモニターが用意されています。また、ブレーキを踏んだ際の独特の作動音で周囲からも判別できます。
回生ブレーキとは?

・どうすれば作動するの?
回生ブレーキを作動させるのに特別な操作は必要ありません。フットブレーキを踏むだけで、エネルギーを回生させるべきタイミングを車が自動的に判別して回生ブレーキが作動します。従来のブレーキパッドのみでブレーキを掛ける車種に比べて、ブレーキの利き具合、つまりブレーキペダルを踏み込んでいった時の利き具合の変化が、若干違和感を感じるものになっている車種もあります。

・どんな仕組みなの?
ハイブリッド車や電気自動車では、燃料である電気を使って、モーターを回して、その回転をタイヤに伝えることで、道路を走ることができます(ハイブリッド車ではエンジン回転も動力として併用)。これと逆の流れを使うのが、回生ブレーキです。つまり、運転者がブレーキペダルを踏んだのを合図に、電気をモーターへ供給するのをやめます。すると、タイヤを回してくれるはずのモーターが、逆に惰性で回転するタイヤ側から回されることになります。これによって少量ではありますが電気が発生し、これをバッテリーに蓄積します。この間、回されるモーターなどの抵抗によって、車速は落ちていきます。なおエンジンも併用するハイブリッド車では、エンジンブレーキも併用することがあります。

・どんなメリットがあるの?

いままで捨てていたエネルギーを、活用できるという点がメリットです。一回のブレーキあたりのエネルギー量はわずかですが、塵も積もれば山となるということで、燃費の向上にも寄与します。また、F1のKERSと呼ばれる回生ブレーキの使用でも分かるとおり、強いブレーキが多いほど電力の蓄積量も多くなりますので、エネルギーをリユースする仕組みとしては優れています。

 

●ガソリンの入れ方を教わりたい方へ

  • 免許は取れたけれど、ガソリンの入れ方を教わっていない!
  • どういう手順なのか分からないから怖い
  • セルフで安いところも興味あるけど、難しそう
  • 油種を入れ間違えて、さぁ大変!!

●はじめてのガソリンスタンドはどうする?
免許を取得できたら、まず自宅の車や友人の車、レンタカーなどで練習することでしょう。それが、教習車以外で初めて運転する車ということになるはずです。

ここで困るのが、ガソリンスタンドです。車は燃料を補充しないと走り続けることはできません。ところが、教習所ではほとんど燃料の入れ方を教わらないのです。ガソリンスタンドもサービス事業者ですから、燃料を入れることに難しい手順はありませんし、聞けば丁寧に教えてくれます。ほとんどの方は、予備知識もほどほどに(あるいは全くなしで)ガソリンスタンドに飛び込み、初めての給油を経験します。これで問題ないことが多いのですが、それでもやはり初めてのことですから、いろいろなことが起こります。

●恥ずかしい失敗をしないために!

  • 停車位置が分からずに前進とバックを繰り返す羽目になった
  • 給油口を開けろと言われて焦り、トランクを開けたりワイパーを動かしたりした
  • 油種を間違えて大ごとになってしまった
  • スタンド内でエンストして笑われた

このように初めての実車運転での失敗談は、ガソリンスタンドでの出来事が結構多いようで、よくご報告をいただきます。上記のような体験ならば、まだ本人が焦ってしまったり、恥ずかしく思ったりする程度で済みます。最悪のケースでは、スタンド内で接触事故を起こしてしまったり、スタンドの出入り口で歩行者や自転車をはねてしまうという事故も実際に起こっています。初心者の場合は、ガソリンスタンドの経験が初めてだという以前に、車の運転自体にも慣れていない状態ですから、やはり細心の注意が必要です。

しかし、前もって流れを把握しておけば、難しく考える必要はありません。
手順をしっかり予習しておけば、怖いことはないのです。

●本書でガソリンスタンドでの流れを予習しよう

  • どういう言い方をすればガソリンを入れてもらえるのか?
  • 何を事前に調べたり準備しておかなくてはいけないのか?
  • セルフスタンドでの振る舞い方は?
  • タイヤの空気を入れてもらうには?
  • スタンド内で注意するべきところは?
  • 少しでもお得に入れるには?

初心者の方の疑問にもしっかり答えます。事前にイメージしておいて、安全にスムーズに給油する方法を学んでおきましょう。初心者のうちから、安全に投資するという意識を身につけておくことをおすすめします。

●主な内容

本書では、教習所では教わらない部分を安心して一人でできるように、基本的な利用方法から一歩進んだ活用方法までをご紹介していきます。

  • ガソリンスタンドを初めて使う!
  • 油種を間違うと大変なことに!
  • セルフのガソリンスタンドではどうする?
  • 空気圧のチェックはとても大切
  • ラクラク洗車
  • パンクしたら駆け込もう
  • オトク技あれこれ 他

 

●仕様

サイズ B5タテ
材質 リサイクルペーパー
寸法 267×215×15mm (外形)
付属品
電話・メールサポート 有り

※仕様は改善のため予告無く変更する場合があります

 

ヤフーショッピングで運転教材

 

はじめてのガソリンスタンド

「はじめてのガソリンスタンド」

冊子ファイル版 540円(税込)
・B5サイズ簡易冊子

レギュラーと軽油を間違える人も!?
知識を得てから行動すれば安心です

運転のコツ冊子教材商品一覧ページへ

●PDFデータ版(今すぐ読みたい方はこちらよりどうぞ)

安心のクレジットカード決済を、ご用意しております。
カード決済により注文後、約1分でダウンロードができます!
ご注文方法は、簡単です。
下のリンクをクリックして、注文フォームへお進みください。
※「PDFデータ版」のみ対応しております。 \540(税込)



PDF版(カード決済)のご注文はこちら

はじめてのガソリンスタンドをカードで申込み

▼ 話題の運転教材の一覧はこちらをクリック

ボタンをクリックした後、商品をお選び下さい
車の運転のコツ

Shift-UP Club 運転教材の購入ページ

※上記の教材一覧ページは、代金引換・銀行振込のみ対応
(インフォカートの決済には対応しておりません)

▼よくある質問(Q&A)
Shift-UP Clubとは何ですか?
どのような人が運転教材を使っているのですか?
教材はきちんと届きますか?手元に届くのに何日程度掛かりますか?
家族には購入を知られたくないのですが、品物名の記載はどうなりますか?
インターネットでの注文に不安があります。
教材で本当にうまくできるようになりますか?サポートもありますか?

 

●うまく注文できない場合/携帯からの注文の場合

注文フォームでうまく送信できない場合、 またはパソコン環境をお持ちでない場合は、 携帯メール等から下記情報をお送り頂くことで、 ご注文いただくことが可能です。当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込

●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
冊子申込み


シフトアップクラブ会員登録





[読者の声No.:648]
■ 車を操縦する感覚があり、運転が楽しい
AT車と比べて、車を操縦する感覚があり...
詳しく
[読者の声No.:646]
■ 操作を学んで自分で操る楽しさを

操作に慣れたら、きっと楽しいカーライフに…


詳しく
[読者の声No.:600]
■ クラッチのつながるポイントに苦労~インタビューより
教習を受けたところではマツダのファミリアが教習車だったのですが...
詳しく
[読者の声No.:599]
■ 読者の声・練習会レポート
今回はMT操作全般をやりたいという愛知県のAさん(女性)のレポートです...
詳しく
>> 読者の声のつづきを見る


▼無料で配送! サンプル教材を請求する
車の運転のコツ 教材サンプル はじめての教材購入が不安な方は、無料サンプル教材をお宅にお届けします。教習ワンポイントアドバイス付き。 ※数字は半角、ハイフンなしで入力ください
お名前
Eメール
Eメール再入力
電話番号
郵便番号
都道府県
住所1
住所2

運転のコツ Shift-UP Clubの活動(安全運転の普及・中古車推進)が
NPO法人日本リユース協会に認められました。

スマホで技能教習・運転のコツを見る
車の運転のコツ。初心者・女性向け
<   
◎ 注文受付中

技能教習でS字クランクや方向転換・縦列駐車に失敗したら、教材で挽回しよう

右左折、車庫入れ、坂道発進。難しい運転も教材を使った予習で克服
紹介マンガ

sitemap2.jpg

サイト運営

Shift-UP Club
郵便:114-0003
住所:東京都北区豊島5-4
TEL:03-3919-1696(9:00~17:00)

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
中級者:運転テクニック集
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス
女性専用:女性のための運転動画

運転のコツを確認して苦手克服する練習会
教習所10倍活用ガイド
→女性専用サイト
写真 3-1.PNG
写真 4-1.PNG
→スマホで見る方


ロハス雑誌『Nature』に
Shift-UP Clubが
紹介されました

nature.jpgのサムネール画像
特定非営利団体 NPO法人日本モータースポーツ振興機構
交通事故被害者支援活動への協力
社団法人日本自動車連盟
運転で地球に緑を

写真素材のピクスタ


<教習待合い所ライフ>
電子書籍
カードオブプロレス オンラインゲーム
シネマパラダイスch


<PR>