「パニック無用の事故対応マニュアル」

Shift-UP Clubがリリースしている冊子教材「パニック無用の事故対応マニュアル」は、自動車を運転する上で誰もが関与しうる交通事故の基本的な対応について、順を追って解説しています。

被害者側、加害者側と立場は違っても、いざという事故の際はパニックに陥ってしまい、冷静な判断ができないことが多いものです。特に事故相手がいる場合、交渉が複雑にもつれる場合もあります。日常的に運転し、慣れた方でも、正しい知識がないと対処ができません。

そこで、実際に事故によって対応がうまく行かなかった実例を元にした教材を編集しました。事故が発生した場合の初動対応から、後々困ることがないようにするための保険対応までを網羅した解説を加えています。

▼内容の一例

  • 警察は必ず呼ぶべきか
  • 示談の方が得な場合とは
  • 万一追突されたら、病院へはいつ行くべきか
  • 事故の直後、メモしておかないと後で大変になるのは?
  • 事故車はどうするべきか

詳しくは下記ページをご覧下さい