プロでも踏み間違い

静岡県で新たな踏み間違い事故が発生してしまいました。
運転代行の業者、いわばプロによる踏み間違い事故ということです。

 

運転代行車が踏み間違い事故

静岡県浜松市で12日深夜、運転代行業者の車が依頼を受けた店で3人をはねて死傷させる事故があった。警察は、運転していた男を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕した。

警察によると12日午後11時30分頃、浜松市中区で運転代行業者の運転手が依頼を受けたスナックの前で車から降りると、車が動き出した。運転手がこれを止めようと車に乗り込んだが、車が加速して店から出てきた3人をはねたという。

この事故でスナックの従業員・安川夏恵さん(40)が搬送先の病院で死亡、客の男女が軽いけがをした。警察は事故を起こした石川正美容疑者(46)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕した。石川容疑者は「アクセルとブレーキを間違って踏んだ」と供述しているという。

 

運転の上手、下手とは無関係

毎日何台もの車を運転するプロでも、このような単純に思えるアクセルとブレーキの踏み間違い事故を起こすのです。

もはや、運転の上手・下手とは関係なく、トランスミッションやペダルの、仕組み上の問題だと言えるのではないでしょうか。