車のアイドリングが下がらない、ハンチングする等の症状





★車のDIYグッズを見る

6)ちょっと仕切り直し

改めて、この数日で分かったことをまとめると、次のようになります。


  • センサー類は問題がなさそう(ディーラー)
  • 二次エアの吸い込みはなさそう(ディーラー)
  • ECUの問題の可能性は低い(ディーラー)
  • 現象が起こっている時、ISCバルブのデューティー比が高い
  • スロットルボディ関係ではなさそう


また、ネット情報などをさらに集めた結果、現時点で考えられる原因で、かつ、まだ試していないのは次のことです。

  • プラグの交換
  • キャニスターパージ用VSVの動作チェック
  • ISCバルブ自体の動作確認


22.jpg本来はプラグ交換は真っ先に行っておかないと、正しくトラブルシューティングできない、とどこかのサイトに書いてありましたが・・・。水平対向のプラグ交換をした経験から考えると、どうにも面倒で・・・。でも、そろそろ、そうも言っていられないので今度交換してみます。

キャニスターパージ用VSVは、チャコールキャニスターをインマニに送り込むパイプの途中のチェックバルブがあり、そこに問題があるとアイドリング不安定になることがあるようです。チャコールキャニスター自体は、ガソリンタンクから発生した有害ガスを無害化して、インマニへ送ってエンジンの燃焼系路へとぶち込むためのものだそうです。従って、夏場などにアイドリングが定まらなくなる現象が多いとか。ちょっと私の現象とは違いそうな気がします。

ISCバルブ自体の動作確認は、ネットで調べたところインプレッサの整備書、ISC部分のみを画像でアップしてくれているサイトを発見しました。

これによると、ISCのチェックは2種類。まず、カプラを外した状態でハーネス側カプラの端子でボルト数をチェック。これはバッテリー電圧程度あれば良い模様。2つ目は、カプラを外した状態で通電していないISC本体側のカプラの3端子にテスターを当てて、抵抗Ωを計るというものです。これは、規定の数値が出ていました。

残念ながら最初のチェック項目でチェックすべき端子が印刷に微妙に写っていないのと、通電状態を確かめる簡単なテスターしか持っていないため、後日作業になります。マルチテスターは、今後のことを考えると持っておいた方が良さそうですね。。整備書は今度ディーラーへ行って、コピーをもらってきたいと思います。


他にも、O2センサーとかクランク角・カム角センサーなどもまだ試していませんが、症状からすると可能性は低そうなので今はパス。これら上記の情報を元に、新たな仮説を考えてみました。


仮説1)
ISCのカプラーやハーネス、つまりISCに関わる車体側に何らかの問題があって、そこの異常でISC数値が高くなっているのではないか。
→ハーネスの異常をチェックして直す、もしくは接点復活剤をコネクタへ吹いてみる

仮説2)
インマニ内がとても汚れていて、ISCバルブ本体を新しくしてもすぐにカーボンがすぐついてしまうためISCの動きが渋くなってしまう。
→ディーラーで勧められた、インマニ清掃の点滴(スリーボンド6601K)を依頼して、さらにISCバルブを清掃(もちろん自分で)を施せばカーボン固着は解決できるはず。

仮説3)
ECUが故障して、信号を誤発信している。
→ヤフオクでも中古でECUを出しているところがありました。Ver4純正で約1万円。やはり少々値が張りますが、同バージョンのECUが出品されているタイミングも少ないため要検討です。




仮説1に関しては、ディーラーではダイアグでコンピューター(ECU)をモニターしているだけだと思うので、ISC本体の動きが悪いのか、電気的問題なのかが分からないのでは?と思ったのです。

仮説2も、何かあり得そうです。ISCを変えた直後は3日間位現象が起こらず、調子が良くなったと錯覚したもの、これならつじつまが合います。とは言っても、たった3日でカーボンがついてしまうって??どうなんでしょ。

仮説3となると、もうECUを直接変えて試してみるしかありません。以前のバージョンの車でECUをいじったことがあります。その時は冷却ファンコントローラーのVFCというのをECUに接続したのですが、その時ECUからハーネスを外そうと試みたものの、なかなか外せなくて難儀した記憶があります。ハーネスのカプラさえ外せれば、ECU本体を交換するのはさほど難しくないはずです。


またこの日の夜、自宅でこの前外したISCバルブ本体をいじって遊んで(調べて?)みました。外したISCバルブを手に持って、ガスケットや弁などを組み合わせたり、スライド部分を手で動かしたりして色々いじってみました。

25_5_3.jpgよく見ると、インマニ側のガスケットなどを組み合わせる付近が何か変というか、構造が「どうなの?」と思える部分がありました。空気量を調節するためのスライド部分(緑色)がある側に、ゴムリングと弁を当ててみると、ぴったりスライド部分をカバーしている訳ではなく、微妙にはみ出ているように思えます。ISC本体をなるべく上の方に固定すれば、はみ出ずにすべてインマニに空気が入りそうなのですが、同じビス位置で固定しても本体が少し下に下がると若干空気のロスがあるようにも思えます。もっとも、このあたりは設計段階で分かっていることでしょうし、アイドリング問題が発生していない時は通常通りに機能している訳で、現象とはあまり関係ないのでしょう。

また、ゴムリングや弁を本体と合体させて、吸気パイプ側から息を吹き込んでみると、「ポンッ」という小さな音とともに空気がスライダ側から出てきます。息を少な目に吹きかけると「ゥブブゥー」と低い共鳴音が鳴ります。何か「ブブゼラ」みたいで面白い(笑)。この取り外したISC関連セットも、動きには全く問題無かったように思います。

25_5_5.jpgそれから、吸気パイプ側の鉄管に指を突っ込んでいて気づいたことがあります。90度に折れているので、小指が何とか入る程度なのですが、小指のかすかな感触によると、何とこちら側にも小さなスライダがあります!これが、いわゆる「バイメタル側」で駆動するスライダなのでしょうか。確かに、冷却水のパイプのすぐ上辺りにあります。

スライダが2つあるということは、どちらかがカーボンなどで固着している可能性があるということですね。とは言っても、こちらのバイメタル側のスライダは、電気駆動ではなく、あくまで温度変化によって動くスライダです。なので、もしこの冷却水パイプの中に、熱湯を注げばISC自体が通電していない状態でもバイメタル側のスライダは動くはずです。今度時間があればベランダで試してみたいと思います。今日はちょっと・・お湯を注ぐジョウゴが必要なので・・・。

このような構造が分かると、気になるのはその動きというか、役割分担です。バイメタル側スライダは、冷却水温度に反応する訳で、水が冷たい状態ではスライダが開いていると予想されます。通る水が熱くなるに従って、スライダが閉じてくるのだと思います。もしそうなら、冷間始動時は、このバイメタル側のスライダだけを使って暖気アイドルアップができそうです。でも、そうすると暖気時の水温センサーは関係なくなってしまうので、きっと2つともスライダを動かして制御しているのでしょう。


その他の記事



▼参考にしている インプの本など

お馴染みの「オーナーズ・バイブル」シリーズ。GC8に関しても乗っていますが、アイドリング不調に関しては、ISCバルブのことが少し載っています。あとは吸気(O2)センサーのこととか。

インプレッサWRXオーナーズマニュアル (レッドバッジシリーズ (265))

こちらはDVD。一般的なメンテナンスとして参考になります。

究極!メンテナンスFOR SUBARU IMPREZA [DVD]





GC8インプレッサWRX&STi ver. (ニューズムック―オーナーズバイブルシリーズ)
GC8インプレッサWRX&STi ver. (ニューズムック―オーナーズバイブルシリーズ)
スバル・インプレッサGC8 (ハイパーレブ 74 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイド) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ)
スバル・インプレッサGC8 (ハイパーレブ 74 車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイド) (ハイパーレブ―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ)






「アイドリング不調・自己診断ガイド」
「ホームページの日記記事では分かりにくい」とのご指摘がありましたので、
小冊子形式で主に行った自己診断の方法をまとめました。
問題の車両はインプレッサですが、他の車両にも判断基準として適用できる部分もあるかと思います。

「診断してもらっても分からなかった」
「費用がないので自分で何とかしたい」
という方は参考にしていただければ幸いです。

取り合えず調べてみるべき順番、DIYでできる範囲での対策をまとめてみました。

▼原因究明と対策
・現象の確認
・アイドリングがおかしくなる原因とは?
・症状の出方
・症状が出るきっかけ
・対策(センサー類、ECU、アクチュエータ)


■タイトル: 「アイドリング不調・自己診断ガイド」
提供: 小冊子ファイル
価格: ¥580(税込、送料・代引き手数料別途)


▼下記の要領でメールにてご注文ください
当方にて確認後、注文確認メールをお送りしますので、内容をご確認下さい。

[お名前]
[ご住所]
[電話番号]
[商品名]
[お支払]
代金引換・銀行振込


●メール送信先
sissyneck@aa.bb-east.ne.jp
●件名
アイドリング不調対策冊子申込み



よかったらコチラのサイトも覗いてみてください^^

人気ランキング
人気商品
人気教材 車庫入れマニュアル
人気教材 ハンドル操作のコツ最短攻略
MT車最短攻略マニュアル

MT車攻略マニュアルMT車の運転の仕方を、3日で攻略できる教材。マニュアル車の運転方法・コツをまとめたプログラム。
女の速習車庫入れマニュアル

女の速習!車庫入れ重点マスター 車庫入れで失敗する3つのポイントを解説した教材。車庫入れのコツとバックの練習方法を図解。
ハンドル操作のコツ最短攻略

ハンドル操作のコツ最短攻略一度の映像講習で、その後の教習がグンと楽になります。MPEG4形式ファイル。
覚え方次第で簡単
知識武装で明暗が決まる
より上手くなりたい人に 
2~4万円得する車検の手引き
2~4万円得する車検の手引きNEW
最安で取る、ユーザー車検マニュアル。車の維持費に掛かる費用を抑えたい、車検を安く済ませたい方へ。
S字・クランクを上から解説
S字・クランクを上から解説NEW
難しいと言われるS字クランク。実は、上手くできない最大の原因はたったの一つです。詳しく解説します。
MT車燃費向上ドライビング
MT車燃費向上ドライビングNEW
ガソリン代高騰の時代に知っておきたい、MTならではの燃費コントロール術。B5サイズ1シート(表・裏2面)。


次回ご訪問時は、ブックマークへの追加が便利です
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマーク+

問題の車両プロファイル

lV6010225.JPG

インプレッサWRX STI Ver4(GC8E)。古い車で、車種としてはA型~G型まであり、その年式ごとに代表的なアイドリング不安定の症状があるようです。A・B型はダイレクトイグニションであるため、熱害を受けやすいイグニションコイルの割れにより、プラグが被ったような症状のアイドリング不安定が発生。D・E型はアイドリングが高く固定される症状で、エンジンを切ると直るようなものが主。F・G型はエアフロが壊れやすく、アイドリングが上下するハンチング現象を発生。これらが起こりやすい症状のようです。 ...続きはコチラ




Japanese Stick shift car

TS3E0016.JPG

TS3E0020.JPG

V6010078.JPG

<LINK>

メインHP:車の運転のコツ
MT車専用:MT車攻略マニュアル
車庫入れ:車庫入れマニュアル
車検:ユーザー車検マニュアル
メンテナンス:車の日常メンテナンス


積立式家計簿のつけ方
吉濱勉メッセージ集

<PR>

3)ISCバルブ&スロットルの問題じゃなかった

4)水温センサー交換、しかし・・・

5)スロットル清掃完了、しかし事件が!?

6)ちょっと仕切り直し

7)接点復活剤をカプラーに掛けてみる・・・しかし・・。

DIY交換ボンネットグラスウール

インプレッサGC8の日常点検

アイドリングの次は・・・オイル漏れ

ギアの入りにくさは、クラッチペダルの切れ不良?

クラッチペダルの切れ不良?その2