トップページへ

ハイエースなどボンネットのない車の運転方法

車の運転のコツ » 055中級者向け » ハイエースなどボンネットのない車の運転方法

トラック・バンなどボンネットのない車の運転方法

ハイエースやキャラバンなどといった箱型の車や、トラックや軽トラックなどのようにボンネットのない車の運転に不安を感じる方もいるでしょう。

このようなタイプの車は、教習所で運転する機会がほとんどないため、免許を取ってから年数が経っている人でも苦手意識を持っている方がいます。市販の車ですから、もちろん慣れれば難しいものではありませんが、最初の数回は、やはり緊張したり、違和感を感じるものと思います。そこで、こうしたタイプの車に初めて乗る方向けに、いくつかポイントを記しておきたいと思います。

・運転席が高いことに注意
ボンネットのない車は、ほとんどの場合、一般的な形の車と比べて運転席の位置が高いことが多くなっています。これは、セダンならボンネット部分に搭載されているはずのエンジンやその補器類が、運転席下に収められていることが多いためです。そのため、必然的に運転席の位置がやや高くなり、視界そのものは見下ろす形であるため、良好です。ただし、普段とは視線の高さが異なるため、頭でイメージする距離感に若干の修正が必要になります。真下が見えにくかったり、車幅が実際よりも広く見えたりと、目を錯覚させる要素があります。そのため、実際に乗り込んだ際に、運転席の目の前に見える景色と、実際に車を降りてみて分かる景色との差異を確認しておくことをお勧めします。なお、車高が高いトラックの場合は、必ず車高を正確な数値で確認しておきましょう。橋やアンダーパスによっては通過できないことがあり、気づかずに突っ込んでしまうと事故に直結します。

・右左折時はハンドルを切るタイミングが違う
ボンネットがないことによる最も大きな違いが出るのは、右左折時のタイミングです。ボンネットがないということは、その部分のことを気にする必要がない訳ですから、ハンドルを切るタイミングはその分遅くなります。実際、ボンネットのない車は、ボンネットがある車に比べて、タイヤの位置が運転席に近い側にあります。フロントタイヤの位置は自分の腰の真下、フロントバンパー(つまり車の先端)の位置はドライバーの足元、アクセルペダルのすぐ下あたりだと考えて良いでしょう。このため、乗用車ならばボンネットがぶつからないように気を使いながら曲がるような道でも、かなり大回り気味、つまり遅いタイミングでハンドルを回し始める格好でちょうど良いのです。

乗用車と同じタイミングでハンドルを切り始めてしまうと、かなり内回りの進路を取ることになってしまいます。そのため、信号のない狭い道を右左折する場合などは、内輪差によってリアの内側をこすってしまうことになり兼ねません。ですから、慣れないうちは、曲がり角の外側に運転席をこすりつけるかのようなイメージで、大回りギリギリの進路を通れば、内輪差で内側をこするリスクを減らすことができます。

ある程度ハンドルを切り始めるタイミングに慣れてきたら、曲がり角がある方のサイドミラーを確認し、こすらずに通れるかどうかを確認してから通過する癖をつけましょう。この癖をつけておけば、長さのある荷室を持った車でも、内輪差を確認してから通れるようになります。

・車間距離の取り方にも注意
先述の通り、運転席が高い場合には、車間距離にも注意を払う必要があります。運転席が低い乗用車に比べると、見下ろす形になるため見晴らしは良いですが、そのかわり車間距離の感覚が異なってしまうのです。前走車と同じ距離で停止していたとしても、運転席が高い位置にある場合、前走車はより遠くにあるように感じてしまいます。したがって、いつもと同じ感覚で車間距離を取っていると、実際には狭い車間距離で走ることになってしまいます。このため、トラックやバンに慣れない方が運転すると、前の車を煽っているかのようにピッタリとくっついて走ってしまいがちです。走行中は普段よりも多めに車間距離を取るイメージでちょうど良いはずです。

一方で、信号待ちなどで停止する場合は、いつもよりも前走車にピッタリくっつけても大丈夫です。これは、ボンネット部分がないため、普段はボンネットをぶつけないように距離を取っている感覚からすると、かなりギリギリまで詰めても間があるように感じるのです。ただし、バンやトラックなどの場合は、乗用車よりも車重が重いため、ブレーキが効きにくいと感じる可能性があり、早めにしっかりとしたブレーキを掛けるよう心がけましょう。


・車庫入れではリアに合わせる

車庫入れ時の動きの感覚としては乗用車と大きく変わりませんが、ボンネット部分がないという点だけ頭に入れておきましょう。つまり、普段であれば、車庫入れの際に頭(車のフロント)が大きく振れるために、ぶつからないよう前方の障害物を避けますが、この距離においてはもっと近づいても大丈夫だということです。先述のように、自分の足元の位置に車の先端があるとイメージすれば、ギリギリまで前に寄せられることが分かるでしょう。そして、リアの左右両端を目印に、車庫入れしたい空間へ合わせるようにすると、あとは乗用車と同じ感覚で操作すれば車両全体がすっきりと収まります。

このページ『ハイエースなどボンネットのない車の運転方法』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ