トップページへ

高齢者の免許返納よりもMT限定免許の創設を

車の運転のコツ » 05AT車とMT車 » 051AT車踏み間違い事故 » 高齢者の免許返納よりもMT限定免許の創設を

高齢者の免許返納よりもMT限定免許が有効

高齢者の踏み間違い事故多発によって、免許返納制度や新たな限定免許の新設についての議論が活発になってきています。サポカーの機能の一種として、踏み間違い防止のテクノロジーが装備されている車がありますが、こうした車のみを運転できるという限定免許が設置される模様です。

しかし、これは一部の利権を目した試みだと考えられますし、その実効性には疑問符がつきます。例えば2019年6月に発生した現行型プリウスが、料金清算ゲートを突き破り正面の公園に突っ込んだケースでは、サポカーの機能条件を満たしていないと考えられます。細い棒状のゲートではセンサーで捕捉できない可能性が高いからです。アクセルペダル部のセンサーで急な踏み込みを感知して、それ以上加速しないような制御はできるでしょうが、踏み間違い時に必ず強く早く踏み込むとは限りません。単にブレーキペダルだと思い込んでいるだけですから、通常ブレーキ動作のように緩やかに踏み間違える可能性も十分にあります。

そもそも、ATというテクノロジーによって、副次的に生じたのがペダルの踏み間違いですので、それを新たなテクノロジーで防ごうとする試みは、いささか歪に感じます。そうではなく、いまこそMTのメリットを再確認すべき時ではないでしょうか。


●MTに最初から備わる踏み間違い暴走防止機能

 

これにプラスして、

→家族が鍵を隠す、などの対応よりも、本人が納得しやすい理由で運転ができなくなると考えられます。

 


現在のMT車は、トヨタのカローラスポーツのiMTのように、シフトショックが発生しないテクノロジーを搭載したり、坂道発進で後退しないようなサポートがあったりと、昔のように扱いずらいものではなくなっています。安全である、燃費が良い、エンジンを使いきれるといった、MTのメリットのみを享受できるようになっています。家族に、返納を迷っている方がいれば、MTを検討してみてはいかがでしょうか。

 

▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

mt_coverpage1.jpg mt車攻略マニュアル

MT車・AT車に関するこちらの記事も合わせてお読み下さい。

 

このページ『高齢者の免許返納よりもMT限定免許の創設を』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ