トップページへ

ATとMTの比率は日本と世界で違う

車の運転のコツ » 05AT車とMT車 » ATとMTの比率は日本と世界で違う

ATとMTの比率は日本と世界で違う

日本では、MT車の比率がAT車(2ペダル車)に比べて低い状況が続いています。このため、世界的に主流は2ペダル車である、と勘違いする方が多いです。教習所でAT限定コースを選ぶ方も、「ほとんどの車はATだから」という理由で選ぶ方が多いようです。しかし、世界の主流はMT車です。まず、下記の記事をご覧ください。

 

■欧州では車両価格や燃費を気にしてMT車を選ぶ傾向にある

 

ドイツやスイスなど、欧州各地の空港でホテルの送迎車を待っていると……。

10人乗り程度までの商業バンだと、MT(マニュアルトランスミッション)車がけっこう多い。ドライバーも女性の場合もあるが、彼女たちもしっかりMTを操作する。急な坂道で信号待ちしていても、サイドブレーキを丁寧に操作して、またエンジン回転数も上がり過ぎることもなく、半クラッチでの坂道発進をなんなくこなす。日頃から、マイカーでMTの扱いに慣れているのだ。

では、欧州でMTが多い理由は何か?

答えは単純で、車両価格がATやCVTより安く、また燃費が良いからだ。

日本の場合、庶民感覚ではクルマ選びで、運転の快適性を優先して、また装備品が少しでも充実することを好み、中位グレードや、上位グレードを購入することが多い。

一方、欧州の場合、国や地域、もちろん個人差はあるが、庶民感覚では少しでも家計を節約したいという気持ちが先立つ。よく言われることだが、日本のBSやCSなど衛星放送で欧州の庶民生活を紹介する番組を見て、夕食のラインアップが日本の平均的な食事と比べてかなり質素なことに驚く日本人が多い。欧州の庶民は生活コストに対してとてもシビアな感覚を持っている。

別の見方としては、欧州の若者の間には走るよろこびに直結するMTを根強く支持する層がいる。フランクフルトショー、パリショー、ジュネーブショーなどで一般来場者の様子を見ていると、MTの展示車に乗り込み、シフターを操作しながらニコニコしている若者たちをよく見かける。

欧州では、まだまだMTに対する需要が多い。

■経済新興国でもMT比率が高い傾向にある

インドやブラジルなど経済新興国でも、MT比率は比較的高い状態が続いている。理由は欧州と同じく、「より安く」という庶民の生活に対する気持ちの現れである。とくに、小型トラックや小型車など、商用車や庶民の足で使うクルマはMTが多い。

一方で、若者がMTを好む傾向があるのは、やはりスポーティ性に対する憧れだ。

クルマを所有すること自体が夢、そして所有したらどんどん高級なクルマが欲しい、またはスポーツカーが欲しいといった、かつて日本の若者たちも抱いた、クルマに対する向上心が、経済新興国のなかに残っている。地域によっては、ストリートドラックレースなどに興じる若者もいる。シフトチェンジしながら加速していくことのよろこびが、明日への活力になるのだろう。

また、中国ではMT比率が高くない印象がある。若者もMT優先というワケでもない。これは、やはりアメリカンカルチャーの影響ではないだろうか。2000年代以降の急激な経済成長を押し上げたのは、アメリカ生活経験がある富裕層という指摘があるからだ。

日本ではごく一部となったMT。世界各所で、まだまだ需要が続きそうだ。

引用元;WEB CARTOP 2020年9月15日
https://news.livedoor.com/article/detail/18901580/

 


日本の現状だけを見て、AT限定にすると、将来的に海外に滞在したりするときに困ることになります。多くの地ではMT車が主流であり、現地で車を購入するにしても、レンタカーを借りるにしても、MTに出会う確率がはるかに高くなります。慣れない海外で初めてのMT車に挑むのは、あまりにも無謀です。Shift-UP Clubにも、しばしば海外赴任中の方から助けを求められるかのようにオンライン指導を希望する方がいらっしゃいます。MT車攻略マニュアルやオンライン指導だけでも、はじめてのMT車を攻略することは可能ですが、事前に教習所でMT車に乗車した経験がある方が確実であることは言うまでもありません。

教習所に通うのは平均して半年以内の短い期間ですが、その後のドライバー人生は30年40年と続いていきます。この間に、どんな人生を進み、どんな機会が訪れるかは、免許取得当時は予想できないものがあります。僅かな日数、僅かな費用の差ですから、MT車も乗れる教習コースを受講することをお勧めします。

 

このページ『ATとMTの比率は日本と世界で違う』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ