トップページへ

バスとトラックはMT車が好まれる理由

車の運転のコツ » 05AT車とMT車 » バスとトラックはMT車が好まれる理由

バスとトラックはMT車が好まれる理由

大型車においても、AT車の割合が徐々に増えてきています。これにはいくつか理由がありますが、それに関しては次に引用する記事に詳述されています。

しかし、ATが増えるということは、その弊害である「アクセルとブレーキの踏み間違い事故」も増えるということが、残念ながら現実としてあります。他記事にもまとめてありますが、実際に路線バスで複数の踏み間違い事故が発生しています。しかも、その被害は甚大です。こうした事故が、これからも増えていくということは知っておいた方がいいでしょう。

では、大型商用車のトランスミッション事情を述べた記事を引用します。

 

●乗用車はAT車だらけの時代でもバスにはMT車が多く存在する理由

大型バスではまだまだMT車が主流だ
一般のユーザーが乗る乗用車においてはもはや9割以上が2ペダルのAT車となっており、MT車を好むのは一部のクルマ好きやスポーツカーユーザーというのが現状だ。

その一方で、大型バスにおいてはまだまだMT車が主流となっており、AT化の波はようやく徐々にやってきたというのが正直な印象だ。

ではなぜ、大型バスのAT化が遅れていたのだろうか。そもそも車両価格の高い大型バスは少しでも購入時の費用を抑えるために価格の高いAT車ではなくMT車を選んでいた、という理由もないわけでないが、それ以外の部分でもMT車の方が優れている点があったのである。

ATの改良や人手不足などから2ペダル化が進んできている
当然ながらバスは乗客を乗せて運行する乗り物であり、乗客に不快な振動を与えないで走行するというのがプロドライバーの腕の見せ所となる。となると、繊細なクラッチ操作をドライバー側でコントロールすることができるMT車のほうが、スムースなドライビングをすることが可能だったというわけだ。

一昔前のAT車のバスではこの辺りのコントロールは苦手分野であり、変速ショックが大きかったり、変速ショックを無くそうと半クラッチ状態を多くすると燃費の悪化、クラッチの摩耗、もっさりとした走行感覚などデメリットが大きかったのだ。そのため、未だにストップ&ゴーが多い路線バスなどではMT車が多く存在しているというわけなのである。

しかし、最近ではATの改良も進み、かなりスムースな走行が実現できるようになっただけでなく、そもそもバスのドライバーの人手不足という点もあって、2べダルで運転できるAT車のシェアが徐々に拡大している。一部のメーカーではすでに大型バスのラインアップからMT車を廃止して、AT車のみとなっている車種も珍しくない。

もちろん、クラッチ操作がなくなったからといって、乗客を目的地に安全に届けるプロドライバーの大変さは変わらないが、より運転に集中できるようになる大型バスの2ペダル化は、我々乗客にとってもメリットが大きいと言えるのかもしれない。

引用元;WEB CARTOP

 


上記の記事で述べられている通り、一昔前の大型車のATには実用に耐えがたいものが多く、ドライバーからも敬遠されることが多かったものです。そして、現在は昔と比べるとATがスムーズになったことは確かです。そのため、専任の運転者が乗る訳ではないレンタカーや貸し出しトラックにおいては、AT車が大半となっています。徐々に大型貨物トラックや路線バスにおいてもAT車が増えてきているのです。しかし、この流れには2つの問題があります。

まずひとつ目の問題は、ドライバビリティの問題です。上記の記事のように「ドライバー不足」という市場の要請でATが増えてきてはいますが、そして、ATの質も改良されてきてはいますが、それでもなおMTには様々な点で劣ります。まず燃費でベテランドライバーのMTを上回ることは無理です。(乗用車などのカタログ燃費で、ATなど2ペダル車の方が高燃費であるイメージを持つ方が多いですが、これは実燃費ではありません。)そして、砂利道などの悪路ではATは走りにくいものです。砂利道や泥道、雪混じりの道やアイスバーン。もしトルクの伝達の調整を人間の足で行うMTと同等のATを開発するならば、多数のセンサー類とリアルタイム画像処理システムが必要になり、もはや完全自動運転を実現するほどの開発コストが必要になるでしょう。さらには、高速道路などの、いわゆるサグ渋滞の原因となってしまう可能性が高いのも問題です。ATなどの、いわゆる自動トランスミッションに共通する問題点として、シフトダウンの的確さに欠けるという点が、渋滞という形になって現れるのがサグ渋滞です。MTであれば、車間距離や傾斜、路面の状況に応じてシフトダウンすることは普通ですが、ATではシステムに任せきりです。そしてほとんどのATでは、燃費を最優先したセッティングのままなので、よほどのこと(キックダウンをするなど)がない限りは、シフトダウンしません。サグ渋滞のような緩やかな上り坂では、こうしたAT車が多いほど、すぐ渋滞となってしまう訳です。

二つ目の問題点として大きいのは、踏み間違い事故の問題です。大型車であろうと乗用車であろうと、高齢者であろうと若者であろうと、サンデードライバーであろうとプロドライバーであろうと、AT車であるかぎりは、ペダルの踏み間違い事故のリスクからは逃れられません。これは、構造的問題だからです。詳しくは別記事や、専用サイトに譲りますが、こうした事故が乗用車であれば、まだ数人の死傷者で済むかも知れません。しかし、大型車となると、同じミスであっても、被害の規模がけた違いに大きくなります。実際、東京や神奈川の路線バスで起こった踏み間違い事故は、運転ミスそのものは、よくある小さなものでしたし、速度も発進直後で大したことはありませんでした。しかし、電柱が倒れたり、多数の怪我人が出たりと、大きな被害が出ました。

記事では、AT車は乗客にとってもメリットがあるというような結びになっていますが、果たしてそうでしょうか。ATを搭載する大型車が増えれば増えるほど、こうした重大事故の発生件数が増える。このことを踏まえて、ニュースなどで社会情勢を追っていく必要があると考えます。

このページ『バスとトラックはMT車が好まれる理由』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ