トップページへ

免許取得後にお勧めの車種~メルセデス E200セダン

車の運転のコツ » 09運転ブログ » 091運転インプレッション » 免許取得後にお勧めの車種~メルセデス E200セダン

Mercedes-benz_W213_Sedan_by_Front_(right).jpg

●外装
メルセデスらしい、押し出しの強いデザインが継承されつつ、現在のトレンドも表していて、Eクラスに求められるボディデザインが緊密にまとめられています。セダンとしては常識的なプロポーションですが、国産車ではこのコンベンショナルな形がめっきり減っている中で、新鮮に映ります。このオーソドックスなセダンの美点である見切りの良さ、運転のしやすさ、ユーティリティ性の良さは、しっかりと感じることができます。

●内装
車内というより室内と呼ぶ方がふさわしく、くつろげる空間として考えうる機能はすべて装備しています。皮張りやブラックウッド調のファブリックは上質で、どのシートに座っても快適な時間を過ごせます。運転席周りセンターコンソールに目を向けると、インフォテインメントを中心とした操作系配置となっており、トランスミッションを操作するシフトレバーも、この世代のメルセデスに共通のものでワイパーレバー付近への配置。そのインフォテインメントですが、ナビやオーディオ自体の質は問題ありませんが、操作系がいまひとつ使いづらく、再考の余地ありそうです。手元の操作系とともに、日本車のようにタッチパネルでも直接操作できるようにするとグッと使い易くなるのではないでしょうか。

●エンジン・走行性能
2リットルながら、スムーズで吹け上がりの良いエンジンで、重いはずのボディを感じさせない鋭い加速を見せます。静かな室内には、アクセルを踏み込んだときに限って心地よいエンジン音のみが届き、走りの良さも随時感じることができます。重量があって剛性を高められたボディを支える足回りは質が高いもので、路面のギャップをまったく感じさせない一方で、しっかりと四輪のタイヤの動きが分かるという、相反するニーズを見事にバランスさせています。運転においては、最も印象的なのが車線維持機能付きACC(オートクルーズ)です。全車速対応、つまり渋滞対応で、低速でもステアリングアシストが働き、ほぼ自動運転を実現しています。速度の調節はもちろん、ステアリングの動きもとてもスムーズで、安心感を感じさせます。もちろん、将来的な自動運転をにらんだ機能で、現時点ではとても良く出来ていると言えますが、本格的な自動運転という意味では課題も見えます。前車への追従の場面で、加減速自体はスムーズな動きですが、予測が働かないため、ドライバーの感覚とはやはり乖離があります。あくまでレーダーやカメラで前車の動きを見てから動くため、どうしてもワンテンポ遅くなります。このあたりは、将来AIで改善する可能性もありますが、本サイトで指摘している通り、AIが進化するに応じてリスクも大きくなるという問題があります。この未来の技術をメルセデスがどう進めていくのか、楽しみなところです。日本で使うには、やや大きめな車ではありますが、古くから人気のあるEクラスですから、日常使いの範囲で最高の車を買いたいという方にはぴったりの選択です。

このページ『免許取得後にお勧めの車種~メルセデス E200セダン』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ