トップページへ

免許取得後にお勧めの車種~トヨタ・ヴィッツ

車の運転のコツ » 09運転ブログ » 091運転インプレッション » 免許取得後にお勧めの車種~トヨタ・ヴィッツ

トヨタ・ヴィッツの評価・評判・レビュー

●外装
近年、トヨタの全車種に統一的に使われているデザインを若々しくアレンジしたもので、好印象です。特にフロントグリル下部が大胆に切り込みが入ったような意匠で、元気な走りをイメージさせます。リアも常識的なもので、かつ元気さを感じさせるものです。初代ヴィッツはとても目を引くような印象的な前後デザインでしたが、目を引く要素を引き継ぎながらも、すっきりと現代的な外装になりました。

●内装
室内に乗り込むと、内装は良くも悪くもシンプルです。シートはサイドサポート付きの形状であるものの張り感はやや弱め。メーターもエアコン操作周りも、従来ながらのとてもシンプルなもので、操作しやすいとも言えますが、現代の車としてはシンプル過ぎるようにも思えます。後部座席やリアのラゲッジスペースはこのサイズの車としては十分で、実用車として過不足なく使えます。内装全般に関して言うと、安いパーツを使ったとしても、もう少しポップな演出を加えたり、フォルクスワーゲンのような手足へのフィット感を加えても良いように思えます。

●エンジン・走行性能
まず、アクセルの踏み始めの「もたつき感」が気になります。エンジン性能自体は十分で、車体とのバランスも良いものなのですが、踏み始めの領域だけが緩やか過ぎる印象です。これはトランスミッションとの相性の問題なのか、ペダルの電子制御の問題なのか分かりませんが、ダイレクト感に欠ける制御になってしまっています。燃費を向上させる、いわゆる「ふんわりアクセル」をクルマ側が行うという趣旨で、このようにセッティングされている車も見受けられますが、逆効果でしょう。踏み込んでも思い通りに車が進んでいかないと、踏みすぎによる燃費悪化を招いたり、踏み間違い事故につながったりしかねません。一度加速し始めてからのエンジン性能は全く違和感がないだけに、改善してほしい点です。また、高速道路では車体の安定感にやや欠ける印象なのも気になります。

外装デザインも良く、サイズ感も初心者にちょうど良いものでありながら、肝心の走行性能に関してはいま一つ煮詰まっていない印象があります。このクラスの車では、ライバルであるフィットやデミオ、スイフトが非常に高いレベルになってきているため、購入を検討されている方は十分に比較してみることをお勧めします。

Toyota_Vitz_HYBRID_U_(DAA-NHP130-AHXEB)_front.jpg

このページ『免許取得後にお勧めの車種~トヨタ・ヴィッツ』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ