トップページへ

全ての車がEVになるのか?

車の運転のコツ » 09運転ブログ » 092車生活 » 全ての車がEVになるのか?

世界的に自動車は電動(EV)になっていく、と考えている方が多くなっています。しかし、この実態はエネルギー利権が絡んだ政治争論であって、経済的な論争でもなければ自動車の技術開発論争でもありません。あくまで政治的に事が動いているため、EV車両が支配的になっていく可能性はありますが、それが一般市民の利便性を高めたり、経済的な底上げをする要因にはならないでしょう。また環境に良い施策かというと多いに疑問符が付きます。


エネルギーの効率としてみた場合、世に溢れる石油製品の製造過程の初期段階で、必ず出来上がるガソリンを、動力として有効活用しようという点でエコロジカルであるという見方もあります。これは、割り箸が森林伐採という悪事を招いているのではなく、間伐材という、森を守るための産物を有効利用することにも似ています。

液体で保存し、気化させることで動力とするガソリンは、可搬性、保存性に優れています。送電線やパイプラインのような特別な線を引かなくても、陸路や海路でどこにでも運ぶことができます。一方でEVの動力源となる電気は、運ぶことが難しく、保存も難しいという特徴があります。日本をはじめ先進諸国には、国中に張り巡らされた送電網がありますが、送電ロスが大きいため発電所や変電所をグリッド状に配置する必要があります。保存も難しいため、短期間のバッテリー保存に頼ることになりますが、これも自然放電との戦いになります。電気を動力源としてなるべくロスを少なくしようとすると、発電してその場で使用する、というのがもっとも効率の良い方法になります。「電気ならとにかくエコだ」という考えは誤りで、発電した電気を、使用する前にロスで失ってしまうのは、非常に環境に悪い行為だと言わざるを得ません。

このように、動力源を電気のみに頼るのは、決してエコでも先進的でもありません。むしろ、燃料を複数化すること。つまり、ハイブリッド車こそが、技術的に見れば正常進化だと考えられます。現状では電気かガソリンのみのハイブリッド車ですが、将来的には新たな動力源でも動かすことのできる車が開発されるかも知れません。

自動車ディーラーのブラッド・ソワーズは、ゼネラルモーターズ社から発売される予定の新型電気自動車に備えて、お金をかけています。 彼はセントルイスのディーラーで、充電ステーションを設置し、サービスキュービクルをアップグレードし、技術的に問題のあるこの車について従業員を再教育しています。

しかし、実際に電気自動車であるシボレー・ボルトの昨年の販売台数は、シボレー全体の4,000台に対し、わずか9台であったことを考えると、彼は少し躊躇し始めました。 彼は、電気自動車への移行について、「アメリカの真ん中にいる消費者はまだそこにいない」と言います。 その理由は、彼の顧客の多くは毎日長距離を運転しなければならず、主要都市以外では充電設備が不足しているからです。

自動車業界の幹部や投資家が電気自動車の時代が来ると語る中、多くのディーラーは、その熱気を現在の新車販売の現実と一致させるためには、多くの努力が必要だと語っています。 昨年の米国の自動車販売台数に占める電池駆動車の割合は2%未満でした。

販売店や業界アナリストによると、ほとんどの消費者は電気自動車を購入せず、また、ガソリン価格が比較的低いため、ハイブリッド車でさえ販売するのは難しいだろうとのことです。
多くのディーラーは、世間で言われているような時代の流れに追いつこうとしているが、実際にお客様がシフトしてくれるかどうか、どのくらいの速さでシフトしてくれるかわからない、という微妙な立場に置かれていると感じ始めています。 全体の約20%にあたる約180社のGMディーラーは、電気自動車を販売するためにGMが求めている高額なアップグレードへの投資をせず、キャデラックのフランチャイズを降りることを決定しました。

これまで、電気自動車の販売拡大に向けた取り組みは、ほとんどが失敗に終わり、小売店には在庫が増える一方でした。 現在でも、電気自動車を大量に仕入れることに抵抗があるというディーラーもあります。

"マサチューセッツ州のディーラー、クリス・レムリー氏は、「最大の課題は、ディーラーが昔の誰かが狼を叫んでいるような状態になっていることだ」と語る。

お店の人もよくわからないようです。 Union of Concerned Scientistsのエネルギーアナリストであるダニエルは、電気自動車の購入を決意したものの、ワシントンD.C.にある彼のアパートの近くには公共の充電ステーションが十分にないことに気づき、最終的に購入を断念したと言います。

中国紙 网易 2021/3/8

このページ『全ての車がEVになるのか?』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ