トップページへ

ワイヤー式ペダルから電動ペダルへ

車の運転のコツ » 09運転ブログ » ワイヤー式ペダルから電動ペダルへ

アクセルバイワイヤのデメリット

昔のクルマは、アクセルペダルが直接エンジンのスロットルに、ワイヤーを介してつながっており、ペダルの踏み具合は常に同じスロットルの開き具合を意味していました。調整幅があるとすれば、ワイヤーの伸び具合やペダルの踏みしろ程度であり、右足の動きはダイレクトにエンジンの回転数とリンクしていた訳です。ところが、ワイヤーを無くして電動化させることによって、アクセルペダルはいわゆる「リモコン」と同じような意味合いとなりました。ペダルの動きを、必ずしもエンジンの回転数とリンクさせる必要はなくなった訳です。これによって、オートクルーズの細かい制御を容易にしたり、ペダルの踏み間違いを検知した時にエンジン回転を抑えるなどの電子的な制御が可能になりました。

一方でダイレクトな操作感というのは失われました。いわゆるペダルの踏み応えは、直接ワイヤーでスロットルを動かしている訳ではないため、自動車メーカーの味付けに掛かってきます。例えば、固い踏み心地にするのも、柔らかい踏み心地にするのも、ペダルのバネひとつで決めることができ、この固さ・柔らかさはスロットルの開け具合には影響しません。

また、ペダルを踏み込んでも、スロットルの開け具合を緩やかにする、いわゆる「ふんわりアクセル」をクルマ側で演出することもできます。燃費競争にしのぎを削っていた自動車メーカーにとっては、簡単にできる燃費調節の手法として採用されることが多かったようです。また、「発進で急に飛び出すのは怖い」というドライバーの意見を受けて、アクセルを踏み込んでもスロットルを緩やかに開ける設定はよく見受けられます。

しかし、これらはドライバーによっては逆に燃費を悪化させる要因になり兼ねません。踏み具合と車の加速が一致していませんので、イメージ通りにならない心理的負荷から、ついペダルを踏み込むという癖がついてしまうことが多いため、むしろ燃費が悪くなってしまうという現象が報告されています。燃費が悪くなって、加速しないストレスを持つようであれば、最初から味付けなどをせずに、ワイヤー直結の機械式と同じようにリニアにアクセルペダルとエンジン回転を一致させる方が良いのではないでしょうか。

 

他の記事へ【電動化による弊害について】

このページ『ワイヤー式ペダルから電動ペダルへ』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ