トップページへ

キーレス車で相次ぐ一酸化炭素中毒死、エンジン停止と誤認

車の運転のコツ » 09運転ブログ » キーレス車で相次ぐ一酸化炭素中毒死、エンジン停止と誤認

キーレスエントリーのデメリット

自動車の電子制御化が進んでいますが、ドライバーの直感に寄り添っていない設計が増えているという懸念を、当サイトでたびたび指摘しています。

今回入ってきたニュースは、すでに広く普及している「キーレスエントリー・キーレス始動」に関わる死亡事例についてです。米国では気密性の高いガレージを持つ家が多いからか、エンジンの(誤った)掛けっぱなしが、一酸化炭素中毒を引き起こしてしまうようです。次の記事をご覧ください。

 

●キーレス車で相次ぐ一酸化炭素中毒死、エンジン停止と誤認 米紙

 

ニューヨーク(CNNMoney) 米紙ニューヨーク・タイムズの13日の報道によると、鍵を使わずにエンジンを始動できるキーレス車で、エンジンが停止していなかったことによる一酸化炭素中毒の死者が2006年以降で少なくとも28人、負傷者は45人に上っていることが分かった。

被害者はいずれも、エンジンは停止したと思っていたという。

キーレス車はボタン1つでエンジンが始動でき、電子キーのリモコンはポケットや財布の中に入ったままになる。米国では2000年代初めごろから登場した。

2015年には、キーレス始動車が関連する一酸化炭素中毒で13人が死亡したとして集団代表訴訟が起こされたが、16年9月に訴えを退ける判決が言い渡された。

しかしニューヨーク・タイムズ紙の13日の報道は、この問題が予想以上に広がっている可能性を示唆している。

米自動車業界の標準策定団体は7年前、エンジンが停止していない場合は警告音を出すなどの対策を自動車メーカーに義務付けることを提案。米高速道路交通安全局(NHTSA)が、この提案に沿った新しい規制案を打ち出した。

ところが自動車業界の反対に遭って、規制は今も実現していない。

2013年にはNHTSAがキーレス始動車の安全対策に関して自動車メーカー7社に対する調査に乗り出した。しかし結論が出ないまま、調査は間もなく下火になったとニューヨーク・タイムズは伝えている。

NHTSAは今年3月の時点で同紙に対し、「調査を終え、最善策を見極めた時点で適切な措置を講じる」と説明していた。

自動車メーカーは自主的に警告音などの安全機能を装備しているところもあれば、装備していないところもある。

ニューヨーク・タイムズによると、一酸化炭素中毒による死亡事故に関連した車のほぼ半分は、「レクサス」などトヨタの車が占めているという。

トヨタは同紙の取材に対し、キーレス始動車については「連邦安全基準に準拠、もしくはそれ以上の安全対策」を講じていると説明した。CNNMoneyも同社にコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

引用元CNN https://www.cnn.co.jp/m/usa/35119082.html

 


記事で触れららている通り、死亡事故に関係した約半数がレクサスを含めたトヨタ車であるそうで、米国の事情とは言え完全に他人事とは言えません。日本でも、室内に近い位置に車庫を設けている家庭もありますから、今後同じような事例が起きないとは限りません。

キーレスが登場する前までの伝統的なキーは、家の鍵と同様のスチール製で、ドアのキーシリンダーに差し込んでドアを開け、ハンドル脇のコラム部分のキーシリンダーに差し込んで、ACC(アクセサリー)→イルミ→ON→イグニッションと順番にキーを捻ることでエンジンを掛けのるが普通でした。エンジンが掛かっている間は、キーは指しっぱなしです。エンジンを切るときは逆順に回しすとエンジンが切れてキーを外し、車を出たらキーを回してロックを掛ける流れです。車を外からロックしたということは、キーが車外(つまり手元)にある訳で、エンジンが切れているのは当たり前のことです。

ところが、キーレスが登場したことにより、この車に乗り込むとき、車から降りるときの流れが変わりました。電子キーは、ポケットやバッグに入れっぱなしで取り出す必要はなく、ドアのリクエストボタンを押したり、手をかざしたりすればドアは開き、運転席周りにあるスタートボタンを押せばエンジンは掛かります。エンジンを切るときは、スタートボタンを押し、車外に出た時もリクエストボタンを押すだけで、キーを取り出す必要はありません。エンジンが掛かった状態で、車外に出てロックをしようとすると、警告音が鳴るシステムがほとんどです。しかし、現在の車はいろいろなシーンで警告音が鳴るため、何の警告だか分からずにそのままにするケースもあります。

さらに物事をややこしくしているのが、ハイブリッド車やEV車、そしてアイドリングストップ機能を搭載した車です。これらの車は、常にエンジンが掛かっている訳ではないため、エンジンを切ったから車内が無音なのか、そうではないのかが、直感的には分かりません。システムが起動中なのか、オフになったのかは、メーターパネルを見なければ分かりません。

また最近では、エンジンを停止した後でも、一定時間はデイライトやカーテシライト、メーターパネルやナビなどが点いたままになる車種もあります。これは高級車に多い装備ですが、オフになったのかどうかが直感的に非常に分かりにくいという点で、優れた道具であるとは言えません。

一部のホンダ車のように、エンジンを掛けるときはスタートボタンを一度押し、オフにする時はそのボタンを「長押し」するという仕組みも、良い設計であるとは言えないでしょう。

キーレスに関わることではありませんが、日産車のe-Powerシステムのように、ドライバーの意思とは関係なくエンジンが掛かったりオフになったりするのも、人間の直感とはかけ離れているため、使い易いものであるとは言えません。実際に目撃した例では、駅のローターリーで家族を乗せようと停車したノートe-Powerが、子供とみられる男の子が後部座席に乗り込もうとドアハンドルに手を掛けようとしたまさにその瞬間に、「ブオオーン」とエンジンが掛かり、男の子が伸ばした手を引っ込めて後ずさりしていました。人間の直感にとっては、エンジンが掛かる=発進する、ですし、エンジン音が大きくなるにつれて速度が上がっていくと思うものです。

自然界では、危険なものや速度が速いものは大きく重い音を出しますし、安全なときは大きな動きや音がないものです。EVのように、危険な殺傷力を持っているにも関わらず、無音であったり、起動中であるにも関わらず無音であったりするのは、人間の直感を無視した設計であると言わざるを得ません。多様な電子制御技術を、ただ売りになるための装備として搭載するのではなく、人間の直感に寄り添ったものとして、真の意味で安心と安全を提供する技術にして欲しいと思います。

このページ『キーレス車で相次ぐ一酸化炭素中毒死、エンジン停止と誤認』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ