トップページへ

電動パーキングブレーキのリコール

車の運転のコツ » 09運転ブログ » 電動パーキングブレーキのリコール

電動パーキングブレーキのリコール

電動パーキングブレーキ(EPB)に関する不具合で、リコールが届け出られました。ホンダの売れ筋であるN-BOXですが、対象の車種は一部グレードである「スラッシュ」のみに電動パーキングブレーキが設定されているため、台数は限られている模様です。

 

ホンダは6月20日、軽乗用車『N-BOXスラッシュ』の電動パーキングブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは2014年12月8日〜2018年12月14日に製造された4万3419台。

 

今回、電動パーキングブレーキアクチュエータ内部ギヤ潤滑用のグリス塗布量およびグリス溜まり部容積の設定が不適切であったことが判明。上り坂での走行や停車を繰り返すと、溜まり部に溜まったグリスのオイル成分がモータ内部に侵入し、モータ内の摩耗粉と混ざり、導電性のある異物が生成されることがある。そのため、そのままの状態で使用すると、異物がモータターミナルに付着し、モータ回路がショート。警告灯が点灯するとともに駐車ブレーキが作動しなくなる、または、解除できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、左右電動パーキングブレーキアクチュエータを対策品と交換する。

不具合は50件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

2019年6月20日(木)17時21分
https://response.jp/article/2019/06/20/323656.html

 


この現象は、グリスの移動によって発生するということで、旧来の手動パーキングブレーキでもそれ自体は発生する可能性はあります。しかし、手動であれば、パーキングブレーキを作動させること自体は手動で可能でしょう。この事例では、電動モーターで動作させる仕組みであるため、モーターが動作しなくなり、結果としてパーキングブレーキが機能しなくなるというものだそうです。

電動パーキングブレーキは力もいらず便利ではありますが、電装系というのは結露や断線(ショート)などによって動作しなくなる場合があります。パーキングブレーキのように、運転操作にとって重要な要素に関して、機械的な仕組みも並存させる必要があるのではないでしょうか。

AT車の踏み間違いでも見られることですが、電動化することで利便性は上がったものの、ミスや故障などの緊急時に機械的なバックアップが設けられていないことに、設計思想の問題点が現れています。例えばMT車であれば、機械的なクラッチペダルがあり、電気供給が切れようがエンジンが暴走しようが、ペダルを踏めば動力を即座に遮断できます。利便性とコストカットを追求するあまり、安全性への配慮がおろそかになっていないでしょうか。

 

 

関連記事へ【電動化による弊害について】

このページ『電動パーキングブレーキのリコール』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ