トップページへ

高齢ドライバー調査で「危険を危険と分かっていない」人が多数

車の運転のコツ » 09運転ブログ » 高齢ドライバー調査で「危険を危険と分かっていない」人が多数

アクセルとブレーキの踏み間違い‭事故など、高齢者の運転による重大事故が社会問題になっています。高齢者の運転が危険になりがちな理由は、主に3つの要素が関係していると考えられます。まず、下記のニュース記事をご紹介します。


高齢ドライバー調査で驚きの実態判明「危険を危険と分かっていない」人が多数

 高齢ドライバーによる交通事故の多発を受けて、東京都は緊急対策として「東京都高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金」制度を開始した。

 都内在住の70歳以上の運転免許保有者が対象で、取扱事業者(自動車メーカー・カー用品店)の特定店舗で、ペダル踏み間違いによる急加速を抑制する装置を1割負担で購入・設置できる(1台につき10万円まで)。

 7月31日から開始された同制度について、選挙調査を行う株式会社グリーン・シップが、認知度の自主調査を行った(調査日8月6日。都内在住で70歳以上の自動車保有者。およびその世帯を対象。男女計758人)。

 同社の田中明子社長は「非常に良い制度で、どんどん利用していただきたいが、本当に浸透しているのか調査してみた」と話す。制度に対する認知度は全体の62・9%が「知っている」と答えた。制度の対象となる70代以上も6割以上が認知していた。逆に40代以下では6割以上が認知していなかった。
「運転中に(ブレーキとアクセルを)踏み間違えてヒヤリとした経験があるか」という設問に「ある」と回答したのは、40代以下で33・3%。70代で8・1%。80歳以上は13・5%だった。

 田中社長は「若い人ほど危険を素直に危険と認識していて、高齢者は危険を危険だと実感していないという結果だと思います」と指摘する。車に最初から自動ブレーキ機能が付いていたのは17・2%。補助金を利用して付けたのは2・5%。補助金を利用せずに付けたのは2・6%。何も付いていないのが残りの77・7%という結果だった。

 調査日が制度開始1週間後だからかもしれないが「何もついていない」と回答した人に「補助金の利用意向」を聞くと、70代は57・2%。80歳以上は45・1%がその意向があるという結果だった。

「認知度はまずまずだが、対策をしようという高齢者は少ない」との課題が見えた。

引用元;東スポWeb 2019年8月28日

自分の運転を危険だと感じないとするのは、認知の歪みが関わっている可能性がああります。なぜなら、次に指摘する通り、高齢になると身体的な機能の衰えが誰でも発生するため、危険性は多かれ少なかれ高まってしまいます。それを正しく認識できないのは、認知機能の片寄りの現れだと考えられます。

高齢になると、よく考えられる認知・判断の誤りから運転ミスをするだけではありません。その他にも重大な2つの要素があります。1つ目は、目の機能の衰えです。これは視力の問題だけではありません。動体視力や瞬間視、有効視野などの、いわゆる目ヂカラが衰えてきます。こうなると運転に徐々に支障をきたし、判断ミスを起こしやすくなります。最終的には重大事故へとつながりかねません。ところが、免許の更新では視力とせいぜい深視力しか問題にされません。2つ目は、目と身体の挙応動作の衰えです。目から入力された視覚情報を元に体を動かす訳ですが、これが協調しにくくなってくるわけです。さらに、運動能力事態も低下している訳ですから、余計に運転は厳しくなります。

老化に抗うことはできませんが、トレーニングによって状態を保つことはできます。当サイトでも運転と目の環形について、ご紹介していきます。

このページ『高齢ドライバー調査で「危険を危険と分かっていない」人が多数』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ