トップページへ

自動運転車による事故の原因が明らかに

車の運転のコツ » 09運転ブログ » 自動運転車による事故の原因が明らかに

自動運転車による事故の原因

自動運転開発者の、交通事故に対する意識の低さが浮き彫りになってきています。

下記の記事でも報じられていますが、自動運転車はすでに米国だけでも複数件の死亡事故を引き起こしています。プログラムソフトが人命を奪った訳です。これだけでも、自動運転車の開発は大きな失敗だと言えるほどのインパクトですが、その後も開発陣は特に意に介する様子はないようです。

 

【11月6日 AFP】米配車大手ウーバー(Uber)の自動運転車が昨年、アリゾナ州で女性(49)をひき死亡させた事故で、米運輸規制当局は5日、交通規則を無視して道路を横断していた女性を、自動運転車のソフトウエアが認識できなかったことを明らかにした。

米国家運輸安全委員会(NTSB)の発表によると、フェニックス(Phoenix)郊外のテンピ(Tempe)で起きた事故で死亡した女性は「横断歩道がない場所を渡っていた」が、自動運転車のシステム設計は交通規則を無視する歩行者を考慮していなかったという。

NTSBの一次報告書では、自動運転車に搭載されたシステムが事故発生のおよそ6秒前に、夜間に自転車を押しながら道路を横切っていた女性を感知していたと判断していた。

しかし、正式に事故原因を決定するために今月19日に開かれる公判を前に公開された最新報告書では、システムが「女性を歩行者として分類」せず、物体として認識したことが指摘されている。

システムは事故のおよそ1.2秒前に衝突が迫っていることを認識し、自動運転車の危険な動きを減じるために「極端なブレーキやハンドル操作を抑制した」という。

報告によると、このアリゾナ州での事故以外に、ウーバーのテスト用車両が自動運転モード中に発生した事故は、2016年9月から18年3月にかけて37件となっている。

引用元;AFP 

 

記事の末尾にさらりと「2年間で自動運転が37件の事故を起こした」と書かれていますが、恐ろしいことです。自動運転モード中ということは、ドライバーが一切関わらなくても良い状態だというニュアンスを与えます。運転支援モードではないのです。つまり、人間の運転操作なしに、システムが運転して事故を起こした件数が37件もあるということ。そして、それよりも遥かに多い件数の事故未遂があるであろうことです。自動運転をうたった機能を持つ車を運転した経験がある方は、すぐ想像がつくでしょう。自動運転モード中に危ないシーンはたびたび経験しますが、危険を直感して人間がハンドルを思わずきってしまうのです。いわゆるオーバーライドというもので、システムの自動運転を上書き操作で人間の側で危険回避をするものです。こうした経験を何度ももつ方がたくさんいるはずです。つまり、自動運転の事故が、人間の補助によって回避されている件数が数多く存在しているということです。このこと自体が大きな矛盾です。そして、それを超えて、実際に事故になってしまった件数が37件もあるという訳です。

もっと恐ろしいのは、こうした事故が織り込み済みであるかのように開発をそのまま続ける開発会社の姿勢です。人が怪我をしたり、人命が奪われるのは、偉大なシステムを生む上での致し方がない犠牲である、と考えているのでしょうか。もし、その犠牲者が「たまたま」開発者のひとりの家族であっても、同じように開発を進めるのでしょうか。

上記の記事でも、そうした姿勢は垣間見ることができます。交通規則を無視して道路を横断する人を認識するようには、システムはなっていなかった、とされています。交通規則を守らないような人間は、守るべき命ではない、という哲学のもとに開発されたと言える訳です。公道、いわゆる道路は、誰もが利用する場所です。こうした公共の場所に、人命軽視ともとれる会社が開発した鉄の塊が、いつのまにか実験と称して走り回っています。知らされることなく、命を賭した実験に参加させられている、と言っても大袈裟ではないかもしれません。少なくとも、日本の自動車メーカーには、尊い命を奪うような拙速な開発は控えて、慎重に進めていただきたいと願うばかりです。

このページ『自動運転車による事故の原因が明らかに』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ