トップページへ

テスラ自動運転中にシート倒し昼寝

車の運転のコツ » 09運転ブログ » テスラ自動運転中にシート倒し昼寝

テスラ自動運転

現在、日本国内ではレベル2の自動運転が認められていて、一部ハンドルの手放しまで高速道路限定で可能となっています。

すでに多くの方がこの手足がフリーになる機能、現状てはACCの進化版という位置づけですが、恩恵に預かっているのではないでしょうか。しかし、多くの方が経験している通り、自動化レベルが上がるほど、退屈感は増していきます。すると当然ながら、覚醒度合いは下がっていきます。下記の記事をご覧下さい。北米での事例です。

 

■カナダ警察、テスラ車オーナーを「運転していなかったため」危険運転で逮捕

 

寝るなら乗るな、乗るなら寝るな

カナダ・アルバータ州で、時速150kmで走行するテスラModel Sのドライバーが危険運転のため逮捕され、起訴されました。罪状は危険運転ではあるものの、別にあおり運転などをしていたわけではなく、むしろ”運転していなかった”ことが問題でした。

7月9日、カナダ王立騎馬警察(RCMP)は高速2号線で挙動の不審な自動車が走行しているとの通報を受けました。 そのクルマは少なくとも時速140km/hで走行し、運転席も助手席も人影は見えず、完全にリクライニングを倒して寝ているのではとのことでした。

RCMPが現場に向かったところ、当該の2019年型テスラModel Sを発見。自動運転を使用しているように見えました。

パトカーが後方から接近し回転灯を点灯させたところ、テスラは自動的に加速し始めたため、警察はレーダー測定器で走行速度を計測、時速150kmで走行していることを確認したため、警告を発してドライバーを起こして停止させました。

まだ20代前半のドライバーは、警察によってその場で速度違反と過労運転による24時間の免停措置がとられました。さらに危険運転容疑によって起訴され、裁判所の召喚状を受け取ったとのことです。

9月19日
以下、全文を読む
-----
■テスラ自動運転中にシート倒し昼寝、時速140キロ出し訴追 カナダ

カナダ・アルバータ州で米テスラの電気自動車を自動運転中、昼寝をして時速140キロメートル以上の高速走行をさせたとして、カナダ人の男が危険運転の罪で訴追された。 アルバータ警察によると、問題の車は運転席と助手席の両方のシートを完全に後ろに倒し、前席の2人がともに寝ている状態で走行していたとみられる。

通報を受けて警察車両が緊急警告灯を点灯して接近し、他の車が進路を譲ると、問題のテスラ・モデルSはスピードを上げたという。 この事件で、運転していたブリティッシュ・コロンビア州の男(20)が訴追され、12月に裁判所に出廷することになった。

男は当初、速度違反により24時間の免許停止の処分を受けたが、のちに危険運転の罪に問われた。

「車はスピード上げた」

この事件は7月、アルバータ州の州都エドモントンの南100キロほどの、ポノカ近郊で起こった。

警察のダリー・ターンブル氏はカナダのCBCニュースに、「車がどこに向かっているのか、窓の外を確認している人が誰もいなかった」と話した。

同氏の話では、警察車両が警告灯をつけたところ、前方を走行していた別の車が道を空けるとともに、テスラは加速したという。

「車内に人の姿は見えなかったが、進路が空いたため問題の車はスピードを上げた」

「警官として勤続23年以上で、その大半で交通取り締まりに当たっているが、言葉が出ない。こんなことは一度もなかった。もちろん、以前はこんなテクノロジーはなかったが」

年内の完全自動運転目指す

テスラの電気自動車は現在、自動運転のレベル2で走行している。運転者は常に注意を払って対応できる状態を保ち、両手をハンドルに乗せておくことが義務付けられている。

テスラ創業者のイーロン・マスク氏は、同社の車が年内に、完全な自動運転を実現することを目指していると表明している。 一方で、実際の路上試験では、解決が必要な「細かい問題がたくさん」見つかっているとしていた。

引用元;(英語記事 Tesla driver charged over 'napping while speeding')
9/18 BBC

 


テスラ社では常に、完全自動運転がすぐにでも実現できるというようなメッセージを社会に発信し続けています。その結果、消費者の誤認も招いていることは否めず、テスラ車オーナーの中でも重大な事故を起こした事例が複数発生しています。レベル2のドライバーアシストの機能に過ぎないのに、まるでドライバーは眠っていても良いかのような宣伝を信じたオーナーが死亡事故を起こしているのです。

実際には完全自動運転には程遠い現状においては、日本のトヨタなどのように、控えめな宣伝に留めて、段階的に開発を進めて欲しいものです。ほかの接客ロボットなどと違って、自動車はひとつの制御ミスが、即、命に関わります。このことを改めて認識して欲しいと思います。

このページ『テスラ自動運転中にシート倒し昼寝』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ