トップページへ

いまMT車に乗るメリット

車の運転のコツ » 02車の運転が苦手な人 » 022MT車(マニュアル車) » いまMT車に乗るメリット

カローラスポーツのiMTなどMTのメリット

「MT車」と聞くと、イメージだけでたじろいでしまう方も多いと思います。渋滞の時に面倒くさそう。坂道発進が億劫。エンストが怖い。このような印象から敬遠してきた方もたくさんいるでしょう。

しかし、です。現在のMT車は相当進化しています。昔のように、ミスにおびえたり、クラッチ操作が億劫になるような状況は皆無と言っても良いでしょう。そこで、令和の時代でもメリットがたくさんあるMT車の状況について、ご紹介します。

・坂道発進のサポート機能がある(大半のMT車)
ヒルクライム・アシストなどの名前で、坂道発進を助けてくれる機能が搭載されたMT車が現在大半を占めています。これは、傾斜のある場所で停止し、そこから発進する場合に、車の側で一定時間ブレーキを掛けてくれる機能です。これによって、半クラッチを保ちながらパーキングブレーキを操作するなどの煩雑なワザは不要になっています。平地での発進のように、クラッチペダルとアクセルペダルに集中するだけで、普通に発進が出来てしまうのです。

・クラッチ操作が軽くなっている(大半のMT車)
ひと昔前は、クラッチペダルが重く、発進やギアチェンジのたびに左足を踏んだり離したりして、くたびれてしまうという不満を持つ方も多かったMT車。現在では、クラッチの材質やクラッチカバーの機構が進化し、劇的にクラッチペダルは軽い力で操作できるようになりました。これによって、何度も踏み込む操作もラクになっていますし、発進時の半クラッチも操作性が向上しています。

・シフトダウン時にショックを無くす機能がある(トヨタiMT等)
MT車で比較的難しいシフトダウンについても、テクノロジーが搭載されています。シフトアップと違い、普通はシフトダウンするときにアクセルペダルを踏み込んで回転を合わせてあげないと、等速でのシフトダウンはできません。ところが、やや難しいこの回転合わせの動作を、自動で行ってくれる車種が出ているのです。自動ブリッピングなどとも呼ばれますが、一部のスポーティモデルでは電子スロットルを自動で開いて最適なエンジン回転に合わせてくれるのです。これによって、いつシフトダウンしてもシフトショックのないスムーズなつながりになります。思う存分スポーツ走行が楽しめるという訳です。もちろん、任意にこの機能をオフにもできます。

・低速トルクが強い車が多くなっている(大半のMT車)
最近MTのグレードが設定されている車種は、低速でもトルクが強くなっています。これは、発進時にトルク不足でエンストするというミスが起こりにくく、発進が容易になっていることを意味しています。特にマツダ車のように、ディーゼルモデルでもMT車が選べる場合は、発進が容易なうえに、発進加速もよく街乗りで流れをリードできるので、普段乗りのMT車としておすすめできます。

~ここからは従来からあるMT車のメリットです~

・ワンサイズ排気量の小さいエンジンでも不足がない
AT車は、仕組み上ドライブトレーンでのパワー伝達ロスが多く発生します。優れたトランスミッションであると認識されているDCTであっても、ATほどではありませんがロスが発生します。CVTにおいてはさらにパワーロスが多くなります。さらに大きいのは、ギア選択が任意にできないことによるエンジンのパワーロスです。先行車が店舗の入口などで左折するために自車も減速し、その後に加速して速度回復するような場面では顕著です。MTならばすぐに手動で3速や2速にシフトダウンして加速に備えるシーンですが、AT車は次の動きを予測してくれません。その結果、パワーのない高いギアのままモッサリと進み、ドライバーがアクセルを強く踏み込んだのを合図にやっとシフトダウンされ(キックダウンという)加速を開始。その加速では強すぎるため、制限速度に抑えるためにアクセルをオフにしたりブレーキを踏んだりします。MTであればドライバーが必要に応じてギアを変えますので、このような無駄なギア変更はありません。MT車ではこのようなロスがないため、排気量がワンサイズ小さいエンジンであっても、排気量が大きいAT車と同じパフォーマンスが出せる訳です。日本の道路であれば、軽自動車のMT車でほとんどの道路を過不足なく走行できます。高速道路であっても、ターボ付きのMT車であればまったくストレスを感じることなく走行することができます。居住性や積載性を考えても、コンパクトカークラスでもMT車であれば十分に満足することができる訳です。

・実燃費が良い
カタログ上ではAT車やCVT車の燃費は、MTより良くなっています。これは燃費の計測方法にうまくマッチするのが、ATやCVTだからです。メーカーの燃費テストでは、一般のドライバーが一般の道路を走行するのではありません。そのため、カタログ燃費ではこのような片寄りが発生します。実際に普通のドライバーが運転すれば、MTの方が燃費が良くなります。ただし、ギア選択や発進のスキルなど、ドライバーに依存しますので、燃費向上を念頭に運転する必要はあります。逆に言えば、燃費によい運転に振るか、キビキビとした走行にするかといった走り方を、いつでも自在に選べるのがMTのメリットです。ATにも走行モードが2~3種類、高級車で4~5種類選べますが、そうしたスイッチを切り替えることなく、普段の運転操作のタイミングを変えるだけで10種類以上、事実上は無段階に走行モードを選べるのがMT車なのです。

・エンジンを思い通りに回すことができる
MT車はエンジン回転をコントロールできます。ギアチェンジというのは、エンジンの回転域を選ぶということであり、パワーを選ぶか速度や燃費を選ぶかというのを、常に状況を見ながら任意にコントロールすることなのです。つまり、ギアを常に自分で選びながらエンジン回転を変えることによって、はじめてそのエンジンの特性を肌で感じることができるという訳です。AT車ではタコメーター自体がない場合も多いですし、DCT車であっても常にマニュアルモードでギアチェンジしない限りは、エンジンの特性は分かりにくいものです。常に自分でギアチェンジするつもりがあれば、最初からMTにした方が良いでしょう。


以上見てきたような、MT車のメリットですが、重量の軽さ、整備性の良さ、耐久性の高さなど他にもたくさんのメリットがあります。近年よく取り挙げられる高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違い事故などを鑑みても、MT車を普及させるべきでしょう。MT車には非常に分かりやすい「クラッチペダル」という安全装置がついています。ATというテクノロジーが生んだ「踏み間違い」というミスを、新たなテクノロジーで防ごうとするのも良いですが、コンベンショナルで単純なMT車を見直してみる良い機会なのではないでしょうか。

 

 

▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

mt_coverpage1.jpg mt車攻略マニュアル

MT車・AT車に関するこちらの記事も合わせてお読み下さい。

 

このページ『いまMT車に乗るメリット』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ