トップページへ

MT車に長く乗り続けるコツ

車の運転のコツ » 02車の運転が苦手な人 » 022MT車(マニュアル車) » MT車に長く乗り続けるコツ

MT車に長く乗り続けるコツのような記事がありましたので、引用してご紹介したいと思います。すでにMT車に乗っている方も、これからMT車を探そうとしている方も参考になる箇所があるかも知れません。


●ずっとMTに乗り続けたい人が抑えておくべきポイントとは

純エンジン車が消えるのも現実味を帯びてきたし、起動トルクが最大トルクであるEVが普及すればギヤボックスも基本的にいらない......。

遠からず、手頃に買えるMT車が絶滅する可能性はかなり大きい。だとすれば、今後10年先、20年先もMT車に乗り続けるためには、今何ができるのかを考えてみよう。


これからもできるだけ長くMT車に乗り続けたいのなら、今のうちに新車で手に入るMT車を買っておくのが一番! トヨタならGR86、GRヤリス、カローラスポーツ、C-HR、GRカローラ、日産なら新しいフェアレディZにマーチ NISMO S。マツダはMT車が豊富で、ロードスターを筆頭にマツダ2、マツダ3、マツダ6、さらにCXシリーズも! あとはスズキのスイフトやアルト、そしてジムニー。ダイハツならコペン。スバルはBRZ。ホンダはN-ONEとシビックぐらい!?

これらのクルマを新車で買えば、ミッションは新品だし、補修部品も生産終了後から少なくとも10年は大丈夫。一番安心して乗り続けられる。

ドラテクを磨く
この時代にわざわざMT車にこだわるのなら、それにふさわしいドラテクを身につけておくことが肝要。ヒール&トゥが上手かどうかも大事だが、それ以上にまずブレーキを伴わないシフトダウンを変速ショック ゼロで毎回成功させるスキルが必要。オートブリッピング付のクルマなら機械任せでもいいが、"マニュアル"にこだわるのなら、ギヤチェンジの回転数の調整は自分の両足で完遂させたいところ。

シフトアップに関してももちろんシフトショックはとことんなくす。かつてタクシーはATでもハイヤーはMTという時代があったが、あれは当時のトルコンATよりも熟練のハイヤードライバーがMTでシフトチェンジしたほうが変速ショックが少なかったため!

シフトチェンジが上手なドライバーは、シンクロも痛めないし、鉄粉も出しにくいので、ミッションを長持ちさせることができるからだ。当然、シフトダウン時のオーバーレブも御法度。オーバーレブはミッションにもダメージがあるがそれ以上にエンジンブローに直結するので、貴重なガソリンエンジンを守るためにも気をつけよう。

大事に保管よりも走らせることが何よりも重要!しっかりメンテナンス

ミッションを長持ちさせるには、メンテナンスも欠かせない。良質のミッションオイルを定期的に交換するのが第一歩で、ミッションマウントやエンジンマウントも劣化すると、ギヤが入りにくくなるので要注意。

クラッチも切れのいい製品で、ダンパー付のものがおすすめ。シフトブーツラバーなども切れる前に交換したい。

暖機走行をする
停車したまま暖機運転をしても、ミッション本体もミッションオイルも温まらないので、いわゆる暖機運転は真冬でも不要だが、その代わり駆動系全体が温まるまでゆっくりしたペースで優しく丁寧に走る暖気走行は必要。

元気に楽しく走り回る
最後は元気に楽しくたくさん走り回ること。機械は動かさないと調子を崩してしまうもの。大事にしつつもガレージに入れっぱなしにしないで、休日はロングドライブを楽しんだり、ワインディングを駆け抜けたり、ときにはサーキット走行も。

いつも動いているクルマが一番幸せで長生きできるというものだし、走っているクルマが多ければメーカーもパーツ供給を続けるだろうし、心強い専門ショップも成立する!?
引用元;Web CARTOP



現在、パワーユニットの中で、電動、すなわちモーターの占める比率が増えてきていることを踏まえての記事です。

ガソリン車はハイブリッド車になり、ハイブリッド車はプラグイン・ハイブリッド車や水素燃料車になり、最終的には純粋なEVになり、全てがやがてはモーター駆動になることで、エンジンは無くなっていく。このような、政治主導のメディアメッセージにみられるようなシナリオに、真っ直ぐ沿った中においてのMT車という見方がなされています。

しかし、当サイトの過去記事でも触れている通り、EV車がガソリン車に取って代わることは社会構造上考えられません。先進国以外では、日常的に停電が発生している国が多数ありますが、そうした国でも自動車は先進国以上に使われている訳で、電力という国家インフラが先進的に確立している場合にのみ成り立つ車両というのは完全に普及することは見込めません。また石油精製過程で発生してしまうガソリンや軽油を(燃料として有効活用することなしに)捨ててしまうことが、本当にエコなのか、という命題もあります。

こうした理由から、上記に紹介した記事ほどMT車の将来は悲観的ではないと考えられますので、「いまのうちに現行車を購入すべし」というのはやや極端な印象があります。

一方で「ドラテクを磨くべし」という点は、まさにその通りです。MT車とAT車の一番大きな違いは、クルマのパフォーマンスが乗り手に大きく依存する、という点です。MTならではという点でドライバーが行うのは、発進とギアチェンジだけだと思われがちですが、その操作の巧拙のみではなく、ギアを変えるタイミングが、エンジンのパフォーマンスを大きく左右するのです。教習所で教わりがちな「ひたすら早いタイミングでシフトアップする」やり方では、燃費面で多少有利な程度で、長期的にみるとエンジンの寿命を縮めてしまいかねません。そうではなく、自分のクルマのエンジン特性を知り、それに合わせたシフトタイミングを基本にして、あとはその時その時の目的に応じたシフトタイミングを変えることで走行パフォーマンスを変化させられます。AT車にも「走行モード」が数種類用意されていることが増えましたが、MTでは無限大にモードが存在する訳です。このように、MT車の技術と知識を深めていくことは、そのままクルマを長寿命にすることにつながりますので、やりがいがあります。

最後にも書かれている通り、上達すればするほど運転することが楽しく思えてくるのがMT車の良い点ですので、ぜひ末長くMT車に乗っていきましょう。

このページ『MT車に長く乗り続けるコツ』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ