トップページへ

MT車とAT車の比率はどう変わる?

車の運転のコツ » 02車の運転が苦手な人 » 022MT車(マニュアル車) » MT車とAT車の比率はどう変わる?

MT車は日本において販売台数が限られています。それでも、近年になって再び新型車でMTを設定する車種も増えてきています。一見、古い技術だと誤解されがちなMTですが、自動車メーカー各社がMT車を設定するのはなぜか、その考察記事がありましたので、ご紹介します。


■MT車を選ぶ人は少数派? でもトヨタやマツダには多し! 各社がMT車を設定する理由

⚫MT派は少ない? それでもMT車の未来は暗くない?

 近年では、日本の新車市場ではAT車の販売比率は98%以上といわれ、2ペダルで運転できるAT車が占めているといいます。

 一方で、新型車にMT車を設定する例も少なからず存在しています。では、昨今の事情のなかでどのようなモデルにMT車が設定されているのでしょうか。

※トヨタが2021年秋に発売を予定している新型「GR86」にも6速MTが設定されている!

 最近のAT車は、昔からの「トルクコンバーター式」、国産車に多く搭載される「CVT」、輸入車などに使われる「DCT」と仕組みが異なるものの、ドライバーがクラッチやシフトの操作をしないことは共通しています。

 MT車では、1速、2速と自らの手や足を使ってシフトチェンジをおこない、慣れない場合にはエンストやスムーズな運転が難しいものです。

 そのため、慣れないと煩わしい操作性やAT技術の進化により、自動車メーカーは限られたモデルにMT車を絞るなどしており、車種は減少していました。

 一方で国産メーカーの乗用車において、MT車のラインナップが多いといえるのはマツダとスズキが挙げられます。

 マツダでは、コンパクトカーの「マツダ2」から「マツダ3(セダン)」「マツダ6(セダン/ワゴン)」、SUVの「CX-3」「CX-30」「CX-5」、そしてスポーツカーの「ロードスター」に6速MTを採用しています。

 多くのラインナップにMT車を設定する理由を以前にマツダは次のように述べていました。

「マツダは、第一に『走る歓び』を大切にしています。走りが好きな人の多くに、MT車を好きな割合が高いことからそのようなニーズにも対応したいと、グローバルで展開するモデルには基本的に設定しています。

 MT車を設定する背景には、経済性を考慮したエントリーモデルに設定することが多いですが、マツダではディーゼル車や上級モデルなど経済性だけではないモデルにも採用しています」

 一方でスズキの国内ラインナップでは軽自動車の「アルト」「アルトワークス」「ワゴンR」「ジムニー」、普通車の「ジムニーシエラ」「スイフト」に5速MTを設定。「スイフトスポーツ」には唯一6速MTが採用されています。

 以前にスズキではMT車のラインナップについて次のように説明していました。

「標準モデルやスポーツモデル、SUVなど多くのタイプにMT仕様を設定しています。

 具体的に、ジムニー/ジムニーシエラ、スイフト、アルト、ワゴンRなどです。車種毎に設定背景は違いますが、多くの理由として『お客さまの希望が多い』という点があります」

※ ※ ※

 このように、メーカーとしての方向性やそれぞれの車種によるニーズによって設定されているようです。

 また、近年では「ブレーキホールド機能」や「エンスト防止機能」など、これまでMT車に乗るうえで懸念点だった坂道発進や発進時のエンストにおける不安要素が解消されつつあるなど、MT車に対する印象も変わりつつあるといえます。

⚫トヨタはMT車に注力? 世界的にはMT派はまだまだ多い?

 トヨタでは、近年ラインナップするモデルにMT車を追加するなど、MT車に注力するような動きを見せています。

 国内ラインナップでは、「ヤリス」「カローラスポーツ」「カローラ(セダン」「カローラツーリング(ワゴン)」「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」「C-HR」といったモデルにMT車を設定。

 さらに、スポーツカーとして「コペン GR SPORT」「GRヤリス」「86」とその後継モデルとなる「GR86」に設定されるなどモデル数だけではトヨタがもっとも多くなります。

 これらのモデルでは、フルモデルチェンジなどで設定されることが多いですが、C-HRに関してはマイナーチェンジで追加設定されました。

 途中からMT車追加されたC-HRに関して、トヨタ広報部は、次のように説明しています。

「マニュアル車を望んでいるお客さまの声があり、このクルマの特徴を踏まえ、より多くの人にクルマを楽しむことを提供したいと考えて設定しました」

⚫6速MTを設定する「カローラスポーツ」
 なお、前述のカローラとカローラツーリングは2019年9月にフルモデルチェンジしたモデルですが、この際に1.2リッターターボエンジンと6速MTを組み合わせた専用仕様が設定されています。

 フルモデルチェンジの発表時に開発を担当したチーフエンジニアの上田泰史氏は、次のように説明していました。

「運転にひと手間加えて『自分でクルマを操る』というところを感じていただきたいと考え、その思いを伝えたかったので、MT仕様を残しました。

 カローラスポーツにMTを設定したときも、お客様さまから『MT仕様があってよかったです』という声をいただいています」

 上田氏によると、カローラスポーツの販売数のうち、MT仕様の割合は5%から10%程度だと説明しています。

 また、トヨタのSUVで高い人気を誇る「ライズ」は海外でも展開されていますが、2021年4月30日にトヨタのインドネシア法人は現地向けに5速MTを設定しました。

 このように、グローバルでのMT需要を考えると、日本を含めてMT派が存在する限りは、新たなMT車が登場するかもしれません。

https://news.livedoor.com/article/detail/20170078/



記事で紹介されている通り、日本においてもMT派が存在し、2ペダル車にはない優位性を感じている層がいるということが、まずひとつです。進化している2ペダル車が実用面で有利だと考えている方が多いのですが、それは誤解で、2ペダル車の美点は「楽である」という1点に限られます。他のあらゆる要素、例えば、燃費(カタログ燃費ではなく実燃費)、耐久性、整備性、重量、操作の柔軟性などあらゆる面でMTが優れているのです。またMTそのものも進化しており、記事にある通り、唯一の難点である「習得に時間が掛かる」という部分も技術的にサポートされています。

また、もう1点は、世界規模で見た場合のユーザー数の多さがあります。日米中や欧州の一部では2ペダル車が優位の地域もありますが、多くの国ではMT車がいまだ過半数です。今後EV化が進むことで、MTも含めたトランスミッションがなくなるのでは、と見る向きもあります。しかし、そうした流れも電力供給量が充足しているごく一部の先進国に限られ、その他の、過酷な気象条件を伴う国々においてはこうした流れは当てはまりません。当面はガソリンエンジン、そして使い勝手に勝るマニュアルトランスミッションがシェアを保持することが見込まれるのです。

将来的に技術開発が見込まれている自動運転においては、2ペダル車の中でもATやDCTといった多段ギアをベースにしたものよりも、CVTのような無段階変速の方が親和性が高いでしょう。EVのようにモーター駆動の方がコンピューターによって制御しやすいのは事実だとしても、動力源が電気だけだと、限られた電気を駆動系と自動運転の制御系で食い合ってしまうため、難しいのではないでしょうか。自動運転は制御のレベルが上がれば上がるほど(センサーで取り込む情報量が増えるほど)、リアルタイム動画処理に要する電力が膨大になるという予測があります。この意味でも電気とエンジンの併用、つまりハイブリッドシステムの活用が見込まれ、その形式によってはトランスミッションの活躍が続くことになります。

このように、MTが急激に無くなることは考えにくく、教習所のコースを選ぶ段階では、MT車も運転することができる普通免許を取得しておくことが依然として薦められるのが現状です。

このページ『MT車とAT車の比率はどう変わる?』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ