トップページへ

「エンストしないMT」爆誕!トヨタiMT

車の運転のコツ » 02車の運転が苦手な人 » 022MT車(マニュアル車) » 「エンストしないMT」爆誕!トヨタiMT

iMT(インテリジェント・マニュアル・トランスミッション)

nob.jpgのサムネール画像


トヨタが開発した次世代MT(マニュアルトランスミッション)が、iMTです。欧州向けではHiLuxや、新しいCH-Rにこのトランスミッションが採用されているそうです。
※以下、実車を確認しておりませんので誤りがあるかも知れません。予めご了承ください。
※写真はイメージです

 

カローラスポーツ~日本初!エンストしにくいMT車

免許取得後にお勧めの車種~トヨタCH-R

MTというと、ATや近年のCVTやDCTと比べて古い機構で、進化の余地がないと考える方もいると思いますが、実際はそうではありません。技術面はもちろん、信頼性向上やフィーリング向上など、年を経るごとに進化しています。しかし、それもMTが主流の欧州車において顕著ではあるものの、日本ではさほど注目されていなかったため、3ペダル=古いという観念につながっていました。

ところが、ここにきてトヨタが、欧州向けではありますが、MTの新機構をリリースしてきました。iMTという名前の通り、インテリジェントな動作をするのが特徴です。電子制御スロットルによって成り立つようになった技術です。

キーワードは、エンストしないMT。その機能は、iMTをオンにすると、MT車の操作で必要になるアクセル操作を、様々な場面で自動的にアシストしてくれるというものです。

ふつうMT車では、発進の際は半クラッチ操作をしながらアクセル操作をしますが、この時のアクセルペダルが不安定になるとエンストする可能性があります。iMTでは、このアクセル操作をコンピューター制御で最適化(トルクマッチング)してくれるようです。さらに、通常のMTではギアチェンジの際に、よく「ガクン」というショックが起こり得ます。これは、次のギアに合わせたエンジン回転になっていない時にクラッチをつなぐと、回転差が衝撃となって伝わるからです。ところが、iMTではこの時のアクセル操作もコンピューター制御で回転を合わせてくれます。これによって、シフトアップもシフトダウンも、不快な衝撃のないスムーズなギアチェンジが約束されるというものです。

仕組み的にはそれほど複雑なものではなく、駆動系の入力側(インプットシャフト)にセンサーを設けて、この情報を元に電子制御スロットルをコントロールするというもの。従来のMTにもシンクロと呼ばれる回転同期機構がありましたが、エンジン回転の方でも積極的に同期させてあげることができるようになった訳です。

この次世代MTによるメリットは、計り知れません。従来のMTを敬遠していた方が挙げる、最も大きな理由は「エンストが怖い」または「ミスが怖い」というものです。確かに、ATに比べるとドライバーの技術に依存するため、練習が必要でした。このためにMTを諦めて、エンジンとの一体感を味わうことなく、ずっとAT車に乗っている方はとても多いでしょう。ところが、このiMTの仕組みであれば、ミスを気にすることなくエンジンとの一体感を感じながら、MTならではの3ペダルドライブを楽しむことができる訳です。自分の操作に応じて、エンジンの力の出方を変えていったり、エンジンが音で応えてくれたりする感覚、そしてクラッチ板のみで直結しているダイレクト感を、誰でも味わうことができる訳です。

こうした、MTならではの「主体的に運転している感覚」を持てるということは、「車をよりうまくコントロールできるようになりたい」「運転がうまくなりたい」という欲求を自然と引き出してくれます。

もし「運転はつまらないもの」「運転はたいくつな仕事」という現在の意識がさらに進んでしまえば、若者の車離れというのもますます加速してしまうでしょう。しかし、このiMTのように、「車をコントロールする楽しさ」が体感できるような新技術が出てくれば、もっとチャレンジしてみたい対象となるのではないでしょうか。

現在のところ日本でのリリースはないそうですが、ぜひ日本でこそこのiMTの展開に力を入れて欲しいと思います。

関連>MT車に乗るべき20の理由(英訳記事)

 

 

(更新)★日本での導入が決まり、発売開始しました!

カローラスポーツ~日本初!エンストしにくいMT車

 

▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

mt_coverpage1.jpg mt車攻略マニュアル

MT車・AT車に関するこちらの記事も合わせてお読み下さい。

 

このページ『「エンストしないMT」爆誕!トヨタiMT』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ