トップページへ

マニュアル車派朗報、ホンダN-ONE 軽セダン初の6MT

車の運転のコツ » 02車の運転が苦手な人 » 022MT車(マニュアル車) » マニュアル車派朗報、ホンダN-ONE 軽セダン初の6MT

マニュアル車派朗報、ホンダN-ONE 軽セダン初の6MT

ホンダN-ONEの6速マニュアルトランスミッション(MT)は、クーペタイプのS660を除くと、軽自動車初の装備となります。

 

ホンダ新型「N-ONE」見た目は変わらず中身が違う! 気になるMT車の実力は?

 

なぜ新型N-ONEにMT車が追加されたのか?
ところで、走り好きにとって新型N-ONEで気になるのは、先代にはなかった「MT」の採用ではないでしょうか。

先代のトランスミッションはCVTのみでしたが、新型はCVTに加えて、ドライバーが自らクラッチ操作とシフト操作を楽しめるMTが、ターボエンジンを搭載する「RS」グレードに用意されているのです。

このMTは、なんと軽スポーツカーの「S660」用と同じギヤボックスを採用。しかもN-ONEはS660と同じくターボ車ということもあり、S660と同じギヤレシオになっています。

新型N-ONEにMTが搭載できたのは、新設計のプラットフォームを採用したことの恩恵。

従来のプラットフォームではMTを組み合わせることができませんでしたが、新型プラットフォームは商用バンの「N-VAN」にMTを搭載することを念頭に開発されたので、レイアウトも含めてMTを組み込める設計になっているのです。

気になるのは、そのフィーリング。今回の試乗はそれを味わえることを楽しみにしていました。

実際に運転してみてどうか。ひとことでいえば、S660のそれと同じ感覚です。

ショートストロークだから手首を捻る程度の動きでシフトチェンジができ、操作感もかなりカッチリ。

“これ以上硬くすると疲れる”という微妙なところをしっかりキープしているあたりに、開発陣のMTに対するこだわりがしっかりと伝わってきました。

クロスレシオのギアリングにより、小気味よく決まるシフトチェンジが気軽に楽しめるのも嬉しいところ。街中を飛ばさず普通に走るだけで運転する楽しさが味わえるのがいいです。

シフトレバーはハンドルのすぐ左下と、一般的な位置(センターコンソール)よりもかなり上に設置されています。

試乗後に開発陣からは「シフトレバーの位置は違和感ありますか?」と質問を受けましたが、まったく自然に操作でき、むしろハンドルからの手の移動距離が少なくて済むので一般的な位置よりもスムーズに扱えるほど。

よくよく考えてみると、ラリーマシンなども操作性重視でこれに近い位置にシフトレバーがあったりしたので、理にかなっている運転環境といえるのかもしれません。

MTを組み合わせるパワートレインはターボエンジンなのでトルクがあり、適度に速い動力性能も気軽にスポーティな走りを味わえるという意味では“ちょうどいい”もの。

エンジン回転を上げるとエンジン音が目立ってくるものの、逆に気分を盛り上げてくれます。

※ ※ ※

走って楽しい新型N-ONEのMTモデルですが、ライバルといえる存在はスズキ「アルトワークス」でしょう。

そうなると当然気になるのは価格比較です。

アルトワークスは153万7800円からとN-ONEのMTモデル(199万9800円)に比べて45万円以上低い価格設定。安全装備はN-ONEが大きくリードしていますが、価格の面では差があります。

また新型N-ONEの価格から考えると、走りの評価が高くMTが選べるコンパクトスポーツカーのスズキ「スイフトスポーツ」も187万4400円からと近いポジションです(先進安全装備装着車は207万200円から)。

これらの3台のなかで考えると、とにかく安くMTの軽スポーツを楽しみたいというならアルトワークス、軽自動車で安全装備の充実度を考えるとN-ONEの「RS」、そして軽自動車にこだわらないならスイフトスポーツも超魅力的という結論になりそうです。

くるまのニュース 2020年12月11日


一部では、電気自動車(EV)の時代に合わせて、今後はガソリンエンジン車は無くなる、といった報道もあります。しかし実際には、従来ながらのMT車がじわじわと広がってきています。近年はトヨタのカローラという大衆モデルにiMTという、電子制御の新型MTが登場しましたし、今回のホンダによる軽自動車への新MTのラインナップは、従来ながらのMTが見直されていることを表しています。しばしばニュースで話題になる、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故や、高齢者の運転ミス、免許返納問題などは、実はMTが普及すればほとんど解決することでもあります。自動運転が話題になるごとに、人間の道具というよりも、車が人間から離れていってしまう印象を受けるのも確かです。

さらにMTが身近になり、使いやすい道具としての価値が見直されていくことで、事故がへり交通環境が良くなることを望みます。

 

このページ『マニュアル車派朗報、ホンダN-ONE 軽セダン初の6MT』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ