トップページへ

自己流ハンドル操作がダメな理由

車の運転のコツ » 02車の運転が苦手な人 » 024ハンドル操作のコツ » 自己流ハンドル操作がダメな理由

自己流ハンドル操作がダメな理由車庫入れや縦列駐車は、教習所で行う技能の中でも最も難しく気を使う場面です。バックするときは前進するときと異なる旋回イメージとなりますので、これに慣れることはもちろん必要ですが、それ以上に難しさを感じさせる原因が、ハンドル操作の煩雑さにあります。車庫入れ(方向転換)にしても縦列駐車にしても、限られたスペースで車を大きく動かす必要があるため、前進とバックを繰り返しながらハンドルを目いっぱい回さないといけないからです。これにはハンドル操作の基本を押さえておかないと、手を素早く適切に動かせないので、余計に難しく感じてしまうはずです。そこで、ハンドル操作に関する記事を見つけましたので、引用してご紹介します。



●安全運転の近道は「正しいハンドル操作」が大切!

 

自己流ハンドルで思わぬ事故を防ぐためには、正しいハンドル操作をおこなうことが大切です。そして、正しいハンドル操作には、手の位置や握り方も重要になります。

実際に、JAFが推奨する適切な手の位置や持ち方を解説します。
まず、ハンドルを持つ手は、時計の針が「9時15分」を指す位置を意識します。この位置に設定することで自然に両脇が締まり、胴体を腕で支えることができるため、非常に疲れにくくなります。

また、両手でハンドルを持ったままハンドルを大きく切ることができるので、とっさの事態にも迅速に対応できます。

パワステがなかったころは、力の入りやすい「10時10分」がベストとされていたが、現在は「9時15分から10時10分のあいだ」と教える指定教習所もある
一方、9時15分より高い位置に手を配置すると、両脇が開いて凹凸や段差時にハンドルから手が離れやすくなります。低い位置になれば脇が締まり過ぎてしまい、操作が窮屈になってしまいます。

ただし、背丈や腕の長さといった個人の体型や身体の動かし方によっては、9時15分に合わせるとハンドルが持ちづらくなる可能性もあるため、9時15分から10時10分の間を目安に、握りやすい位置を調整しましょう。

ハンドルを握るときは、親指をハンドルの内側に軽く添えて、他の指は軽く握るように持ちながら、手首、肘、肩の力を抜きます。

クルマの運転初心者の場合、ここで力を入れてしまう人も多いですが、力むとコントロールが難しくなるので、リラックスすることが大切です。

そして、上記の状態を維持しながら、軽くハンドルを押すように持つことを意識します。

その反力で背中にしっかりとシートは押し付けられるので、運転姿勢を固定できるため、凹凸や段差、コーナーでの遠心力がかかる際も、身体とハンドルの距離は一定を保たれるため、より安全なハンドル操作をおこなうことができるのです。

※ ※ ※

慣れによる自己流ハンドルは、重大な事故に繋がりません。内掛ハンドルはエアバッグ作動時に腕への無理な力が加わるほか、片手ハンドルは道路交通法に違反します。したがって、安全運転を心がけるために、適切なハンドル操作を意識することが大切です。

引用元;ライブドアニュース
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18707142/

 


ハンドル操作の基本は、まず持ち手の部分。記事では「9時15分から10時10分のあいだ」と記されていますが、Shift-UP Clubで推奨するのは、9時15分の位置です。つまり、ハンドルの左端を左手で、ハンドルの右端を右手で持つ、というシンプルなものです。そして、車庫入れや縦列駐車においてハンドルを回す時は、目いっぱいに左から右へ、右から左へと回しますので、左右の手の持ち替え、つまりクロスする部分でどう動かすか、というのがポイントとなります。詳しくは、ハンドル操作のコツでご説明しています。基本は両手でしっかりと常に操作できる体制を取ること。送りハンドルや片手ハンドルは、基本から外れたものになります。ハンドル操作の基本をしっかり押さえておけば、教習の実技科目すべてにおいて、安定感が出ますので、最初にマスターすることをおすすめします。

このページ『自己流ハンドル操作がダメな理由』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ