トップページへ

消耗や故障を招く運転のクセ

車の運転のコツ » 02車の運転が苦手な人 » 025維持費を節約 » 消耗や故障を招く運転のクセ

普段何気なくやっている行為がクルマを痛める原因になるものとして、5つの例を掲載している記事がありました。クルマの運転は、慣れてくるに従って「独自のクセ」がついてしまいやすいものですが、それがクルマを痛めるものでは困りものです。もし、思い当たるものたあれば、自分の運転を見直してみるのも良いと思います。以下、引用します。

 

1)完全停止前に前進・後退を切り替える
AT車で意外とやってしまっている人が多いように思えるこの行為。たとえば車庫入れでリバースギヤに入れるときに、完全に停止する前にギヤを変えてしまうというものだ。低速であればとくにショックや音もなくリバースに入ってしまうが、当然これはミッションに負担がかかる行為となる。最悪の場合はギヤが破損し、その場から動けなくなってしまう可能性もある危険な行為なのだ。

 

2)クラッチペダルに足を乗せたまま走る
軽自動車など、足もとの空間が狭い車種ではフットレストが備わらないマニュアル車も存在するが、足の置き場がないからといってクラッチペダルに足を乗せたまま走るのはNGだ。足に力を入れてないつもりでも、自重でペダルを無意識に踏んでいる場合もあり、常に半クラッチ状態となる可能性がある。また、いざという時左足に力が入ると当然クラッチペダルを踏むことになり、一気に駆動力を失って思わぬ事故につながる可能性もあるのだ。

3)据え切りをしまくる
パワーステアリングが付いていない(重ステ)クルマに乗ったことがある人ならわかると思うが、停止状態でステアリングを切る“据え切り”は非常に力がいる作業となる。パワーステアリング付では感じないかもしれないが、据え切りはそれだけステアリングまわりに負担がかかる行為なのだ。そのため、車庫入れをするときなども、極力クルマが前後に移動している状態でステアリングを切ることを意識するだけで痛みのスピードを遅くすることができる。

4)急な加減速をしない
急加速や急減速、急ハンドルといった急のつく動作をすると、当然ながら前後左右の方向に大きなGがかかる。すると当然各取り付け部やそれを支えるゴム類などに大きな負荷がかかることになる。1回の負荷はそこまで影響がないものだとしても、それが日常的に発生することで当然劣化は早まってしまうのは言うまでもない。クルマに優しい運転こそがクルマを長持ちさせる秘訣というわけだ。

5)洗車をしない
厳密に言えば洗車をすることでも“洗車キズ”と言われるキズはついてしまうが、だからといってまったく洗車をしないというのはオススメできない。完全に風雨から守ることができるガレージなどがあるなら別だが、屋外駐車などの場合、風で運ばれてくる土や砂、葉っぱや小枝などが蓄積することになる。それを放置していると、水抜き穴が詰まって思わぬ腐食を発生させたり、樹液や鳥のフンなどで塗装を傷めることになってしまう。

引用元;WEB CARTOP

 


以上、いずれも「つい癖で」となってしまいがちなものです。これに加えて、いくつかShift-UP Clubの運転指導でも見られるケースをご紹介しましょう。


・シフトノブ(AT・MTに関わらず)に手を置たまま走る
いわゆる片手運転の癖がある方に多いパターンですが、空いた左手の置き場をシフトノブの上にしてしまうケースです。MT車の場合は、シフトノブがトランスミッションに直接、機械的につながっていますので、この癖はリンク機構などを痛めることにつながりかねません。またAT車でも、シフトノブに断続的に負荷を掛けていると、機械的な部分での摩耗がギアセレクトの節度感を失わせてしまう恐れがあります。確かに左手の位置にちょうど良い場所にありますが(HVなどフリックシフトを除く)、手を置く癖は直しましょう。両手でハンドルを握る癖をつけるべきです。

・エンジンを掛けてすぐ急加速する
特に冷間始動時、つまり朝初めて車にエンジンを掛けた直後は、エンジンをはじめ車の機械的な部品や油脂類が冷えています。この状態でいきなり高負荷を掛けてしまうと、各パーツにダメージを与えかねません。エンジンを掛けてその場で停車しての暖機運転は不要ですが、だからと言ってすぐに負荷を掛けても良い、ということではありません。朝一のエンジン始動直後、特に最初の5分10分程度は、ゆっくりと走る習慣をつけることで、無駄な消耗を避けることができます。なお、これはEVやHVであっても同様で、モーターなどのパワーユニット自体はほとんど暖機は不要ではあるものの、駆動系はやはり機械的な構造になっていますので、最初はゆっくり走ることが長持ちさせることにつながります。

・ちょい乗りばかりを繰り返す
車に限った話ではありませんが、機械類は連続駆動には強いものの、動かしたり止めたりということを断続的に繰り返すのは苦手です。どの自動車メーカーも、短距離を走ってすぐにエンジンを切る、いわゆる「ちょい乗り」が多い使い方はシビアコンディションとして、消耗しやすいスタイルだと指摘しています。数回に一度は、ある程度まとまった時間、運転するようにしましょう。具体的には、上記の5分以上の暖機運転(走りながら)によって、水温が安定する程度の走行時間を最低限として、走行することをお勧めします。

以上、自動車は比較的壊れにくい道具ではありますが、あくまで機械ですので、少しでも長持ちするような使い方を身につけてみてはいかがでしょうか。

※関連記事
間違った運転の癖
運転の変な癖(その2)

このページ『消耗や故障を招く運転のクセ』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ