トップページへ

狭い道でのハンドル操作

車の運転のコツ » 03初心者で不安!失敗例 » 036S字・クランク » 狭い道でのハンドル操作

sji_youso2.jpg

狭い道で、左右にぶつからないようにハンドルを操作するのが苦手だ、という方がいます。「少しの操作で壁にぶつかってしまいそうで、ハンドルがうまく操作できない」というものです。もしくは、「いちど狭い道路でぶつけてしまい、狭い道路に出ると体が強張ってしまう」という方もいるでしょう。

・苦手な原因は主に2つ
狭い道が苦手な方の場合、主な理由は2つ考えられます。1つは、左右の車幅感覚と車の動きがイメージできていないこと。もうひとつは、車のスピードによって動きが異なることを理解できていないことです。ひとつずつ見ていきましょう。


・車幅感覚と操舵時の動きを理解する
車幅感覚とは、車の前後左右のボディ端(最も出っ張っているところ)を、運転席にいながらにして把握する感覚です。例えば左にガードレールがある場所でも、そのガードレールまで2~3cmまで寄せることができれば、かなり車幅感覚があると言ってよいでしょう。反対に、運転席から見るとピッタリ寄せているように見えるのに、ガードレールまで1m近く空いてしまっているような方は、一度、車幅感覚を研ぎ澄ますための練習をした方が良いでしょう。具体的な練習方法は冊子教材に譲りますが、手っ取り早いのはフロントバンパーにコーナーポールを付けることです。車の先端が目視できますので、運転しやすくなるでしょう。

 

・スピードと舵角の関係を理解する
狭い道でのハンドル操作に苦手意識がある方の中には、車速と舵角の変化を認識できていないことが原因となっている場合があります。

例えば、車庫入れや縦列駐車などでごく低速で動いている場合は、ハンドルをたくさん回さなければ大きく曲がっていきません。ところが、高速道路のように速度域の高いシーンでは、車庫入れと同じような大きなハンドルの切れ角だと車は曲がり過ぎてスリップしてしまう恐れがあります。つまり、車は速度が速いほど僅かなハンドル操作で曲がり、遅いほど大きな操作が必要になるということです。

従って、狭い道で止まりそうな低速でハンドルを切る時と、ある程度走行速度が乗っている時とでは、切るべきハンドルの角度が変わってくる訳です。もし狭い道でのクランク状の道路や、すれ違いが必要になるようなケースでは、車幅感覚に慣れるまでは止まりそうな速度で、大き目にハンドルを操作すれば、曲がり過ぎてしまうという失敗も防げるでしょう。もしある程度速度が出ているならば、大きなハンドル操作は控えるように慎重になった方が良いでしょう。

 

・車庫入れの練習も役立つ
車幅感覚とスピード・舵角の感覚をつかむには、車庫入れを練習することも役に立ちます。車幅感覚をつかんでいなければ正確に駐車枠に収めることは難しいですし、速度調節がうまくいかなければ、思い通りに車が動かないはずです。車幅感覚と、速度調節と、ハンドル操作とが一体になって操作できるようになれば、自然と狭い道でのハンドル操作も怖くなくなってくるでしょう。

S字クランクを上から解説

 

 

このページ『狭い道でのハンドル操作』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ