トップページへ

断続クラッチのコツ

車の運転のコツ » 03初心者で不安!失敗例 » 035微速走行 » 断続クラッチのコツ

→前記事「断続クラッチとは?

断続クラッチのコツ

断続クラッチは、クラッチの仕組みをきちんと理解すれば、必要最小限の時間で済みます。実際の公道では断続クラッチが必要は場面はほとんどありません。クラッチをつないだままの状態で大抵の操作は可能であり、クラッチを踏むのは停止する場合だけで済むようになります。


★教習中の方
教習中に断続クラッチ(及びそれが必要になるかどうかを判断すること)を完全にマスターするのは難しいものです。なぜなら半クラッチとその応用操作を学ぶ時間が非常に短いからです。多くの教習生は、低速走行時に「なんとなくエンストしそうで怖いから」という理由でクラッチを踏み、せっかく半クラッチにして車が発進しても、その発進のガクガクした動作に驚いてクラッチペダルを踏んでしまうという状況が見られます。

これは無理もないことで、教習所に通っている間は、いつどうなるとエンストしてしまうのかを、理論的・体感的に解明する時間が取れません。そこで、教習中の方は、半クラッチの位置を覚える意味でも、車が僅かに動いたら、すぐにまたクラッチペダルを踏んでしまうという操作を繰り返すと良いでしょう。これは最善の操作ではありませんが、エンストして減点になるよりはましですし、半クラッチを繰り返すことで、体感的な経験を増やしておくことは悪くないからです。

★免許を取った方
免許を取得して、MT車で練習できるようになった方は、MT車攻略マニュアルで、微速走行について学ぶことをお勧めします。多くの方が怖がるエンストですが、エンストするには一定の条件があり、それを満たさない限り何をやってもエンストはしません。これをしっかり理解して練習すると、微速走行にもバリエーションを持つことができ、縦列駐車などの微速走行が必要なときはもちろん、渋滞や信号の発進停止が多い場所でも、まったく負担感なく運転することが可能になるのです。MT車攻略マニュアルでご紹介している運転方法を習慣にしている方からは、「AT車に乗っていた頃よりも渋滞での発進停止がラクだ」という報告を良く頂きます。AT車は右足でブレーキペダルを強く踏んでおく必要があるため、少し油断すると信号が変わっていないのに、クリープで前に進んでしまうことがあります。MT車では完全に休めますし、発進停止のバリエーションを身につければ、体の一部に負担が集中することはありません。


→次ページ「断続クラッチの失敗例

 

▼MT車専用サイト
教習所では教えない[MT車を 3日 で完全攻略する裏技]

 

mt_coverpage1.jpg mt車攻略マニュアル

MT車・AT車に関するこちらの記事も合わせてお読み下さい。

 

このページ『断続クラッチのコツ』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ