トップページへ

回生ブレーキとは

車の運転のコツ » 04自宅が教習所!? » 回生ブレーキとは

●このページの目次

回生ブレーキとは?

 


回生とはどういう意味?
回生とは、生き返る、蘇るという意味で、「起死回生」という熟語で使われるのと同じものです。回生ブレーキは、日本語では回生制動機といいます。このブレーキの機構の名称に「回生」という用語が使われるのは、エネルギーを回生するという力学でよく使用される言葉によるようです。普通のフットブレーキは、タイヤ(とともに回転する車軸)をブレーキパッドの摩擦力によって止めようとするものですが、この際に摩擦によって生じた熱エネルギーは大気に放出してしまいます。回生ブレーキは、これを捨てるのではなく、いわゆるリユースをすることを目的に、電気エネルギーに変換して、バッテリーに蓄積(充電)することによって活用しようとものです。

回生ブレーキがついている車種は?
回生ブレーキは理論的にはどの車種にも装備することはできますが、そのコンセプトからハイブリッド車や電気自動車と相性が良いものです。回生した電力を、動力源としてモーターを回すことに利用できるからです。回生ブレーキをはじめに普及させたプリウスをはじめ、国産車・外国車を問わず多くのハイブリッド車、および電気自動車で回生ブレーキが採用されています。回生ブレーキが搭載された車の多くは、メーター部などにエネルギー・フロー(電力などが生み出されたり使われたりする流れ)が確認できるようなモニターが用意されています。また、ブレーキを踏んだ際の独特の作動音で周囲からも判別できます。
回生ブレーキとは?

・どうすれば作動するの?
回生ブレーキを作動させるのに特別な操作は必要ありません。フットブレーキを踏むだけで、エネルギーを回生させるべきタイミングを車が自動的に判別して回生ブレーキが作動します。従来のブレーキパッドのみでブレーキを掛ける車種に比べて、ブレーキの利き具合、つまりブレーキペダルを踏み込んでいった時の利き具合の変化が、若干違和感を感じるものになっている車種もあります。

・どんな仕組みなの?
ハイブリッド車や電気自動車では、燃料である電気を使って、モーターを回して、その回転をタイヤに伝えることで、道路を走ることができます(ハイブリッド車ではエンジン回転も動力として併用)。これと逆の流れを使うのが、回生ブレーキです。つまり、運転者がブレーキペダルを踏んだのを合図に、電気をモーターへ供給するのをやめます。すると、タイヤを回してくれるはずのモーターが、逆に惰性で回転するタイヤ側から回されることになります。これによって少量ではありますが電気が発生し、これをバッテリーに蓄積します。この間、回されるモーターなどの抵抗によって、車速は落ちていきます。なおエンジンも併用するハイブリッド車では、エンジンブレーキも併用することがあります。

・どんなメリットがあるの?

いままで捨てていたエネルギーを、活用できるという点がメリットです。一回のブレーキあたりのエネルギー量はわずかですが、塵も積もれば山となるということで、燃費の向上にも寄与します。また、F1のKERSと呼ばれる回生ブレーキの使用でも分かるとおり、強いブレーキが多いほど電力の蓄積量も多くなりますので、エネルギーをリユースする仕組みとしては優れています。

 

このページ『回生ブレーキとは』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ