トップページへ

FF(前輪駆動)車とは

車の運転のコツ » 04自宅が教習所!? » FF(前輪駆動)車とは

前輪駆動とは

●駆動方式の違い
自動車には、駆動輪というのがあって、その位置によりそれぞれ駆動方式が異なります。駆動輪とは、エンジンやモーター(電気自動車等の場合)といった動力源の回転を、どのタイヤに伝えて地面を蹴る力に変えるかというものです。例えば、フロントのボンネット内にエンジンがある車で、前輪にエンジンの駆動力を伝える方式のクルマの場合は、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれます。それぞれの特徴とメリットおよびデメリットを見てみましょう。

★FF(前輪駆動)車とは
フロントにエンジンがあり、そこに近い側のタイヤ(前輪2輪)を駆動する方式がFF車です。実は市場に出回っている車のほとんどがフロントにエンジンを積んでいて、これはボンネットがある車であればそこを開ければエンジンが見えることからすぐ分かります。リアやミッド(中間)にエンジンを積んでいる車は、ごく一部のスポーツカーやバスなどに限られます。

このようにエンジンをフロントのボンネット内に積み(フロントエンジン)、そこからすぐ近くにある前輪タイヤを駆動するのがFF車であるということです。この構造は、エンジンおよび駆動に関わるメカニズムがコンパクトにまとめることができるため、人の居住空間(キャビンスペース)や荷室を広く取ることができることから、多くのコンパクトカーや普及価格帯のクルマで採用されています。駆動部品の点数も少なく済むため、車両価格を抑えることができるのもメリットです。

こうしたメリットの反面で、フロントタイヤに過度の負荷が掛かりやすいのがデメリットです。駆動も旋回も前輪が一手に引き受けるため、摩耗しやすいのです。ただ付いていくだけの後輪は、前輪に比べると摩耗しにくいとされます。したがって、タイヤは定期的にローテーション(前輪と後輪のタイヤを入れ替えること)をするのが有効になります。

また、乗り味も他の駆動方式に一歩引けを取ります。前輪が駆動するということは、発進時の加速力も前輪に頼ることになります。ところが、車が発進する際は車体は”後ろのめり”の姿勢になるため、前輪は路面にしっかりと食いつくことがやや苦手です。特に上り坂ではこれが顕著で、雪道の急坂などは登坂できないこともあります。パワーが不足しがちなコンパクトカーでは、加速感に不満を感じる方もいるかも知れません。また、カーブを曲がるときも、加速と旋回を前輪だけで行う都合上、やや曲がるタイミングが遅いように感じることがあります。

雪道などのチェーン規制がある路面では、FF車は駆動輪である前輪にチェーンを巻くのが基本となります。なお、前輪だけにチェーンを巻くことで駆動力、制動力は得ることができますが、後輪のグリップ力も必要となる旋回(カーブ)においては不安定になる場合があります。これは、前輪と後輪とのグリップ力に差が大きすぎるためで、特に下り坂のカーブなどでは要注意です。十分に速度を落とさないと、リアタイヤが滑り出してスリップしてしまうことがあります。余裕があれば、四輪すべてにチェーンを巻くのが安心です。
※車種によってはチェーンを装着する側のタイヤが指定されている場合があります。必ず取扱説明書を読んで指示に従うようにしましょう。

このページ『FF(前輪駆動)車とは』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ