トップページへ

FR(後輪駆動)車とは

車の運転のコツ » 04自宅が教習所!? » FR(後輪駆動)車とは

FR車(フロントエンジン・リアドライブ)

●駆動方式の違い

自動車には、駆動輪というのがあって、その位置によりそれぞれ駆動方式が異なります。駆動輪とは、エンジンやモーター(電気自動車等の場合)といった動力源の回転を、どのタイヤに伝えて地面を蹴る力に変えるかというものです。例えば、フロントのボンネット内にエンジンがある車で、前輪にエンジンの駆動力を伝える方式のクルマの場合は、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれます。それぞれの特徴とメリットおよびデメリットを見てみましょう。

★FR(後輪駆動)車とは
フロントにエンジンがあり、そこから遠い側の後輪を動かす方式の車がFR車です。回転力を生み出すエンジンがフロントにあるにも関わらず、リアタイヤを回す訳ですから、当然そこまで回転力を伝えるための仕組みが必要になります。これが、プロペラシャフトと呼ばれる駆動部品類で、車体の中央下を一直線に通っている太い部品になります。リアタイヤの2輪はドライブシャフトと呼ばれる別の駆動部品でつながっており、そこまでエンジン回転が伝わることで、タイヤが回転するという仕組みです。

プロペラシャフトという大きな駆動部品が必要になる関係で、車内のスペースデザインには制約が多く発生します。特に床下空間や、車内のセンター部分は広く取ることが難しいため、小さめの車では2人乗りのクーペデザインとなることが多いです。一方でメリットとしては、後輪を駆動することによる、自然な運転感覚を得られる点です。四輪車は一般的に、加速する際は後ろ寄りの姿勢(リア荷重)となるため、リアタイヤのグリップ力が上がります。この時に、駆動するタイヤがリアタイヤであれば、しっかりと路面をつかんで加速していくことができる訳です。カーブの際も、前輪は駆動しませんので、舵取りだけに専念することができるため、前輪は舵取り、後輪は加速という風に、最も自然な形で役割分担ができるというのが最大のメリットです。FF車のように、舵取りも加速も前輪が負担する形では、このような自然なドライブフィールを得ることは難しいのです。またこのような訳で、前輪と後輪のタイヤの摩耗も差が出にくいということが言えます。

後輪が駆動するため、滑りやすい路面では、タイヤを駆動する(路面を蹴る)力が強すぎて空転してしまう場合があり、この時ハンドルが僅かでも左右どちらかに切れていると、後輪側からスリップしてしまうことがあります。この横方向へのスリップを意図的に起こそうと、ハイパワーエンジンの車にグリップ力のやや低いタイヤを組み合わせて走行する、ドリフトという競技もあります。チェーンを装着する場合は、駆動輪である後輪2輪に巻きます。急な上り坂のカーブなどで曲がれない場合は、前輪にもチェーンを巻く必要があります。FR車は一般的に、滑りやすい路面では四輪駆動車やFF車よりも、スリップのリスクが高いということを心得ておきましょう。
※車種によってはチェーンを装着する側のタイヤが指定されている場合があります。必ず取扱説明書を読んで指示に従うようにしましょう。

このページ『FR(後輪駆動)車とは』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ