トップページへ

RR(リアエンジン・リアドライブ)車とは

車の運転のコツ » 04自宅が教習所!? » RR(リアエンジン・リアドライブ)車とは

RR(リアエンジン・リアドライブ)車とは

●駆動方式の違い

自動車には、駆動輪というのがあって、その位置によりそれぞれ駆動方式が異なります。駆動輪とは、エンジンやモーター(電気自動車等の場合)といった動力源の回転を、どのタイヤに伝えて地面を蹴る力に変えるかというものです。例えば、フロントのボンネット内にエンジンがある車で、前輪にエンジンの駆動力を伝える方式のクルマの場合は、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれます。それぞれの特徴とメリットおよびデメリットを見てみましょう。


★RR(リアエンジン・リアドライブ)車とは
RR車とは車体後部にエンジンを搭載し、そこから近い側のタイヤ、つまり後輪の2輪を駆動する方式の車のことです。世の中のほとんどの車はエンジンをフロントに搭載しているため、いわゆるボンネット(エンジンルーム)がフロントにありますが、RR車はフロントにエンジンがありません。リアにエンジンを搭載しているため、車種によってはフロントのボンネットに当たる部分が荷室になっていることもあります。

この方式のメリットは、FRの上をいく発進加速が期待できることです。後輪を駆動することで、発進時に力が掛かるタイヤを効率よく駆動するのはFRと同じですが、重量物であるエンジンがリアにありますので、さらに荷重が後輪に掛かります。これによって、しっかりとした駆動力を得ることができます。反面、フロントの荷重が不足することがあるため、クーペ的なボディデザインによって空力で前輪にも荷重を掛けたりする工夫があります。旋回時はしっかりとブレーキングによって前に荷重を掛けてからハンドルを切らないと、特に急な上り坂では曲がりにくくなることがあります。

エンジンが後ろ側にあるMRと同様に、室内空間を確保しずらいことや、冷却が簡単でないことなどがデメリットとなります。このため、一部の高価なスポーツカーや、車体そのものが巨大なバスなどがこの方式を取っています。

タイヤチェーンを巻く場合は、後輪の2輪に巻きます。
※車種によってはチェーンを装着する側のタイヤが指定されている場合があります。必ず取扱説明書を読んで指示に従うようにしましょう。

このページ『RR(リアエンジン・リアドライブ)車とは』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ