トップページへ

四駆(四輪駆動)車とは

車の運転のコツ » 04自宅が教習所!? » 四駆(四輪駆動)車とは

四輪駆動車とは

●駆動方式の違い

自動車には、駆動輪というのがあって、その位置によりそれぞれ駆動方式が異なります。駆動輪とは、エンジンやモーター(電気自動車等の場合)といった動力源の回転を、どのタイヤに伝えて地面を蹴る力に変えるかというものです。例えば、フロントのボンネット内にエンジンがある車で、前輪にエンジンの駆動力を伝える方式のクルマの場合は、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)と呼ばれます。それぞれの特徴とメリットおよびデメリットを見てみましょう。


★四駆(四輪駆動車)車とは

四輪駆動車とは、車体についている4つのタイヤ全てが駆動する車のことです。つまり、エンジンの動力が、すべてのタイヤまで伝わり、路面を蹴る力に代えているタイプの車です。四輪駆動という呼び名は駆動輪のみを表しているため、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)やFR(フロントエンジン・リアドライブ)のように、エンジン搭載位置は表していません。ほとんどの車種では、フロントにエンジンを搭載し、その回転力を各タイヤまで伝える形式となっています。フロントにあるエンジンに近いフロントタイヤを回転させる仕組みはFF車のようでありながら、FRと同様のプロペラシャフト(車の中心の床下を縦に走る棒状の回転体)を持ち、これでエンジンの回転力をリアタイヤにも伝えています。

この方式のメリットは、四輪のタイヤをすべて無駄なく使えるという点です。すべてのタイヤが駆動しますから、エンジンの回転を4つのタイヤのグリップによって、路面まで効率的に伝えることができます。前輪も後輪も駆動する訳ですから、前後輪のグリップ差が大きくなりにくく、アクセルを操作している間は、横滑りしにくいというのもメリットです。特に雪国では、FFやFRほど横滑りの発生やトラクション(推進力)不足で進めなくなるという事態に陥りにくいのもメリットです。

一方でデメリットとして、FRに比べると旋回時の抵抗が大きくなってしまうことや、エンジンや駆動系パーツへの負担が大きく、燃費もやや悪くなりやすい点などが挙げられます。またシステム自体がどうしても重量増となるため、FFやFRよりも車重が重くなってしまうのもデメリットであると言えます。

チェーンを巻く場合は、FFベースの四輪駆動車なら前輪に、FRベースの四輪駆動車なら後輪にというのが基本になります。雪道では、滑りにくいという印象がある四輪駆動車ですが、当然グリップ力には限界があります。あまりにカーブなどでスピードを出し過ぎると、一気にグリップの限界を突破してしまい、四輪とも滑ってしまうということが起こり得ます。四輪駆動車であっても雪道では慎重な運転を心がけましょう。


※車種によってはチェーンを装着する側のタイヤが指定されている場合があります。必ず取扱説明書を読んで指示に従うようにしましょう。

 

このページ『四駆(四輪駆動)車とは』をメールで送る

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ