R122浦和大門の裏道

2013/04/23 at 7:04 PMCategory:埼玉県

足立区付近~蓮田(埼玉)「R122浦和大門の裏道」

日付:ー
時刻:ー
天気:ー
五十日:ー

今回はルートの紹介です。過去何度が走っているルートです。

埼玉県を南北に移動する中でも、R122号の浦和「大門交差点」付近は、交通情報でも毎日渋滞箇所として出てくるような有名な混雑区間です。

20130626-180801.jpg

R122とR463(浦和所沢街道、略して浦所街道)が交わる交差点ですが、典型的な交差点の設計ミスによる渋滞スポットです。R463は片道一車線の普通の対向通行。一方、幹線道路でもあるR122は真ん中を通る東北自動車道を挟むようにして、上り線と下り線が離れています。この交差点形状はアルファベットで言えば「H」字になっていて、R463方面を走っている車(もしくはR122からR463に曲がる車)は、赤信号になるとH字の中棒の部分に取り残されます。スペースは乗用車3~4台分しかない上に、トラックも曲がることが多いので、当然ながら双方の国道の流れを止めてしまいがちです。こうしてR122は大門交差点を中心にして、上下線とも動かない渋滞が出来てしまいます。

さらに悪いことに、この交差点の近くには東北道の浦和ICがあり、乗るときも降りるときも、この交差点の渋滞にはまらなければなりません。そして、高速道路利用組も巻き込んでの渋滞となってしまいます。

この交差点を避けて、R122を北上するルートを進みます。

★予定

パターン1:「大門」だけ混雑している場合

1.足立区西新井付近から、尾久橋通りを北上していきます。この道はあまり渋滞せず川口JCT付近まで行くことができます。

2.通常なら川口JCTからR122に入って北へ向かいますが、そのすぐ手前「西新井宿」の交差点を右折し、県道105号線を北へ向かいます。

3.そのまま延々と北上します。東川口駅付近を通過してから2つ目の信号を右折し、カーブのある坂を下ります。ひとつ右隣の道路へ移る感じです。するとR463へ出ますので、そこを右折・左折により通過して、住宅街を経由してイオンモール浦和美園の裏側を通ります。

4.浦和美園駅ロータリーを経由して、さいたまスタジアム方面の道路に出たら、右折して川沿いの道を北上します。県道214を経由してR122号に戻ります。

基本的にR122は浦和の「大門交差点」と、岩槻の「加倉交差点」以外は、さほど混雑する道ではありません。そこで、この2つだけを避けるようなルートを選びました。上記はまず「大門交差点」だけを避けるルートです。

ただし、距離が長くなるので、大門交差点の渋滞距離がそれほど長くないようであれば、そのまま渋滞にはまって進んだ方が早いでしょう。一応選択肢として知っておくといい、といった感じです。

なお裏道の県道105号線は、やや細い片側1車線の道路なので、注意して走行します。

では続いて、「大門交差点」「加倉交差点」の両方が混んでいた場合のルートです。上記1~4の途中までは同じルートです。

パターン2:「大門交差点」「加倉交差点」両方混雑している場合

上記1~3を進む

4.浦和美園駅ロータリーを経由して、さいたまスタジアム方面の道路に出たら、右折して川沿いの道を北上します。県道214に出たら右折し、岩槻環境センターの手前を左折します。

5.突き当たりを右折し、すぐに左折します。細い道ですが、延々と直進し、途中1度だけ分岐を左に進み、あとはひたすら直進します。途中から、中央線のある道路になり、そのまま進むとR16の交差点まで出られます。

6.R16の柏崎交差点を直進し、岩槻駅前通り(県道324)を左に進み、岩槻の駅前付近を経由してR122旧道を北に進みます。このまま進めばR122へ合流できます。

以上が「大門交差点」と「加倉交差点」の両方を避けるルートです。序盤の裏道である県道105号線は、狭い上に交差点もいくつかあるので、多少詰まってしまうことは有り得ます。ただし、R122と平行する貴重な抜け道だと思います。このあたりまでは、場合によっては裏道の方が時間が掛かる場合もあるかも知れません。

一方で、後半の加倉交差点を避ける、浦和美園付近~岩槻駅付近のルートは、まず混雑はしません。なおかつ信号もほとんどないので、R122が混んでいる時はお勧めです。

もっとも、「大門」と「加倉」さえ混んでいなければ(例えば深夜とか)、間違えなくR122号をそのまま走った方が
早いので、混雑緩和策を何とかして欲しいものですね。

ブックマークか、
RSSリーダーの登録をお願いしますm(__)m

次回は
「 四谷三丁目~千葉県船橋警察署付近 」
について書きたいと思います。

HD高画質 常時録画型 ドライブレコーダー HD-VC720PB

ルートアール (96) 新品: ¥ 7,980 ¥ 6,980 2点の新品/中古品を見る : ¥ 6,282

   オーディオテクニカ (103)  新品:¥ 5,040¥ 2,864 25点の新品/中古品を見る:¥ 2,864より

audio-technica カーFMステレオトランスミッター ブラック AT-FMT900 BK

オーディオテクニカ (103) 新品: ¥ 5,040 ¥ 2,864 25点の新品/中古品を見る : ¥ 2,864

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

by Amazon Auto Links

バスタ新宿のある甲州街道の渋滞を避ける(四谷~初台)

2017/07/18 at 11:32 AMCategory:未分類

四谷方面から、幡ヶ谷方面へと出る裏道です。普通は甲州街道を使いますし、夜間や早朝など混雑のない時間帯なら、間違いなく直線的な幹線道路である甲州街道が早いです。しかし、もともと新宿駅南口の目の前を通るため渋滞しがちである上に、バスタ新宿での大型バス通行による混雑が加わって、ノロノロ走行になってしまうことが多いのが難点です。

これを避けるシンプルなルートが、首都高4号線の下を通る道です。この通りならば、まったく動かなくなるような渋滞はほとんどありません。多少遠回りにはなりますが、時間が読めるという点では有利です。甲州街道の新宿駅前が混雑していることが分かっている場合には、有用なルートになります。

1.甲州街道を新宿方面に向かいますが、四谷見附で左折します。続いて四谷中学校を斜め右に進み、迎賓館・東宮御所の脇を抜けます。

2.神宮外苑の南へりを舐めるように進み、首都高4号線の橋げたが見えたら、左方面、つまり新宿方面へ、首都高の下を沿うように進みます。

3.千駄ヶ谷駅を過ぎてそのまま進むと、明治通りと交差する北参道の交差点に出ますので、そのまま直進します。山手線の高架をくぐると、道なりに右にカーブし、首都高のすぐ脇を沿うようにすすむことができます。

4.参宮橋の信号を右折します。首都高4号線も同じように右にカーブしていますので、これを目印にします。

5.直進すると甲州街道に交差する西参道口に出ますので、左折すれば西東京方面へ進むことができます。

余談ではありますが、バスタ新宿の混雑の原因は、幹線道路の大型車渋滞と同じで、交通量の多いバスの車体の長さによります。同じ信号の長さでも、バスのように車体が長い車両の場合は青信号で通行できる台数が減ってしまいます。このような大型のバスが一般車両と混じってバスタへ出入りするため、ひとたび渋滞すると短い区間にも関わらずまったく動かない渋滞になってしまいます。

また、このエリアは雨天時や週末の夜間、荒天時は特に混雑してしまう要素が増えますので、最初から上記の迂回ルールを使うのが賢明です。どうしても新宿駅での人の乗降が必要な場合は、甲州街道の陸橋を登らずに側道へ入ってから、新宿高島屋の明治道り口付近で乗り降りしたほうが良いのではないでしょうか。

You might also likeclose