Home > 埼玉県 > 大宮駅付近の渋滞の抜け道


大宮駅付近の渋滞の抜け道

2015/08/21 大宮駅付近の渋滞の抜け道 はコメントを受け付けていません。

大宮駅付近の渋滞の抜け道

大宮の渋滞の特徴

大宮エリアでの渋滞は主に国道など主要幹線道路の渋滞と、駅周辺の市街地道路(県道)での渋滞に分類できます。
主要幹線道路での渋滞は、主にR17、R16において発生しがちです。R17はバイパス、旧道共に駅に近づくにつれて渋滞してきます。市街地付近を通らないR16は、分岐が続く吉野原付近が渋滞しがちです。

駅前の市街地で言えば、駅付近はどこも渋滞が激しいですが、JR線と平行する旧中山道、駅付近を東西に横断する県道2号、大宮公園へと進む産業道路が渋滞しやすい道路です。駅付近の渋滞は構造上のもので、狭い路地と交差点の多さが昭和初期の設計のままとなっていて、明らかに現在の車の多さに対応できていないのが原因です。そのため、渋滞を抜けるのは容易ではありません。

幹線道路(国道)の抜け道

主要幹線道路の抜け道については、それほど難しくありません。R16は大きく大宮の市街地を迂回するように走っていますので、もし大きな渋滞の場合はその地点よりも内側の県道を利用すれば、比較的渋滞を回避できます。ただし、南北に走るR17の回避は抜け道はやや難しいので、最初から走るルートを変えた方が早いでしょう。県道1号(第二産業道路)がおすすめです。

市街地の抜け道

一方で、市街地の抜け道は困難です。
駅前の旧中山道も、1本外側の産業道路も混雑しがちです。そのため、避けるためにはその中間にある氷川参道を通る道路くらいしかありません。北から大宮方面に南下する場合は、まず旧中山道を北大宮駅付近の「北参道」で左折し、最初の信号の1つ先を右折します。住宅街を直進し切ったところがT字路となっており右折すると氷川神社入り口の交差点に出ます。氷川参道を直進し、最初の信号を曲がれば大宮駅へ出ます。旧中山道は、大栄橋と一番街のみが混雑しますので、このルートで抜けられます。

大宮駅の西口と東口を結ぶ抜け道

また、大宮駅の東口と西口を結ぶルートも難しいものがあります。一番メジャーなのは県道2号ですが、慢性的に渋滞しています。

これを回避するには、一本北にある大宮警察署の通りを使うか、一本南にある吉敷町の大きい通りを使うかになります。

北側の大宮警察署の通りは単純ですが、南側の吉敷町の方は注意が必要です。なぜならソニックシティに近い桜木町四丁目交差点を中心に、上落合交差点付近まで常に渋滞しているからです。

例えば大宮駅西口から、東口側へ移動するには、細い抜け道が有効です。大宮そごうの間にある道路を直進したら左折し、駿台予備校の脇を通り線路沿いを目指します。JRの施設の脇を通るようにして埼玉短大の目の前を通ったら、大通りのアンダーパスまで出ることが出来ます。途中狭い箇所がありますので注意しましょう。



Comments are closed.

You might also likeclose