Home > 未分類 > 南青山~浦和中島近辺


南青山~浦和中島近辺

2013/02/04 南青山~浦和中島近辺 はコメントを受け付けていません。

南青山~浦和中島近辺●南青山~浦和中島近辺

日付:1月16日(月)
時刻:朝
天気:晴れ
五十日:NO

南青山から埼玉県の浦和近辺、R17BP付近へと進むルートです。所用時間はおよそ2時間弱。当日は五十日でもなく天候も良いので、さほど渋滞は懸念されませんが、新規ルート開拓のために多少抜け道を進みます。

★予定
1.外苑東通を北上します。外苑東通でネックとなる1車線になる部分(市谷柳町付近)を避けるために、防衛庁北辺の細い道を抜け道として使います。そのまま牛込中央通りを北上し、神楽坂駅で右カギ、水道町を経由して跡見学園付近まで細い道で迂回します。

2.春日通り(R254)に出たら、大塚駅付近へと進みます。そのまま駅を過ぎて都電の庚申塚で左折、明治通りを横切ってJR板橋駅脇の踏切を通過してずっと直進します。旧中山道の一方通行道路がR17BPと平行して板橋本町付近まで続いているのでこの道を通ります。

3.R17BPに出たら後は道なりに進み、笹目橋を渡って埼玉県へ入ります。直進して463との交差点へ出たら右方面へ進み、到着です。

★実際の経路

やはり思った通り道路は空いていたので、大通りを通ってもほとんど時間は変わらなかったと思いますが、いくつか抜け道は開拓できました。

1.外苑東通を北上するのはほぼ予定通りでした。ただ、予定と違ったのは、牛込中央通りを北上しきった突き当たりの神楽坂駅付近が、左折のみしかできないところです。右カギで水道町方面へ行く予定でしたが、結局いつも通りの牛込天神町を経由して北上することになりました。

2.春日通り(R254)に出たら、大塚駅付近へと進み、そのまま大塚駅を過ぎて都電の庚申塚で左折しました。すると、すぐに都電の踏切があり、2~3本都電の通過待ちをすることになりました。またこの先のJR板橋駅付近までの道は細い片側二車線道路で、やや慎重に走る必要があります。JR板橋駅前の信号は比較的スムーズでしたが、混雑している日にこの踏切がどうなるのかは未知数です。ちなみに埼京線ですので、朝晩のラッシュ時は踏切が忙しいかも知れません。

なお、その先の旧中山道の一方通行道路ですが、いったんR17に出てからすぐに右折すると入れます。道路は商店街のような感じの一方通行路をひたすら直進する形です。この板橋区役所付近はR17と山手通りが分岐して混雑する道ですので、混雑時は迂回路として良いかも知れません。ただし、自転車や歩行者がとても多く、また商店へ納品するトラックなども所々路駐しているので、20km以下で注意して走る必要があります。

3.R17に出たら泉町から首都高5号線の下を通ります。2t車未満しか通れないように車幅制限コンクリートが設置されています。信号がいくつかありますが、交通量は限られるので混雑はせず笹目橋付近まで出られます。途中突き当たりのような形状になりますが、上を通る首都高の方角に沿って右に進めば出られます。またR17BPと合流する高島平・赤塚付近では左車線に入っていないと、トンネルを経由して三園方面へと外れてしまいます。

R17BPへ出たら、渋滞箇所はさほどありません。R463(浦和所沢線)付近で渋滞することもありますが、R463へ出たいなら左の側道へ、R17BPを直進するなら右よりの車線にいれば大丈夫です。

★所感

トータルで1時間30分ほどで到着しました。今日のように比較的道路が空いているときならば、大通りを通ってもさほど時間に変化はありませんが、混雑しているときは今回開発した抜け道も多少は有効かも知れません。ちなみに帰りは大通り(R17BP→R254→外苑東通)で帰りましたが、ほとんど所用時間は同じでした。

特に、大塚駅を過ぎて都電庚申塚駅付近を曲がり、JR板橋駅脇へ抜ける道は使えるかも知れません。またその先の旧中山道も使えそうです。信号もなく板橋本町付近まで抜けられて、R17号へも出られますのでR17やR254が混雑しているときに埼玉方面へ北上したい場合は良いかも知れません。

次回は
「 四谷三丁目~武蔵村山市三ツ木付近 」
について書きたいと思います。

by Amazon Auto Links



Comments are closed.

You might also likeclose