Category: 未分類

バスタ新宿のある甲州街道の渋滞を避ける(四谷~初台)

2017/07/18 at 11:32 AMCategory:未分類

四谷方面から、幡ヶ谷方面へと出る裏道です。普通は甲州街道を使いますし、夜間や早朝など混雑のない時間帯なら、間違いなく直線的な幹線道路である甲州街道が早いです。しかし、もともと新宿駅南口の目の前を通るため渋滞しがちである上に、バスタ新宿での大型バス通行による混雑が加わって、ノロノロ走行になってしまうことが多いのが難点です。

これを避けるシンプルなルートが、首都高4号線の下を通る道です。この通りならば、まったく動かなくなるような渋滞はほとんどありません。多少遠回りにはなりますが、時間が読めるという点では有利です。甲州街道の新宿駅前が混雑していることが分かっている場合には、有用なルートになります。

1.甲州街道を新宿方面に向かいますが、四谷見附で左折します。続いて四谷中学校を斜め右に進み、迎賓館・東宮御所の脇を抜けます。

2.神宮外苑の南へりを舐めるように進み、首都高4号線の橋げたが見えたら、左方面、つまり新宿方面へ、首都高の下を沿うように進みます。

3.千駄ヶ谷駅を過ぎてそのまま進むと、明治通りと交差する北参道の交差点に出ますので、そのまま直進します。山手線の高架をくぐると、道なりに右にカーブし、首都高のすぐ脇を沿うようにすすむことができます。

4.参宮橋の信号を右折します。首都高4号線も同じように右にカーブしていますので、これを目印にします。

5.直進すると甲州街道に交差する西参道口に出ますので、左折すれば西東京方面へ進むことができます。

余談ではありますが、バスタ新宿の混雑の原因は、幹線道路の大型車渋滞と同じで、交通量の多いバスの車体の長さによります。同じ信号の長さでも、バスのように車体が長い車両の場合は青信号で通行できる台数が減ってしまいます。このような大型のバスが一般車両と混じってバスタへ出入りするため、ひとたび渋滞すると短い区間にも関わらずまったく動かない渋滞になってしまいます。

また、このエリアは雨天時や週末の夜間、荒天時は特に混雑してしまう要素が増えますので、最初から上記の迂回ルールを使うのが賢明です。どうしても新宿駅での人の乗降が必要な場合は、甲州街道の陸橋を登らずに側道へ入ってから、新宿高島屋の明治道り口付近で乗り降りしたほうが良いのではないでしょうか。

You might also likeclose