Category: 神奈川県

保土ヶ谷バイパス渋滞の回避

2018/12/21 at 3:08 PMCategory:神奈川県

●横浜町田〜狩場間
R16保土ヶ谷バイパスは、自動車専用道路の無料区間で、首都高や東名高速へ接続していることもあり、渋滞しがちです。特に横浜臨海方面から各方面へと走るトラックも大変多いため、断続渋滞になったり、それらが繋がって全線渋滞になってしまいがちです。そうなると通過に1時間以上掛かることがあります。上下線ともそのような渋滞になってしまう傾向にあります。下道のR16は多くの駅前を通過するうえ信号も多く、保土ヶ谷バイパスが混雑している日は同様に混んでいるため抜け道にはなりにくいです。

★港北〜横浜青葉を一般道経由で
第三京浜道路の港北ICから、東名高速の横浜青葉を使うことで迂回するルートです。スムーズな場合は第三京浜の狩場ICー港北ICが10km8分、港北ICー横浜青葉ICの一般道が7km20分、東名高速の横浜青葉ICー横浜町田ICが7km5分で合計33分、およそ40分目処に迂回できる計算です。

このルートの副次的なメリットとして、町田から横浜・東京方面へ行く場合は、港北IC(実際には新横浜IC)から首都高のK7を使ってK1(横羽線)や、その先の湾岸線まで出られるということです。このK7は東名高速の横浜青葉ICまで延伸される予定ですので、完成すれば保土ヶ谷バイパスの渋滞も緩和されることが期待されます。それまでは、一部下道を使って東名高速と首都高を結ぶというルートが保土ヶ谷バイパスを迂回するうえで有効です。

You might also likeclose