マニュアル車のエンストに悩む筆者が、運転を職業にするまで

まさかの追突事故

nob2.jpg免許取得から丸丸5年が経ったいま、俺の駆る車はトヨタビスタ。

車好きなら、まず選ばない車だ。・・しかもAT車。

この 5 年ですっかり車好きになっていた俺も、当然この車への愛着は薄い。とは言いつつも、いま家族で唯一の車はこれ。
楽しむことができるのは、「個室付き音楽プレイヤー」としての機能くらい。


最近仕事ではクライアントの担当者にいつも文句をつけられ、困らされている。この 40 歳前後のおばちゃん(失礼)に、深夜の終電近くまで拘束される。

この日も、電話越しで散々いじめられた。
そして、ぐったりして家に着いた。


「ふぅ、今週も終わったか。」


でもまだ、何度も頭の中に、ひしゃがれたような声の余韻が残っている。


「よし、明日は土曜日だし、鬱憤晴らしをしよう。」


と、トヨタビスタに乗り込んだ。
今日もアンダーワールドを全開で鳴らしながら近所を流していた。


家のクルマには滅多にガスを入れないが、ちょっと遠出するには少ない。
そこで、最近慣れた、セルフスタンドで給油をして出発。
これで、満タン。今週のストレスは、今日のうちに吐き出そう。


そう思いながらスタンドを出て、ゆるく長い坂を下る。
「ちょっとボリュームが大きいかな」と思い、オーディオに目をやった。
再び前を向いたその瞬間、RV 車の赤いブレーキランプが、いきなり目前に!

慌てて床いっぱいまでブレーキペダルを踏む。が、


「間に合わないっ!」


激しいスキール音を出しながら、前車の RV のスペアタイヤに向かって


「ガシャンッッ」


その瞬間、ボンネットは直角に近いくらいの角度で山折り状態。
再び静かになった室内には、アンダーワールドが、
何事もなかったかのように流れ続けている。


「やばーい、またやってもうたー。」


思えば 2 年前も友人の運転とはいえ、親の愛車カリーナ ED を、
雪山でおシャカにしてるし、これで、 2 台目かぁ・・・。

とりあえず警察を呼び、携帯で保険会社と家族へ代わる代わる電話をする。

こんなとき、焦りと、不安と、落ち込みと、絶望感が、同時に襲ってくる。
自然と手足は震え、声はかすれる。
事故対応は何度か経験があるけれど、何度やっても、良いものではない。


不幸中の幸いにも、相手はいい人で、さらに相手の RAV4 も
当たり所がよかったらしい(スペアタイヤにあたったため)。
バンパー 2 センチ程度のかすり傷しかつかなかった。

落ち込む自分に励ましの声を掛けてくれる相手。なんていい人。

警察の処理も終わって、相手ともお詫びをして別れる。

クルマも何とか自走できる状態だった。
とは言ってもバンパーとボンネットは激しくゆがんでおり、
このまま自走するのは、かなりの注目度だ。
超低速でハザードを着けながら、みんなの注目を浴びつつ自宅へもどる。
夜間だったのが、まだ救いだ。


先ほどの電話口では、あせって状況を伝えていたのが悪かったのだろうか。
家では、ドラマで見るような超険悪ムードが展開されていた。
親父は怒るは、母は泣くはで、どうしましょう状態。

とりあえず廃車等の諸手続きと、代わりのクルマの購入を約束して一段落。

仕事のストレスもあってボーっと運転していたとはいえ、たった1回のミスで
約100万円の緊急出費とは、かなりのショック。
ストレス発散しようと出かけたドライブで、こんなにストレスを溜めるとは!
せっかくのウィークエンドが最悪に始まった。

 2.事故車の穴埋めは・・・?

 3.事故ヤロウが Z ?

 4.Z 購入?

 5.策略に負けた

 6.事故った直後じゃないか

 7.納車!!しかし

 8.パニック!!

 9.なぜか復活!

 10.つかみ掛けた

mt_coverpage1.jpg